意外とできる「ブロックチェーン開発」を習得しよう おためし受講中

【タイムライン】
生放送時のチャット投稿を閲覧でき、
臨場感はそのままで受講することができます

ここには授業中のやりとりが表示されます

【チャプター機能】
授業内容をピンポイントでおさえながら
ご自身のペースで進めることができます

【前半】授業
オープニング
00:37  (00:09 ~ )
自己紹介
01:41  (00:46 ~ )
本講座シリーズのスケジュール
00:20  (02:27 ~ )
アジェンダ
00:56  (02:47 ~ )
本授業のターゲットとゴール
01:02  (03:43 ~ )
自分のゴール設定をしよう
02:58  (04:45 ~ )
必要な能力は何か?
20:12  (07:43 ~ )
具体的にどんな業務を行うのか
15:21  (27:55 ~ )
具体的にどんな勉強をすべきなのか
10:20  (43:16 ~ )
まとめ
01:29  (53:36 ~ )
質疑応答
06:47  (55:05 ~ )
エンディング
  (1:01:52 ~ )
【後半】質疑応答
Q.完璧にバグが無いものを生み出すことは難しいという前提で、バグを許容する文化も必要かなと感じました。その意味で、日本人にその文化はウケそうでしょうか?
01:44  (55:15 ~ )
Q.私はコンサルタントで、社内にブロックチェーンの知識もコネもありません。これからブロックチェーンの案件に関わるにはどうしていけばいいでしょうか?
01:14  (56:59 ~ )
Q.個人でパブリックコインの実験をしてみたく、システムを組むための勉強をしていますが、個人開発レベルでのセキュリティ面で注意すべき点はなんでしょうか?
01:21  (58:13 ~ )
Q.政府だとかの議事録などはブロックチェーンなどで保管することで正確性を保つこともできると思うのですが、政府が求めることはないのでしょうか?
01:02  (59:34 ~ )
Q.『Blockchainを介して、異なるシステム間でデータ連携を行う』、これがBlockchainを理解する時の肝でしょうか?
  (1:00:36 ~ )
意外とできる「ブロックチェーン開発」を習得しよう

第3回では、具体的にブロックチェーンエンジニアとして働く上で必要なスキルや開発方法を学んでいきます。そこで再び、エンジニアをゲストに呼び、開発にまつわる詳細な情報をお伝え致します。受講生のみなさんも、自分事に置き換えながら参加してみてください。

先生

小沼 魁

ブロックチェーンテクノロジーだけに留まらず、現在ブロックチェーンが抱える技術的課題とその解消方法まで、様々なブロックチェーンプラットフォームを利用したシステム開発経験から得た知見を受講生の皆様にわかりやすくお伝えできればと思います。

受講生代表

  • 田原 彩香

    田原 彩香

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF