映画『ジョーカー』はなぜ心に刺さるのか おためし受講中

映画『ジョーカー』はなぜ心に刺さるのか

※授業はネタバレが含まれる可能性がございます、予めご了承ください

この授業を一言で表すと...

「いま話題のコンテンツを分析をすることで、社会の最新動向を学ぶ生放送です。」

 

第1回の題材は映画『ジョーカー』です。本作品が話題をさらった理由を、哲学者エドモント・バークの崇高という概念ほか様々な切り口から分析します。

 

講師プロフィール

小林 昌平

1976年生まれ。専攻は哲学・美学。電通トランスフォーメーション・プロデュース局にて活躍する傍ら、事業構想大学院大学の客員フェローとして事業開発人材の育成に努める。テーマは、哲学・文学など人文科学の知見と戦略思考を統合し、包括的で越境的なアイデアを編み出す “ Humanities on Industry(HoI)"。2018年に出版した著書「その悩み、哲学者がすでに答えを出しています」は、わかりやすく深い哲学入門書として各界称賛のロングセラーに。恋愛コミュニケーションやアイデア発想など身近なテーマを、哲学や美学、認知科学の立場から考察している。

 

担当の先生

受講生代表

  • 花海 志帆

    花海 志帆

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF