活躍するフリーランサーに学ぶ『押しが弱い人でもできる「受注単価アップ法」』 おためし受講中

活躍するフリーランサーに学ぶ『押しが弱い人でもできる「受注単価アップ法」』

【授業テーマ・アジェンダ】
・私のライフカーブ
・押しが弱い人でもできる「受注単価アップ法」
・チームを組むにあたって必要なテクニック
※授業内容は変更となる場合があります。


【ゲスト講師】
伊藤 寛
編集ユニットeditiii(エディティー)代表
根室市生まれ、札幌市在住。道内の地方新聞社で外勤記者、整理記者として勤務し、IT企業の広報などを経て2017年に独立。月1回東京に出張して営業し、仕事を取ってきた。DAZNのオウンドメディア「スポーティングニュースジャパン」、金融系、デイリーニュース系Web媒体の外部編集・校正などを手がけている。最近はライターを数十人規模でアサインし、企業からの直接受注で案件を回すディレクション業務にも注力。ランサーズ社と地方自治体が連携してクラウドソーシングの啓発に努める「エリアパートナープログラム」の中で地域ディレクター、講師も務めた。2019年初頭をめどに法人化予定。趣味は将棋で、過去の戦績は北海道最強戦3位など。早起きが得意だが、午前10時〜午後3時はほとんど昼寝している。


■プレミアム生放送とは…?
一言で言うなら「Schooプレミアム会員限定の生放送授業」。学びをアウトプットする会員限定の実践型ワークショップや、一人ひとりの今抱える疑問に合わせた個別質問会、また先生の“ここだけの話”などの提供など、先生と受講生がより密なコミュニケーションを取れる機会を通して、無料放送より更に学習効果の高い授業をお届けしていきます。
※プレミアム生放送はSchooのプレミアムサービスに含まれる機能の一つです。
 プレミアムサービス機能詳細:https://static.schoo.jp/web/v2/premium/2.1/
 プレミアム会員登録はこちらから:https://schoo.jp/student/premium/?cl=5255



 

先生

伊藤 寛

多くの人にとって、単価交渉は悩みのタネだと思います。多くの人が交渉ノウハウを提供していますが、そもそも「押し」の弱い僕は交渉することさえストレスに感じていました。振り返ってみると、僕は取引先とほとんど価格交渉をせずに単価を上げてきた珍しいタイプなのかもしれません。多くの案件を受注できたのは他の受注者と徹底的に差別化を図ったのが大きかったのだと思います。僕の話すことが100%正解だとは思っていませんが、考え方のひとつだと思って肩の力を抜いて聞いてください。

受講生代表

  • 花海 志帆

    花海 志帆

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF