論理的に話す力 -論理的に伝える構成の基本- おためし受講中

【タイムライン】
生放送時のチャット投稿を閲覧でき、
臨場感はそのままで受講することができます

ここには授業中のやりとりが表示されます

【チャプター機能】
授業内容をピンポイントでおさえながら
ご自身のペースで進めることができます

【前半】授業
オープニング
00:44  (00:10 ~ )
自己紹介
00:29  (00:54 ~ )
講座の目的
00:20  (01:23 ~ )
アジェンダ
00:26  (01:43 ~ )
前回の振り返り
01:15  (02:09 ~ )
宿題フィードバック
06:33  (03:24 ~ )
構成の三原則
00:08  (09:57 ~ )
構成の基本
00:12  (10:05 ~ )
ロードマップ
01:21  (10:17 ~ )
ナンバリング・ラベリング
00:51  (11:38 ~ )
AREAの法則
04:11  (12:29 ~ )
全体像
00:18  (16:40 ~ )
まとめ
00:48  (16:58 ~ )
復習の効果
00:54  (17:46 ~ )
スキル獲得の三原則
02:12  (18:40 ~ )
構成の基本:全体
02:24  (20:52 ~ )
リライト
00:11  (23:16 ~ )
リライト(書き直し)手順
00:29  (23:27 ~ )
情報の取捨選択
00:41  (23:56 ~ )
書き直し:情報の取捨選択
00:59  (24:37 ~ )
情報の分類
00:14  (25:36 ~ )
構成を確認する
00:11  (25:50 ~ )
タイトルをつける
01:29  (26:01 ~ )
タイトルをつける +α
02:46  (27:30 ~ )
課題:書き直し例
04:01  (30:16 ~ )
即興プレゼン:いいこと三つプレゼンテーション
00:34  (34:17 ~ )
いいこと三つプレゼンテーション:出題例・応答例
02:15  (34:51 ~ )
いいこと三つプレゼンテーション:実践
12:28  (37:06 ~ )
いいこと三つプレゼンテーション +α
02:50  (49:34 ~ )
短いラベル
01:24  (52:24 ~ )
対比
04:22  (53:48 ~ )
授業のまとめ
  (58:10 ~ )
論理的に話す力 -論理的に伝える構成の基本-

今回鍛えるコミュニケーション能力は「論理的に伝える力」

「もしかすると社会人が一番頻繁に耳にする言葉なのでは?」と思えるほど、さまざまなところで言われてきたロジカルに考え、伝える力。しかしながら、頭では分かっていても実際に話すときには上手くできないことがよくあるのではないでしょうか?

今回は「論理的に伝える力」の基本と、その力を鍛えるトレーニングを授業内でしていきます。

【授業の流れ】
■前回の復習(課題提出はこちらから https://goo.gl/forms/ZECiaYQ4uIflhxDE3)
■分かりやすいストーリーを書く
■3パターンを覚える


【講師プロフィール】
西部 直樹
有限会社N&Sラーニング 代表取締役
企業・官庁・自治体の社員、職員を対象としてディベート、プレゼンテーション、傾聴技法、メンタルタフネスなどのコミュニケーションスキルやメンタルヘルス各種研修講師を務めている。全国教室ディベート連盟。理事産業カウンセラー・論理療法士。
主な著書として『実践ディベート研修』(生産性出版)、『はじめてのディベート』(あさ出版)、『『議論力」が身につく技術』(あさ出版)などがある。


 

受講生代表

  • 徳田 葵

    徳田 葵

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF