おためし受講中

仕事をしやすくする社内のコミュニケーション

■この授業で学ぶこと

・仕事をしやすくする基準「3つの軸」を知る

・「通りやすい提案」は、「通しやすい提案」である
  ー具体例として、案件を2つの軸で考える
  ー説得力を増す伝え方

・相手にとって「通してあげたい提案」にするために

・相手の軸は何か?

 

 

仕事をしやすくする社内コミュニケーション(全1回)

学生代表

  • 橋本 幸乃

    橋本 幸乃

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介
    02:36  (00:29 ~ )
    ゴールの確認とアジェンダの紹介
    01:27  (03:05 ~ )
    はじめに
    02:52  (04:32 ~ )
    仕事をしやすくする「3つの軸」
    06:49  (07:24 ~ )
    「通りやすい提案」は「通しやすい提案」
    02:23  (14:13 ~ )
    案件を2つの軸で考える
    11:42  (16:36 ~ )
    説得力を増す伝え方
    03:33  (28:18 ~ )
    「通してあげたい提案」にするために
    01:19  (31:51 ~ )
    相手の軸は何か?
    15:09  (33:10 ~ )
    想いを伝える
    03:19  (48:19 ~ )
    まとめ
    01:40  (51:38 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q.組織の軸(会社のビジョン)は、上層部から日々の訓示で組織全体に浸透させるべき、と考えるのですが、いかがでしょうか?
    01:15  (53:38 ~ )
    Q.例えば上司(社長)が、売価の決定を1時間前に判断した値を、1時間後にその指示のあった価格で資料を進めて報告にいくと、「どうしてそのような価格にしたのだ。そんな考えでは利益が出ないじゃないか。なぜそんな金額を勝手に決めるんだ!」と言われることが多々あり、社員全員困っています。そんな時に一貫性(軸)はないと感じてしまいます。どう思いますでしょうか。
    02:36  (54:53 ~ )
    Q.先生の肌感として、ロジカルに訴えるのが上手な人と、感情に訴えるのが上手な人では、どちらの人の提案が受け入れられやすいですか?
    02:02  (57:29 ~ )
    Q.重箱の隅を突くような超ロジカル上司にはどのような振る舞いが必要ですか?
      (59:31 ~ )