世界を揺るがす発想はいかにして得られたのか -T型フォード誕生からiPhoneまで- おためし受講中

【タイムライン】
生放送時のチャット投稿を閲覧でき、
臨場感はそのままで受講することができます

ここには授業中のやりとりが表示されます

【チャプター機能】
授業内容をピンポイントでおさえながら
ご自身のペースで進めることができます

【前半】授業
オープニング
00:35  (00:10 ~ )
自己紹介
00:49  (00:45 ~ )
本日のテーマ:T型フォードとヘンリー・フォード氏
01:01  (01:34 ~ )
現代との意外な共通点①
04:43  (02:35 ~ )
「世界を揺るがす発想はいかにして得られたのか」を考えよう
01:30  (07:18 ~ )
【先生からの質問】世界を揺るがす発想はニーズが先?発明が先?
13:39  (08:48 ~ )
現代との意外な共通点②
00:56  (22:27 ~ )
 ・経営方針:「配当に否定的」とは?
07:13  (23:23 ~ )
【先生からの質問】日本のNPBプロ野球と米国のMLBプロ野球の一番の違いとは?
16:00  (30:36 ~ )
失敗は成功の母
01:07  (46:36 ~ )
ヘンリー・フォード氏の言葉
02:56  (47:43 ~ )
ジョブズ氏の言葉
01:44  (50:39 ~ )
質疑応答
07:05  (52:23 ~ )
まとめ
01:12  (59:28 ~ )
先生からのお知らせ
00:50  (1:00:40 ~ )
次回授業のお知らせ
01:07  (1:01:30 ~ )
エンディング
  (1:02:37 ~ )
【後半】質疑応答
Q.先見の明を持った発明で、埋もれてしまう要因としてはタイミングの要素が大きいのでしょうかね。AIやVRも今でこそ本格的にくる、みたいな感じですが、開発当時も意義や価値は高かったものの、革新的過ぎたんでしょうか?インフラコストが高過ぎたのでしょうか?
00:39  (53:01 ~ )
Q.やったことない人間に任せて、やっぱりできなかった場合はフォードさんは何ていうんでしょうか?次も任せてもらえるんでしょうか?
01:29  (53:40 ~ )
Q.今の若い人たちはチャレンジしないと聞きますが、いかがでしょうか?
00:54  (55:09 ~ )
Q.経営者は自分の成功体験で動いています。この気持ちが大きいとなかなか挑戦させてもらうことが難しい、失敗を許容されない場合が多いのではないでしょうか。こういった「おじさん世代」を変えるにはどうしたら良いのでしょうか?
01:47  (56:03 ~ )
Q.アメリカでは創業者は破産を繰り返していますよね。日本とアメリカでの風土の違いがあるのでしょうか?
00:38  (57:50 ~ )
Q.先生の会社人生時代のチャレンジはどんなものがありますか?
  (58:28 ~ )
世界を揺るがす発想はいかにして得られたのか -T型フォード誕生からiPhoneまで-

【授業アジェンダ】

①「T型フォード」誕生に関する講義
②質疑応答

※授業内容は変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

世界を揺るがす発想はいかにして得られたのか -T型フォード誕生からiPhoneまで-(全1回)

受講生代表

  • 太田 温子

    太田 温子

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF