「”いい人”であることに疲れている」その悩み、哲学者がすでに答えを出しています。 おためし受講中

【タイムライン】
生放送時のチャット投稿を閲覧でき、
臨場感はそのままで受講することができます

ここには授業中のやりとりが表示されます

「”いい人”であることに疲れている」その悩み、哲学者がすでに答えを出しています。

今回は「”いい人”であることに疲れている」という悩みを取り上げます。

誰かに嫌な思いをさせたくない、傷つけたくない、元気づけてあげたい。そんな思いから、「いい人を演じ続けること」が常態化し、その仮面を付け続けることに疲れてしまってはいないでしょうか?
また、新型コロナウィルスの影響によりオンラインでのコミュニケーションが盛んとなった現在、他人との関係性が固定化し、”いい人の仮面”が一層脱ぎづらい状況になっているようにも見えます。

この悩みに対し、2020年2月に『「自分は何者にもなれないのでは」その悩み、哲学者がすでに答えを出しています。』回でも扱った「であること」と「すること」という丸山真男の理論を再び援用し、考察します。

 

▼参考図書

その悩み、哲学者がすでに答えを出しています   小林 昌平  

 

日本の思想 (岩波新書)   丸山 真男

その悩み、哲学者がすでに答えを出しています(全24回)

受講生代表

  • 花海 志帆

    花海 志帆

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF