資料の「目的」から考える資料作成 おためし受講中

資料の「目的」から考える資料作成

目的が明確になっていないまま、資料を作り始めて途中で迷子になってしまうことはありませんか?
 
資料作成が難しい最大の理由は、それが他人から指示された仕事だからです。

企画書や提案書は、それを使って「承認」や「協力」を得るという目的があるはず。
こうした目的を果たすには作成者の主体性が欠かせませんが、他人から指示された作業ではその主体性が持ちにくいのは当然です。
そもそも、作業を指示した上司がその目的をきちんと説明していないこともよくある話です。

とはいっても、困るのは作成者自身。
そこで、まずは資料と資料の作成者が果たすべき目的を明確にすることからはじめなくてはいけません。

第1回は、資料を作成する際に、正しく目的を設定するためにどう考え、整理するのかを学びます。

先生

稲葉 崇志

資料作成が苦手だというひとは少なくありません。特に企画書や提案書が難しいと聞きますが、この授業ではこうした資料を「A4一枚」で作成する方法を紹介します。
その秘密は、資料作成の「目的」から考えること。目的がきちんと定まれば、何をどのように記述すべきかが決まります。
「資料作成なんて簡単です」そう思えるようになるのがこの授業のゴールです。

受講生代表

  • 徳田 葵

    徳田 葵

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF