「こっちを選んでいればと後悔してしまう」その悩み、哲学者がすでに答えを出しています。 おためし受講中

【タイムライン】
生放送時のチャット投稿を閲覧でき、
臨場感はそのままで受講することができます

ここには授業中のやりとりが表示されます

「こっちを選んでいればと後悔してしまう」その悩み、哲学者がすでに答えを出しています。

今回は「こっちを選んでいればと後悔してしまう」という悩みを取り上げます。

 

結婚、転職のようなライフイベントから今日のランチはどちらにしようかというものまで、人生は選択の連続。
そして、その選択を後になって「あの時、別の道を選んでいたら今頃はどうなっていたのだろうか」と、気にしてしまう。

 

このような悩みに対して、アメリカの認知心理学者であるカーネマンのプロスペクト理論や、コロンビア大学教授であるシーナ・アイエンガーの「選択の心理学」を援用して紐解いていきます。
 

 

▼参考図書

その悩み、哲学者がすでに答えを出しています   小林 昌平

 

ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) ダニエル・カーネマン

 

選択の科学 シーナ・アイエンガー
 

偶然のチカラ (集英社新書 412C) 植島 啓司

ローマ人の物語〈8〉ユリウス・カエサル ルビコン以前(上) (新潮文庫) 塩野 七生

その悩み、哲学者がすでに答えを出しています(全24回)

担当の先生

受講生代表

  • 花海 志帆

    花海 志帆

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF