AI関連3メディア集結 AIの“今”を語ろう おためし受講中

【タイムライン】
生放送時のチャット投稿を閲覧でき、
臨場感はそのままで受講することができます

ここには授業中のやりとりが表示されます

【チャプター機能】
授業内容をピンポイントでおさえながら
ご自身のペースで進めることができます

【前半】授業
オープニング
00:42  (00:10 ~ )
授業の概要
00:42  (00:52 ~ )
自己紹介
04:40  (01:34 ~ )
アジェンダ
00:52  (06:14 ~ )
2017年のAIまとめ(主観含む)
00:08  (07:06 ~ )
質問:2017年にはAI関連でさまざまなニュースが流れましたが、皆さんが一番印象に残ったニュースは何ですか?
04:50  (07:14 ~ )
飯野先生の印象に残ったニュース
01:06  (12:04 ~ )
望月先生の印象に残ったニュース
01:28  (13:10 ~ )
進藤先生の印象に残ったニュース
09:41  (14:38 ~ )
AI関連ニュースの読み解き方
00:22  (24:19 ~ )
進藤先生:キーワード「業務効率化」
01:55  (24:41 ~ )
望月先生:キーワード「ロボット」「スマートスピーカー」
04:46  (26:36 ~ )
飯野先生:キーワード「ブランディング」
10:22  (31:22 ~ )
2018年のAIはどのように進化するか?
00:15  (41:44 ~ )
質問:AIは私たちの仕事を奪うと思いますか?奪うとしたら、私たちはどのように動くべきだと考えますか?
06:54  (41:59 ~ )
質問:AIは私たちの生活をどのように変えると思いますか?弊害やネガティブな側面はあると思いますか?
07:32  (48:53 ~ )
お知らせ
01:26  (56:25 ~ )
感想・まとめ
02:42  (57:51 ~ )
エンディング
  (1:00:33 ~ )
【後半】質疑応答
Q.AIが出した予想結果の採点基準又は、評価はだれがするするのですか?
02:03  (16:38 ~ )
Q.不勉強で申し訳ないのですが、AIは自動運転技術にも採用されていますか。
36:26  (18:41 ~ )
Q.AIにも学習させるデータセットにより「国民性」のようなものが出てくるんでしょうか?
  (55:07 ~ )
AI関連3メディア集結 AIの“今”を語ろう

2017年は数多くのAI関連のニュースが飛び交いました。

私たちの生活に身近なところでは、Google、Amazon、LINEが相次いでスマートスピーカーを発売し、AIのある生活がより身近に、具体的になってきました。

一方で、「AIの普及が200万人以上の雇用を奪うという試算」が発表されるなど、働く社会人にとっては不安になるニュースもあり、今後来るAI時代にどのようにキャリアをデザインすべきか?を考えた方も多くいらっしゃったのではないでしょうか?

今回の授業のテーマは「2017年のAI関連ニュースを振り返り、今私たちの生活やビジネスがどう変わっているのか?変わろうとしているのか?を考える」です。

2017年のAI業界の流れを再確認し、2018年に流れるAI関連ニュースを的確に読み解くベースとなる知識を作っていきましょう。

先生

飯野 希

AI関連技術は今、急激な勢いで進化しています。ニュースでは「AI」や「人工知能」の文字を見ない日の方が珍しい状況です。
ただ、それらがビジネスにどういったインパクトを与え、現在どうなっているのか? 把握できていない人が多いように思います。
今回の授業では、ちょっとだけみなさんよりAIに触れているAIメディアという立場から、みなさんといろいろディスカッションできれば楽しいな、と思っています。

先生

望月 亮輔

AIの「インターフェース」が2017年どのような動向を見せたのか。ロボットやスマートスピーカーの情報を中心にお話しさせて頂きます。AIについてだけでなく、ロボットやスマートスピーカーなどの最新情報を知りたいという方、ぜひご聴講ください。

AI関連3メディア集結 AIの“今”を語ろう(全1回)

受講生代表

  • 江川 みどり

    江川 みどり

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF