どんな状況においても「自分」であり続けるための言語習慣 おためし受講中

【タイムライン】
生放送時のチャット投稿を閲覧でき、
臨場感はそのままで受講することができます

ここには授業中のやりとりが表示されます

【チャプター機能】
授業内容をピンポイントでおさえながら
ご自身のペースで進めることができます

チャプターは後日追加予定です。今しばらくお待ちください。

どんな状況においても「自分」であり続けるための言語習慣

第5回目となる本授業では、『どんな状況においても「自分」であり続けるための言語習慣』と題し、
・脳は入ってきた言葉を信じる
・自分の「ごきげん」をとる言葉を考えてみよう
・「言い訳リスト」を作ってみよう
といった「言語習慣」について吉井先生に教えていただきます。

受講生代表

  • 花海 志帆

    花海 志帆

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF