自分らしさってなんだろう?- soarと考える自分の可能性を活かす生き方・働き方- #3 おためし受講中

自分らしさってなんだろう?- soarと考える自分の可能性を活かす生き方・働き方- #3

誰もが持つ「自分の可能性」を拡げてイキイキと生きる

今回は、LGBTをテーマにおふたりのゲストをお迎えし、お送りします。

一人目のゲストは、アート、エンタメコンテンツの企画・制作を行う『やる気あり美』代表の太田尚樹さん。自身がゲイである先生は、セクシュアルマイノリティがより自然体に生きられる社会の実現を目指して『やる気あり美』設立。多岐に渡り、さまざまな活動を行っています。

http://soar-world.com/2016/01/07/yarukiarimi/

二人目は浜松幸さん。”性同一性障害”で悩んだ時期もあったそうだですが、現在は株式会社シンカ マーケティング部 責任者として働きながら、多くの人を勇気づけ、元気にしていくためのライフワークを精力的に行っていいます。

http://soar-world.com/2016/04/05/kohamamatsu/

LGBTへの認知は広がってきていますが、やはり社会・周囲とのコミュニケーションに葛藤した時期があったと言います。

しかし、さまざまな経験をもとに、LGBTと社会の間にある壁をなくしていこうと、同じように悩み、葛藤している人たちを受け入れながら、「自分らしく」活動されているおふたり。その姿はエネルギーに満ち溢れています。

自分を受け入れて生きること。
そして、周囲とどうコミュニケーションを取るか真摯に考えること。

これらは凄く難しいことかも知れませんが、自分の捉え方次第で幸福な人生を送ることはできる。
おふたりのお話から、そんなことを皆さんと一緒に学んでいきたいと思います。

先生

工藤 瑞穂

編集長である私は、soarに登場するみなさんからいつも生きる知恵や前向きに生きるヒントをもらっています。この授業で出会う方々のお話には、自分は違う境遇にいたとしても、共感できる部分がきっとたくさんあるはず。私もみなさんと一緒に、「自分らしい生き方」について考えていきたいと思います。

先生

太田 尚樹

ゲイであることを受け入れ、前向きに生きるということは、過去の自分にとってとても難しいことでした。でも今は、それは極めて当たり前のことになっていますから、つくづく「人間って変わるもんだな」と思います。「どんな人生にも幸せになる方法がある」、そう心から今信じている自分が、ここまでくるために何を考え、何にチャレンジしてきたのか、僭越ながらそんなお話をできればと思っています。当日はよろしくお願いいたします。

先生

浜松 幸

”●●じゃなきゃいけない”と縛られて生きるのではなく、”こうありたいかも・・・?”とワクワクして、自分で取捨選択して作り上げていく人生の楽しさ。僕にとって、「オナベ」はひとつの個性であり、神様が与えてくれた素晴らしいギフト!! 自分の捉え方次第で人生はいくらでも輝く!チャンスはそこらじゅうに転がっている!ということを時に真面目に、時に笑いながらお話出来たらと思います! どうぞよろしくお願い致します

受講生代表

  • 花海 志帆

    花海 志帆

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF