アカデミック・ラブ -ホストクラブ・キャバクラ×人間- おためし受講中

【タイムライン】
生放送時のチャット投稿を閲覧でき、
臨場感はそのままで受講することができます

ここには授業中のやりとりが表示されます

【チャプター機能】
授業内容をピンポイントでおさえながら
ご自身のペースで進めることができます

【前半】授業
オープニング
02:22  (00:11 ~ )
自己紹介
02:28  (02:33 ~ )
メイントーク 「ホストクラブ・キャバクラ×人間」
00:06  (05:01 ~ )
水商売の場から見えてくる、男らしさ、女らしさとは?
04:17  (05:07 ~ )
昔と今の違い
09:27  (09:24 ~ )
お客さんの気持ちの分かるホスト
01:21  (18:51 ~ )
どういったことが求められているのか
01:09  (20:12 ~ )
Q:お客様目線でのサービスを考えられるのでしょうか。
04:16  (21:21 ~ )
Q:接客業(サービス業?)の方はコミュニケーション上手なイメージがありますが、実際(プライベート)はどうなのか気になります。
02:30  (25:37 ~ )
Q:「お水」の世界で、「これがプロだ」ということは、どんなことでしょうか?
01:20  (28:07 ~ )
ホストクラブ・キャバクラにおけるラブ
05:38  (29:27 ~ )
Q:どれくらいの人を接客するのか
02:03  (35:05 ~ )
Q:どんな女性がお客さんとして多いですか?
02:12  (37:08 ~ )
Q:ホストクラブの代表はどんな人がなるのか?
01:48  (39:20 ~ )
ホストクラブ・キャバクラのチーム戦
02:23  (41:08 ~ )
Q:ホスト・キャバ嬢のやりにくいと思う場面は?
01:37  (43:31 ~ )
Q:ホストから見て、今の日本社会の問題点は何ですか。
05:14  (45:08 ~ )
最近のニュースやトレンドを 社会学と統計学から即興分析
06:51  (50:22 ~ )
まとめ
03:22  (57:13 ~ )
次回授業について
  (1:00:35 ~ )
アカデミック・ラブ -ホストクラブ・キャバクラ×人間-

第2回のテーマは「ホストクラブ・キャバクラ」。

ホストクラブやキャバクラに行く男性・女性にはそれぞれ、様々な理由や背景が存在します。
どちらもお客様にとって特別で、色々な気持ちを満たす価値のある場所。
どのような空間であり、どういった人が訪れ、どういったことが求められているのか。
夜の世界で活躍しているゲストのトークを軸に、社会学と統計学から紐解きます。

■生放送の流れ

・本テーマに基づく、オンライン受講生参加型考察会
・最近のニュースやトレンドを、社会学と統計学から即興分析
・その他、皆様からの質疑応答

■第二回ゲスト

SHUN 氏(ホスト/ホストクラブSMAPPA!代表)

先生

北条 かや

みなさん、初めまして!ライターの北条と申します。この授業では、人が生きる上で欠かせない「他者との関わり」について、社会学や統計学の視点を交えながら考えていきます。
扱う素材は、恋愛、家族、職場の人間関係などさまざま。どれも、「あなた」に関わる個人的なイベントでありながら、同時に社会の影響を色濃く反映するダイナミックな現象です。
「私」という存在は、他者と関わって初めて生まれるものです。みなさんも一緒に、個人的なことをより広い視点で捉え、自分を形作る社会を見つめ直してみませんか。

先生

木原 誠太郎

はじめまして。ディグラム・ラボ代表の木原誠太郎と申します。統計学×心理学のアプローチで、人の行動を意識を日々分析している者です。特に専門は「マーケティングリサーチ」です。データ大好き人間です(笑)
ただし、そんなに固くないので安心してください。データを分かりやすく、楽しく伝えるプロでもあります。
この授業では「恋や愛。そして人間を学術的に分析する」という事がテーマです。人の気持ちが動くところには常にデータがあります。つまり、データは生モノなのです。新鮮なデータをお届けして、受講生の皆さんにとって美味しい授業にしていきたいです。宜しくお願いいたします。

受講生代表

  • 徳田 葵

    徳田 葵

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF