おためし受講中

エンゲージメントマーケティングの設計思想

第3回の授業では「顧客エンゲージメントの設計思想を学ぶ」というテーマで、中古車買取販売のガリバーを運営する株式会社IDOMマーケティングチーム セクションリーダーの中澤伸也様をゲストにお招きしまして、顧客とのエンゲージメントを築くコミュニケーションの設計についてお伺いしていきます。
どのような思想のもと、コミュニケーションシナリオの設計をしているのかお伝えしていきます。

■授業で学べること
・株式会社IDOM のビジネス概要
・IDOMのマーケティグ特性の説明
・なぜエンゲージメントを高める必要があるのか?
・エンゲージメントを高めるツール「クルマコネクト」について
・エンゲージメントの深さとはコミュニケーション深度と同義
・コミュニケーション深度の定量化
・コミュニケーションシナリオの設計 

学生代表

  • 徳田 葵

    徳田 葵

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    オープニング
    00:37  (00:10 ~ )
    今日の授業のゴール
    00:25  (00:47 ~ )
    自己紹介
    01:14  (01:12 ~ )
    アジェンダ
    01:07  (02:26 ~ )
    株式会社IDOMについて
    02:14  (03:33 ~ )
    IDOMのマーケティングの特徴
    06:05  (05:47 ~ )
    エンゲージメントを深める意義とその手法
    06:21  (11:52 ~ )
    クルマコネクトを用いたエンゲージメントマーケティング
    06:38  (18:13 ~ )
    ステージシナリオ
    06:21  (24:51 ~ )
    シナリオ設計に必要な7要素
    05:54  (31:12 ~ )
    ステージシナリオ設計のコツ
    05:58  (37:06 ~ )
    会話シナリオ
    03:49  (43:04 ~ )
    会話シナリオの運用
    02:50  (46:53 ~ )
    Botでの代替は可能か?
    01:14  (49:43 ~ )
    会話シナリオ設計のコツ
    02:44  (50:57 ~ )
    今後求められるマーケティングの在り方
    02:06  (53:41 ~ )
    まとめ
    01:34  (55:47 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:チャネルや施策によってPDCAを回すサイクルは異なるかもしれませんが、大体どのくらいの頻度でCheck→Actionを回しているのでしょうか?
    01:25  (57:42 ~ )
    Q:人的の会話のところもAIなりで出来そうですがしない理由があれば教えてください。
    02:09  (59:07 ~ )
    Q:最終的な商談での成約率が下がるというのは、店舗でエンゲージメントが低下してしまった(もしくはあがっていなかった)ということですか
      (1:01:16 ~ )