おためし受講中

物を売るな、物語を売ろう

商品・サービス・個人がもっと共感してもらうための「物語(ストーリー)」の作り方を学ぶ授業です。

ソーシャルメディアによって、誰でも簡単に情報発信・セールス・プロモーションができるようになりました。
その影響により、世の中には必要以上の情報が溢れ、どんなに魅力的な商品であっても、上手く情報を届けなければ売れない時代になっているといえます。

ですがそんな時代でも、たくさんの支持と消費を生み出している商品があります。
例えば大人気アイドルユニット「AKB48」のCD。
会いに行けるアイドルを目指した彼女たちは、努力という名の物語を可視化し、CD収録で歌える権利をかけた投票券付のCDを販売することによって、大きな販売結果を生み出しました。

他にも、たくさんの人へ自分の思いを伝え、少額の支援金を募るクラウドファンディングなど、物語を可視化することで、成功している企業やサービスは多数存在します。

そんな物語を明確化することで価値をつくっている事例を分析し、情報氾濫の時代でも、たくさんの人に認知され、共感してもらえる「物語」の作り方を学びます。

 

<こんなあなたに受けてほしい>
・新しいWEBサービスをリリースしたが、ユーザーを思うように獲得できていない
・facebookページの「いいね!」が増えない
・自分のアツイ思いをたくさんの人に語っているけれども、思うように伝わっていない気がしている

物を売るな、物語を売ろう(全1回)

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介&今日の目次
    01:27  (00:17 ~ )
    商品を売らないで◯◯を売る
    06:08  (01:44 ~ )
    ストーリー設定の成功例1:AKB48
    02:06  (07:52 ~ )
    ストーリー設定の成功例2:クラウドファンディング
    02:38  (09:58 ~ )
    人類共通の感動のツボ「ストーリーの黄金率」の3要素
    11:54  (12:36 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:ストーリーを考えるために1番初めに行うこととは?
    03:41  (24:30 ~ )
    Q:物語で体験を売ることは可能ですか?
    01:39  (28:11 ~ )
    Q:川上先生が「ストーリーの黄金率」に気づいたエピソードとは?
    01:47  (29:50 ~ )
    Q:サクセスストーリー以外でも、共感を呼ぶ物語はつくれますか?
    02:22  (31:37 ~ )
    Q:就職活動における「自己PR」にもストーリーの黄金律は応用できますか?
    02:52  (33:59 ~ )
    Q:メディア等で物語をつくると「あざとく」なってしまうことはありませんか?
    02:38  (36:51 ~ )
    Q:物語が効果的ではないシチュエーションはありますか?
    03:37  (39:29 ~ )
    Q:物語を作るプロセスは、大きな目標から逆算するということでしょうか?
    01:16  (43:06 ~ )
    Q:キャッチコピーを作るときのコツがあれば教えてください
    01:30  (44:22 ~ )
    Q:物語を発信しても認識してもらうことが難しいように感じます
    02:08  (45:52 ~ )
    Q:専門知識を使うサービスを普通の人に認識してもらうための物語とは?
    01:10  (48:00 ~ )
    Q:物語を世の中に出していくときに、ぶち当たる壁とは?
    07:21  (49:10 ~ )
    Q:レポート課題発表
      (56:31 ~ )