休息とマインドフルネス -心と脳を整える最高の習慣- おためし受講中

休息とマインドフルネス -心と脳を整える最高の習慣-

毎月、お寺からマインドフルネスの授業を生中継で行います。今回は栃木県光琳寺からお届けします。

9月のテーマは「疲れた身体に効くマインドフルネス」というテーマで、日頃からハードに働き、疲れが溜まってしまっているビジネスパーソンに向けて、脳を休める方法をお伝えします。

科学的にもあらゆる効果が認められているマインドフルネスですが、実は、「集中力の向上」や「脳を意図的に休める」といった仕事に役立つ効果についても脳科学の分野から指摘されています。

授業ではマインドフルネスを理解するための講義だけではなく、実際に住職の合図でオンラインマインドフルネスを行います。


担当するのは・・・

井上 広法 浄土宗光琳寺 副住職

井上 広法

1979年、宇都宮市生まれ。

Cocokuriチーフプロデューサー (http://www.cocokuri.com /) 一般社団法人寺子屋ブッダ理事(http://www.tera-buddha.net/) 

hasunoha共同代表(http://hasunoha.jp/)

佛教大学で浄土学を専攻したのち、東京学芸大学で臨床心理学を専攻。仏教と心理学の立場から現代人がより幸せに生きるヒントを伝える僧侶として活動している。

2014年から、マインドフルネスをベースとしたワークショップ「お坊さんのハピネストレーニング」を開始。

全国各地の寺院・学校・企業で熱弁をふるい、女性誌「an・an」や東洋経済オンラインなど様々なメディアでも取り上げられた。また、お坊さんバラエティ番組「ぶっちゃけ寺」(テレビ朝日系)の立ち上げに関わり、同番組への企画アドバイス・出演を通して、よりよく生きる智慧としての仏教をやさしく面白くお茶の間に届けている。

著書に「心理学を学んだお坊さんの幸せに満たされる練習」(永岡書店)がある。

心と脳を整える最高の習慣 -お寺での瞑想を疑似体験-(全1回)

受講生代表

  • 徳田 葵

    徳田 葵

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF