5.ミル・ヨム・ミセル文字の先にある「よいタイポグラフィ」とは おためし受講中

【タイムライン】
生放送時のチャット投稿を閲覧でき、
臨場感はそのままで受講することができます

ここには授業中のやりとりが表示されます

【チャプター機能】
授業内容をピンポイントでおさえながら
ご自身のペースで進めることができます

【前半】授業
オープニング
00:59  (00:13 ~ )
自己紹介
01:06  (01:12 ~ )
アジェンダ
01:12  (02:18 ~ )
【先生からの質問】良いタイポグラフィとは何でしょうか?
03:28  (03:30 ~ )
書体選択について:タイポグラフィのドレスコード
01:04  (06:58 ~ )
【先生からの質問】どの靴に似合う書体はどれでしょうか?
04:02  (08:02 ~ )
解答例
03:17  (12:04 ~ )
書体選択について:習慣性による選択
04:33  (15:21 ~ )
書体選択について::機能性による選択
00:23  (19:54 ~ )
【先生からの質問】なぜFrutigerの「3」や「C」はUniversと比べて特徴的なデザインをしているのでしょうか?
08:42  (20:17 ~ )
和欧のタイポグラフィ
04:05  (28:59 ~ )
ヒエラルキーの構築
03:01  (33:04 ~ )
ことばを組むこと
13:12  (36:05 ~ )
質疑応答
08:56  (49:17 ~ )
先生からのお知らせ
02:04  (58:13 ~ )
先生からのメッセージ
00:50  (1:00:17 ~ )
エンディング
  (1:01:07 ~ )
【後半】質疑応答
Q.書体も流行として繰り返すことはあるのですか?
01:17  (49:37 ~ )
Q.和文でもフルディガーのように機能面重視で作られた書体もあるのですか?
03:07  (50:54 ~ )
Q.漢字、平仮名、カタカナも別の歴史があるのでしょうか?
  (54:01 ~ )
5.ミル・ヨム・ミセル文字の先にある「よいタイポグラフィ」とは

第5回授業では、第4回までで学んだ文字の教養を踏まえて、よりよいタイポグラフィの判断基準について考えます。本授業を受講することで、周りと差がつくタイポグラフィを身につけましょう。

====================================
アジェンダ

■よいタイポグラフィとは
・タイポグラフィのドレスコード
・習慣性による選択
・機能性による選択
・ヒエラルキーによる設計
・和文と欧文が混在した場合1:和欧混植について
・和文と欧文が混在した場合2:縦組み中の欧文書体について
・ことばの可視化としての文章、そしてタイポグラフィ。

====================================

受講生代表

  • 徳田 葵

    徳田 葵

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF