不安や恐怖を感じたときに、なぜ人は何かにすがりたくなるのか おためし受講中

不安や恐怖を感じたときに、なぜ人は何かにすがりたくなるのか

【授業の目的】
人間にまつわる不思議にフォーカスし、改めて「なぜ」を問いかけることで、「問い立て力」「思考力」を育むことを目指します。その思考の手助けとして、アカデミックな知見をお持ちの先生にご登壇いただき、解説をしていただきます。

 

【本授業のテーマ】
この春はコロナウイルスの蔓延によって世界的混乱が起き、大きな不安・恐怖に脅かされました。ピークは過ぎ去ったとは言え、まだまだ不安を拭い去ることはできない状況が続きます。

人は不安な気持ちに苛まれたとき、例えば神様に祈りをささげるなど、何かにすがりたくなる傾向があります。その理由はなぜなのかを、宗教学の視点から学びながら、自分なりの考え・解釈を導き出していきましょう。

 

【学習ゴール】
不安や恐怖というものに対して、宗教が果たしてきた役割を抽象化し、普遍的な解や気づき得る。教養を深める。

受講生代表

  • 中田 有香

    中田 有香

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF