おためし受講中

スタッフィングの方法

この授業では案件毎の最適なスタッフィング(=チームビルディング方法)を学びます。

スタッフィングを行う際のポイント・必要条件を整理し、パフォーマンスを最大限に発揮できるメンバー構成を実現する方法について具体的な事例を踏まえて理解し、すぐに実践できるようになることを目指した講義となっております。

 

■授業で学ぶこと

・チームビルディングのポイント
・必要条件の定義
・具体事例

セプテーニ式広告出稿実践カリキュラム -スタッフィング編-(全1回)

学生代表

  • 江川 みどり

    江川 みどり

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    オープニング
    00:24  (00:09 ~ )
    今回の授業のゴール
    00:27  (00:33 ~ )
    自己紹介
    01:05  (01:00 ~ )
    アジェンダ
    01:09  (02:05 ~ )
    スタッフィングのポイント
    00:13  (03:14 ~ )
    ・チームとは
    00:48  (03:27 ~ )
    ・必要性と目的
    00:56  (04:15 ~ )
    ・期待する効果
    01:05  (05:11 ~ )
    ・ポイント
    01:33  (06:16 ~ )
    必要条件の定義
    00:13  (07:49 ~ )
    ・チームメンバーに必要な条件
    06:34  (08:02 ~ )
    具体事例
    00:11  (14:36 ~ )
    ・チームメンバーに必要な条件
    06:05  (14:47 ~ )
    ・想定される課題や失敗例と対処法
    01:29  (20:52 ~ )
    質疑応答
    03:04  (22:21 ~ )
    チームビルディングについて
    00:38  (25:25 ~ )
    ・フレームワーク
    08:46  (26:03 ~ )
    質疑応答
    04:19  (34:49 ~ )
    会社紹介:セプテーニについて
    01:14  (39:08 ~ )
    次回授業のお知らせ
    00:20  (40:22 ~ )
    エンディング
      (40:42 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q.普段からメンバーの能力を把握している必要がありますが、これは日頃のコミュニケーションから得ているのでしょうか?それとも能力を可視化する社内の仕組みのようなものはあるのですか?
    01:11  (22:21 ~ )
    Q.能力の把握は自身がそのスキルをちゃんと理解していないと出来ないような気がしますが、何か社内で指標などを設けているのでしょうか?
    11:26  (23:32 ~ )
    Q.意図的に若手メンバーを混ぜたりして、現場を通じて個人の能力やチーム力を上げる場合もあるのでしょうか?
    00:57  (34:58 ~ )
    Q.毎回メンバーは変えることが多いでしょうか?それとも同じメンバーである程度の回数を経験した方がいいのでしょうか?
    01:19  (35:55 ~ )
    Q.相手が理論重視型と感情重視型で随分方法が違いそうです。感情重視の理屈が通らない相手が苦手なのですが、良い方法はありますか?
      (37:14 ~ )