他手段の適用 -他分野からの斬新な手段活用のための調査と分析手法- おためし受講中

【タイムライン】
生放送時のチャット投稿を閲覧でき、
臨場感はそのままで受講することができます

ここには授業中のやりとりが表示されます

【チャプター機能】
授業内容をピンポイントでおさえながら
ご自身のペースで進めることができます

【前半】授業
オープニング
00:56  (00:10 ~ )
自己紹介
01:42  (01:06 ~ )
イノベーションの道のり
00:30  (02:48 ~ )
この授業シリーズのゴール
00:57  (03:18 ~ )
授業でのお願い
01:03  (04:15 ~ )
前回の振り返り
05:49  (05:18 ~ )
なぜ、創造性を高めるために「手段」を探索するスキルが有効なのか?
06:35  (11:07 ~ )
設定している目的に対し、どうやって筋のいい手段を探す?
00:42  (17:42 ~ )
ワーク1
07:00  (18:24 ~ )
「手段」を考えるためのスキル
00:20  (25:24 ~ )
 ・スキル1:抽象化する
02:14  (25:44 ~ )
 ・スキル2:構造的思考
03:02  (27:58 ~ )
 ・スキル3:実験する
02:44  (31:00 ~ )
ワーク2
06:46  (33:44 ~ )
スキルを向上させるための習慣・自己ルール
00:50  (40:30 ~ )
 ・スキル1:抽象化するための習慣
04:11  (41:20 ~ )
 ・スキル2:構造的思考をするための習慣
01:24  (45:31 ~ )
 ・スキル3:実験するための習慣
01:35  (46:55 ~ )
ワーク3
07:29  (48:30 ~ )
次回授業のお知らせ
02:19  (55:59 ~ )
まとめ
01:57  (58:18 ~ )
先生からのお知らせ
01:55  (1:00:15 ~ )
エンディング
  (1:02:10 ~ )
【後半】質疑応答
Q.大阪のUSJはどうなんでしょうか?
15:06  (30:06 ~ )
Q.言語化ではなく、イメージを図解化してはだめですか?
04:22  (45:12 ~ )
Q.よく手段の応用の悪い例として、「手段の目的化」というのがありますが、「手段の目的化」に陥らないためのコツは何かあるのでしょうか?
01:08  (49:34 ~ )
Q.創造性もこのように要素分解されていくと、AIが創造性を体現してきそうな気がしてきましたが、創造されたもの・サービスを受ける側(人)も結構大事な気がしてきました。
  (50:42 ~ )
他手段の適用 -他分野からの斬新な手段活用のための調査と分析手法-

創造性を身に付けるために、受講生参加型で「10分間講義+5分間ワーク」を3セット行います。

■授業アジェンダ

・創造のためのシーズ調査・分析のコツ 
・既存の製品・サービスの構造的理解
・似ている構造・抽象概念をつなげる

受講生代表

  • 徳田 葵

    徳田 葵

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF

    生放送授業への参加は無料です
    Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
    ×