【タイムライン】
生放送時のチャット投稿を閲覧でき、
臨場感はそのままで受講することができます

ここには授業中のやりとりが表示されます

【チャプター機能】
授業内容をピンポイントでおさえながら
ご自身のペースで進めることができます

【前半】授業
オープニング
00:11  (00:26 ~ )
授業の概要
01:10  (00:37 ~ )
自己紹介
02:53  (01:47 ~ )
パターン・ランゲージとは何か?
00:10  (04:40 ~ )
【先生からの質問】パターン・ランゲージを知っていましたか?またどこで知りましたか?
06:25  (04:50 ~ )
コラボレーション・パターン
04:20  (11:15 ~ )
パターン
03:27  (15:35 ~ )
これまでどんなパターン・ランゲージがつくられてきたのか?
00:21  (19:02 ~ )
40年前に生まれた「パターン・ランゲージ」
01:30  (19:23 ~ )
ソフトウェア分野の「デザイン・パターン」
02:20  (20:53 ~ )
パターン・ランゲージの歴史については
01:51  (23:13 ~ )
様々なパターン
08:17  (25:04 ~ )
パターン・ランゲージとは何か?(つづき)
05:13  (33:21 ~ )
パターン・ランゲージを使うと何ができるのか?
00:43  (38:34 ~ )
ラーニング・パターン
04:00  (39:17 ~ )
【先生からの質問】コラボレーション・パターンの経験はありますか?
04:43  (43:17 ~ )
パターン・ランゲージは「認識のメガネ」となる
02:26  (48:00 ~ )
パターン・ランゲージは実践・発送・改善に活かすことができる
18:38  (50:26 ~ )
まとめ
02:29  (1:09:04 ~ )
次回授業のお知らせ
00:54  (1:11:33 ~ )
エンディング
  (1:12:27 ~ )
【後半】質疑応答
Q.先生は、どのくらいのスパンで、歴史的なサイクルが回るとお考えですか?
24:22  (05:50 ~ )
Q.パターン・ランゲージを、どのようにしてつくるのか知りたいです。
25:46  (30:12 ~ )
Q.パターン・ランゲージは創造の支援だと認識したのですが、それに依存しすぎると自分自身の創造性の低下に繋がる気がしました。それに対してどうお考えですか?
04:19  (55:58 ~ )
Q.「パターン・ランゲージは実践・発送・改善に活かすことができる」とおっしゃっていましたが、先生はこれらを創造的な行為として捉えているのでしょうか?
01:39  (1:00:17 ~ )
Q.先生が、そもそもパターン・ランゲージに興味を持ち、進めてきた原体験は何ですか?
04:14  (1:01:56 ~ )
Q.パターン・ランゲージの作り方を学べる、オススメの書籍はありますか?
  (1:06:10 ~ )
パターン・ランゲージとは何か

第一回は「パターン・ランゲージ」とは何か、について学びます。パターン・ランゲージは、新しい知の共有方法として、先駆者的な企業・学校等が取り入れ始めている方法です。

■当日の流れ

・そもそもパターン・ランゲージとは何か / 様々なパターン・ランゲージ紹介
・パターン・ランゲージを学ぶとどういったことがあるのか
・パターン・ランゲージが活用されているシーン/ コミュニティ 等

※内容は変更になる可能性があります

  • 慶応SFCに入学した1年生が学ぶパターン・ランゲージとは
  • どのようにして生きていき、どのようにして学ぶのか

先生

井庭 崇

大きく世界が動いている今、自分がどのように生きていくのかを自ら考えることは不可欠です。そしてそれは、自分の未来を自分でつくっていくことができるということでもあります。
そのとき必要となるのは、日常的なクリエイティビティを大切にして自ら考えること、動き続けることです。その支援をするのが、パターン・ランゲージです。一人で抱え込むのではなく、話しながら深めていく、そういう方法をみなさんと共有したいと思います。お楽しみに!

受講生代表

  • 江川 みどり

    江川 みどり

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF

    生放送授業への参加は無料です
    Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
    ×