水口克夫・地方紙「デーリー東北」のリブランディング おためし受講中

【タイムライン】
生放送時のチャット投稿を閲覧でき、
臨場感はそのままで受講することができます

ここには授業中のやりとりが表示されます

水口克夫・地方紙「デーリー東北」のリブランディング

1つのデザインを3つのプロセスに分解し、「逆再生・リプレイ」しながら学ぶワークショップです。

今回扱うデザインは「デーリー東北」です。

地方紙のリブランディングから始まったこのプロジェクト。都市と地方、社内と社外、幾重の壁を乗り越え、最終的にグッドデザイン賞を受賞するまでの過程をリプレイします。

 

■アジェンダ
・本日の問い
・題材として扱うデザインの解説
・制作プロセスA
・制作プロセスB
・制作プロセスC
・はじめの問いをもう一度考える

 

■先生
水口 克夫/Hotchkiss代表 アートディレクター
1964年 金沢市生まれ 金沢美術工芸大学を卒業後、電通入社。
2012年、Hotchkissを設立。2015年には金沢支社を開設、本屋兼ギャラリーの「Books under Hotchkiss」も運営。
おもな仕事は、JR東日本「北陸新幹線開業広告」、NHK大河ドラマ「真田丸」ポスター、みんなのレオ・レオーニ展ディレクション、芝寿し「小笹」ブランディングなど。
ADC賞、カンヌ国際広告祭、アジア太平洋広告祭ベストアートディレクションなど受賞歴多数。2017、18、19年度グッドデザイン賞審査委員。
著書には、『アートディレクションの型〜デザインを伝わるものにする30のルール〜』(誠文堂新光社)、『安西水丸さん、デザインを教えてください!〜安西水丸装幀作品研究会〜』(Hotchkiss)、『金沢ブランド100』(他7人と共著/北國新聞社)、『ぞうぼうしパオ』(小西利行と共著/ポプラ社)がある。

※授業内容は変更となる場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。

受講生代表

  • 中田 有香

    中田 有香

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF