『ミスしても評価が高い人は、何をしているのか?』著者:飯野謙次さん おためし受講中

『ミスしても評価が高い人は、何をしているのか?』著者:飯野謙次さん

今回取り上げる書籍は『ミスしても評価が高い人は、何をしているのか?』(飯野謙次著)です。

失敗やミスに、「正しく対処」するだけで、あなたの評価がガラリと変わります。
「ミスや失敗が汚点となって、うだつが上がらない人」と「ミスや失敗を乗り越えて、メキメキ評価を上げていく人」には、明確な差があります。
「ミス・失敗」は、その扱い方を変えるだけで、あなたと職場の分析力・計画力・学習力・伝達力が上がります。
あなたの仕事の「スピード」×「質」×「評価」を最大化する失敗の活かし方についてご解説された書籍です。

 

飯野 謙次

1959年大阪生まれ。1984年、東京大学工学系修士卒業、同年アメリカゼネラル・エレクトリック原子力発電部門入社。
1992年スタンフォード大学機械工学・情報工学博士。2000年にサイドローズ社を設立して独立、ゼネラル・パートナーに就任(現職)。2002年に畑村洋太郎東京大学名誉教授とNPO法人失敗学会を設立、副会長に就任(現職)、その後事務局長兼務。
東京大学学術支援専門職員を経て特任研究員(現職)。
上智大学院、九州工業大学院、東京大学院で創造設計、関西大学院で学術英語を教えるほか、消費者庁で安全調査委員会臨時委員、製品事故情報専門調査会委員を兼務。
著書に「ミスしても評価が高い人は、何をしているのか?」、「思考停止する職場」、「仕事が速いのにミスしない人は何をしているのか?」など。

『ミスしても評価が高い人は、何をしているのか?』著者:飯野謙次さん(全1回)

受講生代表

  • 中田 有香

    中田 有香

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF