大山徹先生によるコピーライティングの世界 おためし受講中

【タイムライン】
生放送時のチャット投稿を閲覧でき、
臨場感はそのままで受講することができます

ここには授業中のやりとりが表示されます

【チャプター機能】
授業内容をピンポイントでおさえながら
ご自身のペースで進めることができます

【前半】授業
オープニング
00:31  (00:09 ~ )
自己紹介
01:13  (00:40 ~ )
先生のお仕事
01:11  (01:53 ~ )
自身が書いた思い入れのあるコピーは?
05:43  (03:04 ~ )
コピーライターになったきっかけ
09:38  (08:47 ~ )
先生ならではのコピーを書くコツは?
04:04  (18:25 ~ )
コピーの可能性を感じる瞬間とは?
00:49  (22:29 ~ )
先生が考える「良いコピー」とは?
09:08  (23:18 ~ )
目指す世界とは?
00:54  (32:26 ~ )
ワークショップ
00:16  (33:20 ~ )
・皆んなが防災訓練に参加したくなるコピー
03:14  (33:36 ~ )
・皆さんの投稿
26:26  (36:50 ~ )
まとめ
04:47  (1:03:16 ~ )
次回授業のお知らせ
00:33  (1:08:03 ~ )
エンディング
  (1:08:36 ~ )
【後半】質疑応答
Q.ライティング力の向上のためにやっていることとかありますか?
01:34  (14:15 ~ )
Q.コピーライティングには情報収集が大切だと思います。 先生は、普段どのように情報収集をされていますか? たとえば、本屋に毎日行くとか、何か習慣にされていることはありますか?
07:32  (15:49 ~ )
Q.良いコピー、悪いコピーの基準を教えてください。
02:10  (23:21 ~ )
Q.どの様なタイプの人がコピーライターに向いていると思いますか?
01:55  (25:31 ~ )
Q.アイディアを出すためにどのようなことをしていますか? ネタ帳はありますか?
02:07  (27:26 ~ )
Q.自分インタビューをした後、実際にキャッチコピーへと落とし込んでいくまでのプロセスを教えてください。
04:54  (29:33 ~ )
Q.自分が書いたコピーを客観的に見るにはどうしたらいいでしょう?
30:13  (34:27 ~ )
Q.たとえば防災イベントに今回のコピーを使うとして「非常食食べ放題」などのコピーが出てきて、企画としてその用意がない場合は、コピーライターさんたちが企画を提案するのでしょうか?
01:48  (1:04:40 ~ )
Q.コピーライターの魅力はなんですか?
  (1:06:28 ~ )
大山徹先生によるコピーライティングの世界

電通総研Bチームに所属しながらコピーライターとして 広告コピーのみならず、これまでになかった新しい考え方を 言語化、コンセプト化している大山先生。

広告クリエーティブ、コピーライターの力を活かして、 デジタルインスタレーション、ワークショップ、アクティブラーニングの授業開発など、 幅広く「楽しく」活動されている中で培ったコピーの書き方を 講義・ワークショップを通じて教えていただきます。

■授業の流れ

・コピーライティングに関するQ&A
・世の中が良くなるコピーを書くワークショップ

※内容は変更になる可能性があります

先生

大山 徹

コピーライターは、言葉を扱う仕事です。広告であれば、ポスターや新聞広告のコピーを考えるということになりますが、広告に限らなければ、この世の中に言葉を扱わない仕事はほぼ無いため、あらゆる仕事にコピーライターが入る余地はあると言えるでしょう。
コピーライターを目指す方も、そうでない方にも、「言葉」を中心に物事を考えてみるという新しい考え方を生み出すことに、みなさんと一緒にチャレンジします。

受講生代表

  • 江川 みどり

    江川 みどり

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF