遠隔でも意思疎通するための「チャットコミュニケーション」 おためし受講中

【タイムライン】
生放送時のチャット投稿を閲覧でき、
臨場感はそのままで受講することができます

ここには授業中のやりとりが表示されます

【チャプター機能】
授業内容をピンポイントでおさえながら
ご自身のペースで進めることができます

チャプターは後日追加予定です。今しばらくお待ちください。

遠隔でも意思疎通するための「チャットコミュニケーション」

「コロナと生きるためのノウハウリスト」、今回のテーマは、「チャットコミュニケーション」です。

 

リモートワーク推進をきっかけに、業務でチャットを使い始めた、これまでより多く活用している方も多いのではないでしょうか。

これまでの対面を中心とした働き方とは違い、対面する機会が減った状況下において、チャットコミュニケーションのあり方も変える必要があるかもしません。そこで本授業は国内で多くの企業に導入されているChatwokのプロダクトマネージャーでいらっしゃる宮下先生にお越しいただきチャットのコツを教えていただきます。

 

■登壇講師


宮下 竜大郎

Chatwork株式会社 プロダクトマネジメント室 プロダクトマネージャー

不動産情報会社で自然言語処理を使った研究をおこなう傍ら、プライベートでモバイルアプリケーション開発を始める。このときの経験から、Chatwork株式会社にモバイルアプリケーションエンジニアとして2013年に入社。2014年からはAndroidアプリケーション専任となり、DroidKaigiなどいくつかのイベントで登壇をおこなう。さらにプロダクトが提供する価値や事業に近い領域への興味から、2019年にプロダクトマネージャーに転身。社内初のエンジニアからのプロダクトマネージャーとして活動している。

受講生代表

  • 田原 彩香

    田原 彩香

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF