オンラインでワールド・カフェ -ファシリテーションツールとしてのマインドマップ- おためし受講中

【タイムライン】
生放送時のチャット投稿を閲覧でき、
臨場感はそのままで受講することができます

ここには授業中のやりとりが表示されます

【チャプター機能】
授業内容をピンポイントでおさえながら
ご自身のペースで進めることができます

【前半】授業
オープニング
00:31  (00:10 ~ )
自己紹介
00:56  (00:41 ~ )
【皆さんへの質問】ここまで学んで、マインドマップどうですか?使えていますか?
03:52  (01:37 ~ )
アジェンダ
01:59  (05:29 ~ )
前回までの復習
15:09  (07:28 ~ )
質問への回答
03:49  (22:37 ~ )
ファシリテーションとワールドカフェ
15:14  (26:26 ~ )
今日のテーマ:日本文化を次世代に引き継ぐために私たちに何ができるか?
20:56  (41:40 ~ )
ポイント
01:41  (1:02:36 ~ )
復習方法
00:41  (1:04:17 ~ )
質疑応答
00:54  (1:04:58 ~ )
先生からのお知らせ
02:18  (1:05:52 ~ )
次回授業のお知らせ
01:25  (1:08:10 ~ )
エンディング
  (1:09:35 ~ )
【後半】質疑応答
Q.どこから書き始めれば良いか、なかなか掴めません、どうすればいいでしょう。 とくに、核から広げていくイメージなのですが、関連付を考えると、枝葉が出ません。
01:26  (22:50 ~ )
Q.マインドマップを使っていますがまだ自然に書くことが出来ません。どうしても、ロジックツリーのようにまとめようとしてしまいます。
01:42  (24:16 ~ )
Q.全体を俯瞰して、個別要素の関係性を把握するのに便利なのがマインドマップ、という理解で良いでしょうか?
39:01  (25:58 ~ )
Q.ブレストとワールドカフェとの違いは何でしょう?
  (1:04:59 ~ )
オンラインでワールド・カフェ -ファシリテーションツールとしてのマインドマップ-

これまで学んできたマインドマップは一人で集中して描くものでしたが、今回は“個人”ではなく“集団”でのマインドマップの活用法がメインテーマ。ブレインストーミングなど、アイデアを発散させる場で、多くの人から寄せられたさまざまなアイデアを集約して、参加者それぞれ気づきを得られる場を作ります。今回、皆さんにはワールド・カフェの参加者になってマインドマップが議論の進行にどのような効果をもたらすか?を体感しながら学んでいただきます。

前シリーズでは「誰もが理想的に学べる社会を作るために何が必要か?」というテーマでワールド・カフェを開催しました。そのときの授業の様子は無料公開されていますので、授業前にぜひご受講ください。

▼マインドマップの教科書 入門編
https://schoo.jp/class/4637


【授業アジェンダ】
■講義
・ファシリテーションツールとしてのマインドマップ活用例
・ミーティングでのマインドマップの使い方とその効果

■実践
ワールド・カフェテーマ:『日本文化を次世代に引き継ぐために私たちに何ができるか?』
※授業内では受講生の皆さんと一緒にワールド・カフェをしながら上記のテーマに関して皆さんと話を深めていきたいと思っています。ぜひ積極的にご参加ください!


 

受講生代表

  • 徳田 葵

    徳田 葵

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF

    生放送授業への参加は無料です
    Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
    ×