2017年アニメビジネスを振り返る おためし受講中

【タイムライン】
生放送時のチャット投稿を閲覧でき、
臨場感はそのままで受講することができます

ここには授業中のやりとりが表示されます

【チャプター機能】
授業内容をピンポイントでおさえながら
ご自身のペースで進めることができます

【前半】授業
オープニング
00:16  (00:08 ~ )
自己紹介
02:13  (00:24 ~ )
2017年アニメビジネス5大ニュース
00:29  (02:37 ~ )
・日本アニメ市場規模が2兆円を突破
03:25  (03:06 ~ )
・Netflix、日本アニメへの投資、大幅強化
03:25  (06:31 ~ )
・湯浅政明監督、2大映画祭でグランプリ
04:41  (09:56 ~ )
・「君の名は。」ハリウッド実写化企画を発表
04:32  (14:37 ~ )
・CGアニメ大躍進
04:04  (19:09 ~ )
アニメビジネス3大トレンド
09:57  (23:13 ~ )
企業・社会にとってのアニメの存在
04:07  (33:10 ~ )
海外市場、Japan Expoについて
06:25  (37:17 ~ )
アニメビジネスニュース
04:11  (43:42 ~ )
今年ビジネスが成功したアニメは?
04:11  (47:53 ~ )
質疑応答
07:36  (52:04 ~ )
先生方からのメッセージ
01:06  (59:40 ~ )
先生方からのお知らせ
03:07  (1:00:46 ~ )
次回授業のお知らせ
00:17  (1:03:53 ~ )
エンディング
  (1:04:10 ~ )
【後半】質疑応答
Q.アニメ市場はどこからどこまで何でしょうか?
01:56  (52:04 ~ )
Q.SNSの躍進で広告宣伝の仕方とか変化とかありましたか?
03:15  (54:00 ~ )
Q.アニメの市場拡大と共に声優さんがより表に出てきてるようになってると感じてますが、2.5次元的なものの市場も大きくなってるのでしょうか?
  (57:15 ~ )
2017年アニメビジネスを振り返る

第5回は博報堂『ガリガリ編集部』編集長/コンテンツプロデューサーの林龍太郎さんをゲストにお迎えします。
2017年のアニメビジネスシーンでは何が起こっていたのかを振り返ります。


林 龍太郎
博報堂『ガリガリ編集部』編集長/コンテンツプロデューサー

コンテンツプロデューサー/編集者。
ベルギー生まれ。荒川区育ち。ユースカルチャー誌『QUICK JAPAN』(太田出版)編集部などを経て、2008年に博報堂に入社。
アニメ、マンガ、ゲームをなど活用した企業コミュニケーションを手がけるクリエイティブチーム「ガリガリ編集部」を設立。
企業のアニメCM、コラボ商品開発、グッズマーチャン、イベント出展、海外アニメイベント業務など数多く担当。
企業・広告とアニメのコラボ事例を紹介するビジネスニュースサイト『ガリガリ』編集長。
企業とアニメのコラボレーションの表彰イベント「アニものづくりアワード」の特別審査員を担当。

※授業内容は変更になる可能性があります

先生

数土 直志

日本のアニメはいま国内だけでなく、海外でも大きな人気を誇っています。
この人気の広がりが、アニメのビジネスを大きく変え始めています。
アニメは映像だけでなく、アニソン、声優、キャラクターグッズや2.5次元舞台、イベントまで、まさに総合エンタテインメントになりました。
そして動画配信の急速な普及と海外ビジネス展開が、アニメビジネスにパラダイムシフトを起こしています。
業界の経験豊かなゲストを招き、いまアニメビジネスに何が起きているのか、これからどう変わろうとしているのかを皆さんと一緒に解き明かし、考えていきたいと思います。

先生

中島 由貴

ビジネスの視点からアニメシーンを勉強するとのことで、自分はアニメの制作では声優としてかかわらせて頂いていますが、完成したアニメーションがビジネスとしてどういった動きをするのか受講生の皆さんといっしょに勉強したいと思います。

受講生代表

  • 江川 みどり

    江川 みどり

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF

    生放送授業への参加は無料です
    Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
    ×