リモート下で、心理的安全性を担保し、チームの生産性を高める方法 おためし受講中

リモート下で、心理的安全性を担保し、チームの生産性を高める方法

今回のテーマは、「リモート下で、心理的安全性を担保し、チームの生産性を高める方法」です。


■授業の対象者
- 業務のオンライン化に伴い、チームのマネジメントの難しさを感じるマネージャークラスの方
- チームメンバーとして働く中で、コミュニケーションしづらさ、生産性の低下を感じる方

 

この数ヶ月、多くの方がリモートワークの効率性と同時に難しさを体感したのではないでしょうか。

対面からオンライン上でのコミュニケーションに移行したとき、これまで担保されていた心理的安全性が崩れ、もしくは隠れた不安が顕在化し、チームで働く難易度はぐっと高くなります。

オンラインの価値が浸透し、リアルとオンラインを融合した働き方が進行する中で、チームの理想の"在り方"は何か、いかにチームビルドするのか学びます。

出演する先生は、楽天大学の学長であり、チームビルドや働き方に関する著作多数、加えてJリーグチーム経営参画の経験を持つ仲山 進也さんです。

 

■出演講師

仲山 進也

仲山考材株式会社 代表取締役/楽天株式会社 楽天大学学長

慶應義塾大学法学部法律学科卒業。シャープ株式会社を経て、創業期(社員約20 名)の楽天株式会社に入社。2000年に楽天市場出店者の学び合いの場「楽天大学」を設立、人にフォーカスした本質的・普遍的な商売のフレームワークを伝えつつ、出店者コミュニティの醸成を手がける。2004 年には「ヴィッセル神戸」公式ネットショップを立ち上げ、ファンとの交流を促進するスタイルでグッズ売上げを倍増。2007年に楽天で唯一のフェロー風正社員(兼業自由・勤怠自由の正社員)となり、2008年には自らの会社である仲山考材株式会社を設立、オンラインコミュニティ型の学習プログラムを提供する。2016〜2017年にかけて「横浜F・マリノス」とプロ契約、コーチ向け・ジュニアユース向けの育成プログラムを実施。20年にわたって数万社の中小・ベンチャー企業を見続け支援しながら、消耗戦に陥らない経営、共創マーケティング、指示命令のない自律自走型の組織文化・チームづくり、長続きするコミュニティづくり、人が育ちやすい環境のつくり方、夢中で仕事を遊ぶような働き方を探求している。「子どもが憧れる、夢中で仕事する大人」を増やすことがミッション。「仕事を遊ぼう」がモットー。

 

著書に、『今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則「ジャイアントキリング」の流儀』(講談社)、『サッカーとビジネスのプロが明かす育成の本質』(徳間書店)、『組織にいながら、自由に働く。』(日本能率協会マネジメントセンター)、『まんがでわかるECビジネス』(小学館)、『あの会社はなぜ「違い」を生み出し続けられるのか』(宣伝会議)、『あのお店はなぜ消耗戦を抜け出せたのか ネット時代の老舗に学ぶ「戦わないマーケティング」』(宣伝会議)、『「ビジネス頭」の磨き方』(サンマーク出版)
編著 『楽天市場公式 ネットショップの教科書』(インプレスR&D)

受講生代表

  • 田原 彩香

    田原 彩香

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF