おためし受講中

DSPを使用したプランニング手法

この授業では、応用編としてDSP(Demand-Side Platform)を使用したプランニング手法について、具体的な与件を想定しながらご説明します。
DSPの魅力である、あらゆるデータを用いたターゲティングはもちろん、その他ツールと連携した、プログラマティックにおける最先端のプランニングについてご紹介します。
また、昨今話題になっているビューアビリティといった指標やアドフラウドへの対策状況についても、最新の情報を元にお話します。

 

■授業で学ぶこと

・メディアプランニングにおけるDSPの位置づけ
・多様なデータターゲティング(1stParty、3rdParty、位置情報)
・DMPや3PASとの連携
・新たな指標への対応(ビューアビリティ等)とアドフラウド対策

 

学生代表

  • 徳田 葵

    徳田 葵

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    オープニング
    00:26  (00:09 ~ )
    授業のゴール
    00:34  (00:35 ~ )
    アジェンダ
    01:14  (01:09 ~ )
    DSPとは?
    03:17  (02:23 ~ )
    他の媒体と比較したときのDSPの特徴は?
    01:30  (05:40 ~ )
    DSPを選ぶ際のポイント
    02:08  (07:10 ~ )
    データの種類について
    00:06  (09:18 ~ )
    DSPによるターゲティング
    01:08  (09:24 ~ )
    DSPで使えるデータの種類
    10:05  (10:32 ~ )
    DMPとの連携で
    03:04  (20:37 ~ )
    掲出先×フォーマット
    00:14  (23:41 ~ )
    掲出先に関する確認ポイント
    02:58  (23:55 ~ )
    フォーマットに関する確認ポイント
    03:31  (26:53 ~ )
    3PASとは?
    00:53  (30:24 ~ )
    リッチクリエイティブ
    02:05  (31:17 ~ )
    ダイナミック広告
    01:34  (33:22 ~ )
    機能面について
    00:05  (34:56 ~ )
    DSPの機能って?
    01:52  (35:01 ~ )
    新たな指標「質」
    00:41  (36:53 ~ )
    着目されるプログラマティック広告の「質」
    04:41  (37:34 ~ )
    DSPを使ったプランニングのポイント
    00:10  (42:15 ~ )
    DSPのプランニングでは
    00:38  (42:25 ~ )
    DSPのプランニングでありがちな光景
    01:27  (43:03 ~ )
    KPIを定めて、適切なプランニングを
    03:19  (44:30 ~ )
    DSPのプランニング時のポイント
    01:49  (47:49 ~ )
    多様なDSPを使いこなすために
    00:26  (49:38 ~ )
    【後半】質疑応答
    先生からのメッセージ
      (52:09 ~ )