1日を変える「早起きの技術」 おためし受講中

【タイムライン】
生放送時のチャット投稿を閲覧でき、
臨場感はそのままで受講することができます

ここには授業中のやりとりが表示されます

1日を変える「早起きの技術」

みなさんはこんな悩みがありませんか?
・朝、起きたらすぐ準備しないと間に合わない。凄く眠い
・布団から出たくない。朝起きる瞬間の苦痛から解放されたい
・あと、10分余裕があればと思うけどいつも同じ繰り返し
・会社に着くのも始業時間ギリギリで準備の時間が作れない

朝の時間を有意義に使いたいと思って早起きをしても3日坊主で終わってしまったり、前日の飲み会や予定が影響して翌朝起きれないなど様々な弊害があるかと思います。
それでもやはり、朝の時間を活用し自身の限られた1日の時間を充実したものにしたいですよね。

そこで今回は、習慣化コンサルタントで早起きセミナーでも人気の古川 武士先生をお招きし、改めて「早起き・朝活」のメリットについて教えていただきます。

先生は、早起きについてこうおしゃっています。

早起きを根性でやろうとするから大変なのです。
早起きは技術です。

根性や意思の力を使わずに自然に起きられるようになるためには、 「定石と挫折ポイント」を押さえておく必要があります。
早く起きている人は、この定石と挫折ポイントを上手に乗り越えています。
あなたも同じ生活リズムになれば自然と起きることができます。

 


今回の授業では、
・なぜ朝がいいのか?
・生活習慣の再設計
の2つのテーマについてお話しいただきます。


「会社の時間に起こされてスタートするか」、「早く起きて主導権を持ち、朝をスタートするか」で人生は大きく変わります。
一緒に、「早起きの技術」を身につけましょう!

 

 

■登壇講師

古川 武士 先生
習慣化コンサルティング株式会社代表取締役
米国NLP協会認定NLPマスタープラクティショナー。関西大学卒業後、日立製作所などを経て2006年に独立。3万人以上のビジネスパーソンの育成経験から「習慣化」が最も重要なテーマと考え、日本で唯一の習慣化をテーマにしたコンサルティング会社を設立。オリジナルの習慣化理論・技術を基に、個人向けコンサルティング、習慣化講座、企業の働き方改革のコンサルティングを行っている。また、2016年には中国で6000名規模の習慣化についての講演を行うなど、本格的に海外進出を始めている。 著書は21冊で95万部を越え、6割以上の本が海外(主に、中国・韓国・台湾)で翻訳されている。主な著書に、『30日で人生を変える「続ける」習慣』『新しい自分に生まれ変わる「やめる」習慣』(以上、日本実業出版社)、『人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術』(大和書房)、『力の抜きどころ』『「習慣化」ワークブック』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)などがある。
習慣化コンサルタント 

 

 

■今回の入門書

人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術』古川 武士・著(大和書房)

受講生代表

  • 田原 彩香

    田原 彩香

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF