リアルとデジタルが融合する時代、顧客体験はどう変わるか(出演者:藤井 保文) おためし受講中

【タイムライン】
生放送時のチャット投稿を閲覧でき、
臨場感はそのままで受講することができます

ここには授業中のやりとりが表示されます

リアルとデジタルが融合する時代、顧客体験はどう変わるか(出演者:藤井 保文)

■今週のGAP

「リアルとデジタルが融合する時代、顧客体験はどう変わるか」

GAP1:リアルとデジタルが融合した状態とは?生活はどう変わる?
GAP2:中国と日本における顧客体験価値提供の成功事例とは?
GAP3:日本でDXを推進していくとき、どのようなマインドセットが必要か?

 

私たちの生活において、もはやデジタルに接続していない状態はないにも関わらず、まだまだ日本においてはリアルとデジタルを分けて考えがちです。しかし、デジタル先進国と言われる国々では、リアルとデジタルを分け隔てることなくサービス設計やマーケティング施策を当然のように行っています。デジタルとリアルが融合しているというマインドセットが必要であり、それに応じた体験設計をより強く意識していくことがこれからの事業やサービス設計の基本となっていくでしょう。

担当する先生は、UXデザインコンサルティングを行っている株式会社ビービットにて、東アジア営業責任者を務められている藤井保文先生です。

国内外のOMO(online marges with offline)事例を踏まえて、藤井先生にこれから必要になってくる顧客体験設計におけるマインドセットを教えていただきます。

 

※テーマは変更となる場合がございます、あらかじめご了承くださいませ。

 

■出演者

藤井 保文/株式会社ビービット 東アジア営業責任者

東京大学大学院 情報学環・学際情報学府修士課程修了。2011年ビービットに入社、2017年から上海支社に勤務。2019年3月に「アフターデジタル−オフラインのない時代に生き残る」を出版し、世耕元経済産業大臣をはじめ各界著名人からの推薦を頂いている。続編となる「アフターデジタル2−UXと自由」を2020年7月29日に発売し、シリーズ累計11.1万部を突破しベストセラーとなっている。

Bridge the GAP -あなたのギャップを埋めるビジネス・テクノロジー番組-(全38回)

受講生代表

  • 田原 彩香

    田原 彩香

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF