「自分をさらけ出して、失敗するのが怖い」その悩み、哲学者がすでに答えを出しています。 おためし受講中

【タイムライン】
生放送時のチャット投稿を閲覧でき、
臨場感はそのままで受講することができます

ここには授業中のやりとりが表示されます

【チャプター機能】
授業内容をピンポイントでおさえながら
ご自身のペースで進めることができます

チャプターは後日追加予定です。今しばらくお待ちください。

「自分をさらけ出して、失敗するのが怖い」その悩み、哲学者がすでに答えを出しています。

今回は「自分をさらけ出して、失敗するのが怖い」という悩みを取り上げます。

 

「みんな」や「普通」から外れ、一人になってしまうことが怖くて、手を挙げて自分の考えを言うことができない。 心から信じ、願っていることを打ち明ける勇気が出ない。

「多様性」が謳われている一方で、横並びの正解を求める「同調圧力」が強まる現代社会では、 一歩前に踏み出し、本当の自分をさらけ出す勇気を奮いづらくなっているのかもしれません。

 

この悩みに対し、先人たちはどう考えたのか? アリストテレスの「中庸(メソテース)」などを援用しながら、哲学的なアプローチで切り込みます。

 

▼参考図書

その悩み、哲学者がすでに答えを出しています   小林 昌平

 

ニコマコス倫理学  (光文社古典新訳文庫)   アリストテレス

その悩み、哲学者がすでに答えを出しています(全24回)

担当の先生

受講生代表

  • 未定

    未定

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF