おためし受講中

通巻450号!日本最古のパソコン情報誌「I/O」編集長が語る、続くメディアとは

  • 公認団体
  • 全1回
  • 2014年3月28日公開

もしかしたらみなさんの中には知らない人もいるかもしれませんが、「I/O」は日本最古のパソコン情報誌です。
「I/O」は自作派のためのパソコン情報誌として長年、数々のギークたちに愛されてきました。

そんな「I/O」が今年37年目を迎え、いよいよ450号を出版します!
通巻450号となり、コンピュータを取り巻く環境は、大きく変化しています。 直近では、コンピュータを構成する、スマホ、タブレットの登場やクラウド環境の整備などが上げられますが特に「USB機器」「スピーカー」「ディスプレイ」「スキャナ」「プリンタ」「ストレージ」「CPU」「GPU」「メモリ」 などのいわゆる「パーツ類」も、さまざまな変化を遂げています。

450号出版記念として「I/O」の歴史をふまえ、雑誌を作ることの裏側をどど~んとお話しようと思います。
今回のスピーカーは「I/O」編集長の藤井創と、数々のテクニカル記事を専門に執筆してきたテクニカルライターの大澤文孝。 もちろん、「I/O」に関する質問にもお答えします。

この授業では37年間、テクノロジーの進化と一緒に歩んできた月刊「I/O」とパソコンの歴史を振り返りながら、これからの「I/O」を通し、これからの雑誌というもの自体のあり方について学んでいただきます。
 

■この授業で学べる事


・日本最古のパソコン情報誌「I/O」のいままでとこれからについて
・日本のパソコンの歴史について
・「雑誌投稿」について
・長年愛される「雑誌」の秘訣について

ぜひこの授業を通して、「I/O」や「雑誌を作ること」に興味を持っていただければ嬉しいです。

 

参考サイト/予習教材

通巻450号!日本最古のパソコン情報誌「I/O」編集長が語る、続くメディアとは(全1回)

放送団体

工学社

放送・内容等に関してご不明点がございましたら、同社にお問い合わせください。
URL:http://www.kohgakusha.co.jp/

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF