「許せない人がおり、その人の事が頭から離れない」その悩み、哲学者がすでに答えを出しています。 おためし受講中

【タイムライン】
生放送時のチャット投稿を閲覧でき、
臨場感はそのままで受講することができます

ここには授業中のやりとりが表示されます

「許せない人がおり、その人の事が頭から離れない」その悩み、哲学者がすでに答えを出しています。

今回は「許せない人がおり、その人の事が頭から離れない」という悩みを取り上げます。

 

とある出来事からどうしても許せない人がいた時、できるだけその人のことは考えたくはないもの。
しかし、許せない出来事だったからこそ、どうしてもその人のことが頭に付いて回るのも、また人間です。

 

別の事柄が頭の中を占めるようになり、自然と考えずに済むようになるのを待てばいいのでしょうか?
時が経つのを待つこと以外、手立ては無いのでしょうか?

 

このような悩みに対して、スピノザやフロイトの哲学を引用し、解決策を導いていきます。

 

本授業は、小林先生の著書『その悩み、哲学者がすでに答えを出しています(文響社)』より「嫌いな上司がいる。上司とうまくいない(P146)」の内容を元にしております。

 

 

▼参考図書

その悩み、哲学者がすでに答えを出しています   小林 昌平

その悩み、哲学者がすでに答えを出しています(全24回)

担当の先生

受講生代表

  • 花海 志帆

    花海 志帆

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF