おためし受講中

増井雄一郎の「wri.pe」を事例に学ぶ、自作サービスの作り方〜サービスデザイン編

本授業では、私が昨年のゴールデンウイークに作った、シンプルなメモ帳WEBアプリ「wri.pe」をどうやって作っていったのかを解説します。

第1回目の今回は、サービスを作る動機・設計・デザインについてお話しします。1年ほど、個人としてWebサービスを作っていなかったので、個人的に欲しいと思っていたアプリを、新しい事を試しつつ作る事にしました。

今回の授業ではメモ帳アプリを1週間で完成させることを目標に、アプリの企画を立てる方法、時間の割り振りの仕方から、ページのデザインを考えるところまでを解説します。

普段、プログラマとして仕事をしていると、企画やデザイナーの人と組んで分担して作業しますが、個人サービスでは全てを一人で行う必要があります。これらを一人で行うために全体をどうデザインするか、についてお話しするので、みなさんのWEBサービス企画の参考になればと思います。

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    自己紹介&アジェンダ
    02:42  (00:25 ~ )
    wri.peってなに?
    02:36  (03:07 ~ )
    wri.peを作る動機
    04:17  (05:43 ~ )
    風呂グラミングでPCを水没させたとしたら
    04:40  (10:00 ~ )
    日常の煩雑なメモを整理したくなった
    04:20  (14:40 ~ )
    メモアプリに欲しい機能とは?
    02:00  (19:00 ~ )
    サービス設計
    02:59  (21:00 ~ )
    技術選択にあたっての基準
    03:26  (23:59 ~ )
    デザイン
    03:05  (27:25 ~ )
    参考となるデザインがある、dribbble
    05:00  (30:30 ~ )
    印象に残らないサイトに手を加える
    03:57  (35:30 ~ )
    まとめ
    03:38  (39:27 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:無料のサービスの場合は、サーバー代等の費用はどうまかないますか?
    01:02  (44:01 ~ )
    Q:コードを書く前に設計図は書きますか?
    00:57  (45:03 ~ )
    Q:デザインとプログラムではどっちから先に始めたのですか?
    00:37  (46:00 ~ )
    Q:「wri.pe」の名前の由来は何ですか?
    01:09  (46:37 ~ )
    Q:ブックマークのアプリ気になります。
    02:06  (47:46 ~ )
    Q:自分のアイデアを作る前に既存アプリの調査はしないのですか?
    00:52  (49:52 ~ )
    Q:「自分が使いたい」という以外に、サービスを作る上で大切な企画の部分って、どういったものになりますか?
    01:20  (50:44 ~ )
    Q:プロトタイプを作る時に、テストコードは書きますか?
    01:03  (52:04 ~ )
    Q:趣味で作った自作のWebサービスがヒットして、個人だけで対応できなくなったら、法人化して、人を雇った方がいいですか?
    01:39  (53:07 ~ )
    Q:海外と国内のユーザー比率はどのくらいですか?
    00:40  (54:46 ~ )
    Q:すらすらっとプログラミング可能だと言うRubyに興味があるんですが、どれくらいオススメですか?
    01:10  (55:26 ~ )
    Q:「増井予約システム」ってなんですか!?
    02:22  (56:36 ~ )
    課題発表
      (58:58 ~ )