『ひらめきはスキルである』を著者が解説 おためし受講中

【タイムライン】
生放送時のチャット投稿を閲覧でき、
臨場感はそのままで受講することができます

ここには授業中のやりとりが表示されます

『ひらめきはスキルである』を著者が解説

今回取り上げる書籍は『ひらめきはスキルである』(瀬田崇仁著 総合法令出版)です。


【書籍紹介】

「アイデアの降臨待ち」はもういらない

ひらめきは、ただのスキルです。
限られた人にしか生み出せないような、特別なものではありません。やり方を覚えれば、どんな人でもひらめくようになります。
本書では、まず日常的な習慣を見直し、正しいインプットをご紹介します。そうして集めたひらめきの素材を整理し、組み合わせることでひらめきを得ます。
一つひとつのノウハウは、誰でもできる、簡単な方法です。苦しいことはありません。好きなことや趣味に熱中するだけでも、人生を変えるひらめきの思考が身に付きます。
「何を学べばいいのかわからない時代」に、一生使えるスキルを身につけましょう。

目次
第1章 学びを結果に変える、読書法
第2章 うまくいっている人・モノから吸収する
第3章 「ひらめきの素材」を増やす思考法
第4章 「顧客体験」で、ひらめきトレーニング
第5章 常識を疑う・ゼロからイチを作る
第6章 「思考のデータベース」を作るメモ術 
第7章 ひらめきを活かす、仕事術

 

瀬田 崇仁

頭の使い方コンサルタント


日本でトップレベルの教育コンサルティング会社に、数百倍の倍率をくぐり抜け就職したものの、同期でビリからスタート。
ある時、ひらめきを活かして立ち上げた個人部署が大躍進したことで、オーナー経営者に目を止められる。
社長づきのカバン持ちをしながら、経営やコンサルティングに対しての薫陶を、早朝から深夜まで受ける年数を経ながら、社史に残るレベルの仕事をいくつも経験する。
実家の経済状況が思わしくないことがきっかけとなり、独立起業の道を選ぶ。
「頭の使い方」に焦点をあてた教育サービス・コンサルティング事業は、口コミでまたたく間に広がり、名刺1枚すら作ることなく、各業界の日本一の個人や大企業からも依頼が入るようになる。
現在、講演・セミナーには、日本全国だけでなく北米、南米、中国、ヨーロッパなど幅広く参加者が集い、
「他では、聞いたことがない」
「今までの常識と正反対」
好評のオリジナルな読書法・ノート術・プレゼン技術・ビジネス理論を開発することに喜びを感じて、活動中。


瀬田崇仁・公式サイト https://inspirancer.world/

 

『ひらめきはスキルである』著者:瀬田崇仁さん(全1回)

受講生代表

  • 中田 有香

    中田 有香

    スクー放送部

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF