フードデリバリーアプリのUIデザイン おためし受講中

【タイムライン】
生放送時のチャット投稿を閲覧でき、
臨場感はそのままで受講することができます

ここには授業中のやりとりが表示されます

フードデリバリーアプリのUIデザイン

UIデザインのトレーニングを通じて、現役デザイナーが課題をどう捉え、形に落とし込んでいくのかを観察する授業です。今回は下記の企業の現役デザイナーさんがゲストとして登場します。

・クックパッド株式会社
・株式会社トレタ
・Retty株式会社

 

■授業の流れ

・先生ご紹介 / 授業概要説明
・お題の確認
・課題に対する各デザイナーの解釈解説
・まとめ

※内容は変更になる可能性がございます

先生

米田 哲丈

今従事しているのがフードデリバリーに近しい業態で、流通の仕組みや、注文や受け取りの体験についてはお力になれるところがあると思います。みなさんのアイデアに沢山の刺激をもらえることを期待しています!

先生

山田 亮

今回のポイントは「簡単で便利な印象」と「安心感」のバランスだと思っています。どこまでリアルな体験を想像しているか?そこにどんな提案を盛り込めるか?体験設計の視点からUIを一緒に検討していきましょう!

先生

山本 麻友美

解像度の高いアウトプットをデザインするには、どんなユーザーさんがどのように使うのか具体的にイメージすることがポイントになるかなと思います。
ユーザーさんがHappyになれるアウトプットを楽しみにしています!

受講生代表

  • 徳田 葵

    徳田 葵

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF