MANGA TOKYOのデザインから学ぶ「意味性の翻訳」 おためし受講中

【タイムライン】
生放送時のチャット投稿を閲覧でき、
臨場感はそのままで受講することができます

ここには授業中のやりとりが表示されます

MANGA TOKYOのデザインから学ぶ「意味性の翻訳」

トップデザイナーの決断から実践知を学ぶ、現役デザイナーのための授業です。この授業は、制作における"重要な決断を下した分岐点"まで戻り、制作プロセスをリプレイします。

今回のデザインは「国立新美術館の演出・アートディレクション」です。

■先生
草野 剛/グラフィックデザイナー
1973年生まれ、東京都出身。グラフィックデザイン全般の制作を行う。 株式会社アスキーを経て有限会社草野剛デザイン事務所を設立。 武蔵野美術大学非常勤講師。中央大学国際情報学部。 コヤマシゲト氏と同人サークルCCMSを行う。 2015年より一般社団法人 JMAGクリエイターズ協会 の理事を務める。

※授業内容は変更となる場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。

受講生代表

  • 中田 有香

    中田 有香

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF