おためし受講中

アイデアを苦しまずに出す方法

「アイデアはテキトーがいい。まずダメなアイデアから出す」。これが、アイデアマンになるために最も重要なことです。

すべての人は、何かしらの問題を抱えています。仕事の課題、会社でのツラさ、生活の悩みなど。それらすべての問題を解決するのは、アイデアです。アイデアをどんどん出せるようになれば、すべての悩みや苦しみ、問題の解決法が見えてきます。

大抵の人は、いいアイデアを出そうとして苦しみ、何も思いつかない自分が嫌になり、アイデアを考えることをやめてしまいます。そうならないために、「いいアイデアを出すことは苦しまなくても誰にでもできる!」ということをお伝えしたいと思います。

この授業ではまず、私が提唱している「アイデアしりとり」というアイデア発想法を中心に、ラクに楽しくアイデアを出す方法を、実際にワークをやっていただきながら、お教えしたいと思います。そして、いいアイデアと悪いアイデアの選別の仕方、会社などで自分のアイデアを通して形にする秘訣などをお教えいたします。

多くの方に、アイデアを考えることが大好きになっていただき、問題解決力を身につけて頂けたらと思います。

アイデアを苦しまずに出す方法(全1回)

【ノート機能】
授業内容や覚えておきたいポイントなど、ノートに自由に残せます

再生位置挿入 資料挿入
筆記アシスト
ONOFF
    【チャプター機能】
    授業内容をピンポイントでおさえながら
    ご自身のペースで進めることができます
    【前半】授業
    アイデアとは何か
    03:32  (00:15 ~ )
    「アイデア発想の三大原則」とアイデア発想法
    08:13  (03:47 ~ )
    高橋式アイデア発想法「アイデアしりとり」
    01:33  (12:00 ~ )
    【実演】アイデアしりとり 問題:深夜番組の企画1
    08:48  (13:33 ~ )
    【実演】全員で実践 問題:儲かるイベントのアイデアを考える
    07:39  (22:21 ~ )
    なぜ、ダメなアイデアから出すのか
    03:26  (30:00 ~ )
    量をたくさん出した後、どのようにアイデアを選ぶか
    04:47  (33:26 ~ )
    会社や上司に負けない、アイデアの通し方
    02:06  (38:13 ~ )
    むげんアイデアつくり方 まとめ
    02:44  (40:19 ~ )
    【後半】質疑応答
    Q:アイデアを出す前に本質を外さないために工夫されていることは何ですか?
    01:18  (43:03 ~ )
    Q:上司の口から言わせるときに、自分の評価が下がることはありませんか?
    01:29  (44:21 ~ )
    Q:アイデアを企画書にしていくときに最初のページに何を書きますか?
    01:20  (45:50 ~ )
    Q:会議の場で「くだらないアイデアで良い」というのを他のメンバーにどのように伝えますか?
    02:42  (47:10 ~ )
    Q:これまでこの方法で実現したものはどのような商品がありますか?
    02:32  (49:52 ~ )
    Q:会議の場で「この場でアイデアを出せ」と言われたら瞬時にどのようにしますか?
    02:17  (52:24 ~ )
    Q:アイデアしりとりが出るまでの経緯を教えてください
    02:49  (54:41 ~ )
    Q:多くのアイデアから絞り込んでいくテクニックを教えてください
    02:19  (57:30 ~ )
    Q:アイデアの「拡散」ってなんですか?
      (59:49 ~ )
    レポート課題発表
      (45:08 ~ )