パラキャリ酒場 in Schoo (タカタ先生、横山先生、川崎先生)【2019年2月】 おためし受講中

パラキャリ酒場 in Schoo (タカタ先生、横山先生、川崎先生)【2019年2月】

【授業アジェンダ】
■イントロダクション:パラレルワークとは?
■登壇者自己紹介
■パネルトーク
 ①パラレルキャリアのはじめの一歩は?
 ②本業とのシナジー・折り合いは?
 ③これからのパラレルキャリア
■オンラインでテーブルトーク [プレミアム会員限定コンテンツ]
 テレビ会議システムを活用して受講生の皆さんと登壇者に直接相談にのります。
※授業内容は変更となる場合がございます。


【今回のゲスト登壇者】
■ タカタ 先生
芸人、高校の数学教師、教育YouTuber
数学教師芸人。「よしもと芸人」と「高校数学教師」の両輪で活動。幼少期より「お笑い」と「算数」が大好きで、将来は「お笑い芸人」か「数学教師」のどちらかになりたいと思い「探究」してたら両方なれた。数学嫌いな日本人を減らす為の活動に命を燃やし、算数・数学の話で老若男女を爆笑させる。YouTubeに数学の授業動画を多数公開(【タカタ先生】で検索)。2016年『日本お笑い数学協会』を設立し会長に就任。2017年日本最大の科学イベント『サイエンスアゴラ』でお笑い数学パフォーマンスを披露しサイエンスアゴラ賞を受賞。現在、数学ネタが100個つまった書籍『笑う数学』(KADOKAWA)が好評発売中。

■ 横山 明日希
算数・数学ワークショップ団体代表、塾講師、フリーランスマーケター
大学生時代から「数学の楽しさを伝える」ために「数学のお兄さん」として活動をはじめ、数学×お笑い、数学×恋愛、数学×俳句など、今までにない数学と何かを組み合わせるという切り口で活動中。早稲田大学大学院数学応用数理専攻修士課程修了。

大手進学塾から株式会社サイバーエージェント、株式会社ビズリーチのマネージャーを経て独立し、現在は主にベンチャー企業数社のマーケティング業務支援を行う傍ら、並行して数学・算数ワークショップを提供するmath channelの代表、日本お笑い数学協会副会長、また小中高生向け探究型学習塾の算数・数学講師としても活動。

2017年11月 国立研究開発法人科学技術振興機構主催「サイエンスアゴラ」にてサイエンスアゴラ賞受賞。
著書に、『笑う数学』(KADOKAWA)、『愛×数学×短歌』(河出書房新社)、『理数センスが育つ・算数王パズル』(小学館)等。

■ 川崎 亜美香
コミュニケーションデザイナー
【薬剤師×デザイナー×スタートアップ】
株式会社ミナカラ所属。 
新卒で調剤薬局にて薬剤師として勤務しながら、並行して武蔵野美術大学にて社会人学生としてデザインを学ぶ。 卒業後NPO法人ハナラボで学生向けプロジェクトの企画運営担当。その後、医療×ITをテーマにしたミナカラに参画しスタートアップの世界に。現在はプロダクトから事業/組織まで狭義・広義のデザインに挑戦中。 また、スタートアップテクノロジー社、ダイアモンドメディア社他にて、サービス立ち上げや組織作りのワーク設計ファシリテーションも担当。東京ブランディング大学校2期生としても活動中。


【プレミアム生放送とは…?】
一言で言うなら「Schooプレミアム会員限定の生放送授業」。学びをアウトプットする会員限定の実践型ワークショップや、一人ひとりの今抱える疑問に合わせた個別質問会、また先生の“ここだけの話“などの提供など、先生と受講生がより密なコミュニケーションを取れる機会を通して、無料放送より更に学習効果の高い授業をお届けしていきます。
※プレミアム生放送はSchooのプレミアムサービスに含まれる機能の一つです。

 

先生

川崎 亜美香

自分らしい在り方に興味があるあなたへ!

私は学生時代、「職業」という切り口で進路を選択しないと思い込み長期間悩んでいました。

その後薬剤師として働きながら、社会人学生として武蔵野美術大学へ。今はヘルスケア系ベンチャーのミナカラで、コミュニケーションデザイナーとして事業サービスデザイン・組織デザインを担当しブランディングを追求しています。

もがいてもがいて、やっと少し「自分らしさ」を見つけつつあります。

私自身まだまだこれからですが、もし、「今更何かに挑戦するのなんて無理なのかな」「自分のあり方にモヤモヤしている」「実は前から興味があった分野に一歩踏み出して挑戦してみたい」という方の勇気となれたら幸いです。

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF