障害と教育について対話する「僕らの哲学座談会」 おためし受講中

障害と教育について対話する「僕らの哲学座談会」

第2回のテーマは「障害と教育」です。
普段語る機会の少ない「障害」について、哲学対話を行います。

・障害を抱える人が生きやすい、寛容な社会をいかに作るか
・障害とはそもそもどのように捉えるべきか
・やる気がないのは「甘え」なのか

今回のゲストは、株式会社LITALICO執行役員 LITALICO研究所所長の野口 晃菜さんです。

先生

野口 晃菜

「排除のない社会を」や、「多様性を大切に」はキレイな言葉ですが、実際に実現しようとすると、様々な葛藤があります。ぜひみなさまと一緒にどうしたら実現していけるのか?を考えたいです!

先生

盛岡 千帆

そもそも「障害」とは何なのでしょうか。一体だれが「障害」の「当事者」なのでしょうか。哲学座談会を通して受講生の皆さんと一緒にじっくり問いを深め、じっくり考えたいです。よろしくお願いします!

受講生代表

  • 橋本 幸乃

    橋本 幸乃

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF