LIVE
ON AIR

19:00 - 20:00

言語・文法の違いから考える英語プレゼンテーションのコツ 生放送中

#01

株式会社パソナテック様|スクービジネスプラン導入事例

時間と場所にとらわれない人材育成を「スクー」が実現 ワーカーも積極的に活用

IT・ものづくりエンジニアのキャリアを支援する株式会社パソナテック。
機械・電気・電子分野の大手優良企業やWeb業界など急成長する新領域の企業と、人をつないでいる。同社のクラウドソーシングサービスに登録するワーカーの数は約8万人にのぼり、彼らの育成にも余念がない。その人にあった教育プログラムを提供し、同時にさまざまな形態のキャリアパスを提案。エンジニアと企業、両者にとっての最適なマッチングを実現する。

株式会社パソナテック(以下、パソナテック)では、2015年からスクーの「ビジネスプラン」の導入を開始。法人アカウントを運用しており、パソナテックに登録するワーカーにこれを付与することで、人材育成に役立てている。今回、スクーの「ビジネスプラン」の導入を決めた同社の寺岡幸二さんと、実際にスクーのサービスを利用するワーカーの熊谷祐さんに話を聞いた。

オンライン学習で人材育成 スクーには安心感があった

寺岡 幸二氏
株式会社パソナテック Webソリューション事業部マネージャー。サイト登録のマーケティングを担当した後、現在はクラウドソーシングサービスの推進やグロースハッカーの育成をプランニング。新規事業推進を一手に担当する。

スクー導入を決めた経緯について教えてください。

寺岡さん 弊社では、企業とワーカーをただマッチングするのではなく、しっかりと人材育成まで取り組んでいます。そうしたなかで、ワーカー向けに勉強会などを頻繁に開催しているのですが、時間や場所に制限があるため課題を感じていました。そこでその課題を解決する方法がないかと思い、探していくうちに出会ったのがスクーでした。「オンライン」であるため、いつでもどこでも受講できることが魅力的だと思いました。

実際にスクーの「ビジネスプラン」を導入されて、良かった点はありますか?

寺岡さん まず、タイムライン上で双方向のやり取りやコミュニケーションができる、というのがスクーの良かった点ですね。これはかなり役に立っていて、メリットに感じています。たとえば、利用者や講師とのキャッチボールができる「なるほどボタン」(※) の機能はすばらしいですね。この機能があることで、ほかの利用者が理解を深めた場所を確認できます。

一方、動画で、双方向……となると、よくある話が「荒らし」の存在。しかし、驚いたことに、スクーではそういった行為を見かけたことはほとんどありません。それだけ利用者の方々が学びに対してまじめに取り組んでいるからではないかと思いました。

同時に、「オンライン学習といえばスクー」と多くの方に知られているので、安心感があります。「学びのプラットフォーム」というブランドが確立されている。つまり、きちんと学びたい人が集まっているという印象です。

(※)生放送の授業中、内容が理解できたら「なるほどボタン」を押して先生に理解度を伝えることができる。 (タイムラインに「なるほど!」という投稿が表示され、受講生全員に共有できる)

今後はどのようにスクーのコンテンツを活用される予定ですか?

寺岡さん 導入して数ヶ月がたちますが、ワーカーの皆さんたちも積極的に授業を視聴し、スキルアップに役立ててくれていますね。さらに、われわれにとって、ワーカーの皆さんのキャリアアップのため、十分な「育成」環境を整えることは大事なことだと考えています。その意味でコンテンツの数も充実していて、機能的にも配慮があるスクーは、大いに活用できることがわかりました。今後はさらにワーカーさんへの周知を徹底し、多くの人に学びのツールとして活用してもらいたいと考えていて、アカウントの増加も検討しています。

オンラインの動画学習は 圧倒的に効率がいい

熊谷 祐氏
早稲田大学卒業。在学時、同大学のインキュベーションセンターにてIT会社を起業。現在も新たなサービス立ち上げを準備中。パソナテックの登録ワーカーで、グロースハッカーとして活躍している。着物が普段着。

次に、熊谷さんにお聞きします。スクーのサービスを実際に使ってみた感想は?

熊谷さん まず受講したのは、カイゼンプラットフォームの「グロースハッカー講座」でした。授業の構成がすごく良く、事例なども紹介してくれたのが印象に残っています。スクーで学んだことを、実際の仕事にもつなげることができ、学びの効果を感じています。

他の授業も時間を見つけて定期的に利用するようにしています。最近よく見ているのがデザイナーのイシジマ ミキ先生の授業です。スクーで出会えてなければ、デザインの勉強をすることもなかったと思います。

その意味では、新しい一歩が踏み出しやすいサービス。少しでも「学びたい」と思ったらとにかくスクーの検索機能で検索します。そうすると、ぴったりの講座がすぐに見つかるというわけです。このように、最初のとっかかりとして自分の興味関心のあるものを受講できるのはとてもいいですね。

スクーを利用していて学習に役立った点は?

熊谷さん コンテンツをチャプター別に見ることができるので、復習するのにとても便利ですね。また、動画は圧倒的に効率がよく、メリットを感じます。動画は情報量が多いので、テキストだけで勉強するよりもわかりやすいです。余計な説明も必要ありませんし、その分、イメージもつかみやすいと思います。

また、授業の中ではよく事例解説があります。これが本当にわかりやすい。授業の構成もばっちりだし、データなども資料に上手く取り入れられている設計になっているという印象です。

それから、利用していると実感するのが、ほかの受講者が質問している内容が役に立つということ。録画授業の受講中にぼんやりと考えたことがすでに生放送時に他の学生が質問していて、かつ先生が回答していることが多いので学習効果も上がります。オンラインで一人で勉強しているにも関わらず、一人じゃないといった感覚も新鮮ですね。

お客様のご要望に合わせて、最適なコンテンツのご紹介や、カリキュラムの制作などを行っています。
サービスをお試しいただけるデモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:30〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ

生放送授業への参加は無料です
Schooの会員登録および生放送授業への参加は無料です。生放送授業では先生に質問したり他のユーザーと一緒に楽しく学ぶことができます。
×