公開日:2021/09/10
更新日:2022/09/21

キャリア開発に取り組むメリットや具体的な方法を企業事例とともに解説

キャリア開発に取り組むメリットや具体的な方法を企業事例とともに解説 | オンライン研修・人材育成 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

キャリア開発を通して、社員一人ひとりの能力やスキルを中長期的に計画することは、人手不足が続く中、企業が成長を続けるために重要な課題であると言えます。本記事では、キャリア開発に取り組むメリットや具体的な方法を、企業事例とともに解説します。

 

01キャリア開発とは?類義語との違い

この章では、キャリア開発の意味や類義語との違い、なぜ注目を集めているのかについて紹介します。

キャリア開発とは社員がキャリアを築くために支援すること

キャリア開発とは、社員がキャリアを築くために、中長期的な計画を立てて支援することです。「キャリア」とはもともと「車道」「足跡」を意味する言葉ですが、ビジネスの世界で「就職」「出世」「経歴」という意味合いで用いられるようになりました。 企業側も、社員一人ひとりが職業能力を継続的に磨いて自身のキャリアを築くために、教育研修や社内異動などの施策を通してキャリア開発に取り組んでいます。

キャリア開発の類義語と意味

キャリア開発の類義語に「キャリアアップ」「キャリアパス」「キャリアデザイン」などがありますが、ここではこれらの意味を説明します。

キャリアアップ

キャリアアップとは、社員自身が自らのスキルを磨いて、職歴を高めることを意味します。マネジメントに携わるなど難易度の高い業務を経験したり、社内で昇格や昇進をしたりすることがキャリアアップに含まれます。また、転職や独立により年収を上げることも、キャリアアップに該当します。

キャリアパス

キャリアパスとは、キャリアパスの道筋のことです。企業内の職位や職務に就くために、どのような業務経験やスキルが必要になるのか、基準や条件が明確化されることを指します。キャリアパスは、基本的に企業側が社員に対し提示し、社員が目標に向かって意欲的に取り組むことができるよう促します。

キャリアデザイン

キャリアデザインとは、キャリアを仕事だけに限定せず、自分のなりたい姿や目標などを主体的に設計して実現していくことです。これには、結婚やワークライフバランスの実現なども含まれます。

キャリア開発が注目される背景

キャリア開発が注目される背景には、終身雇用や年功序列の制度の崩壊が挙げられます。かつては、同じ会社で昇進して定年まで働くのが一般的でしたが、グローバル化による企業間の激しい競争で、多くの企業が倒産や解雇の危機を避けられない状態になっています。また、IT技術の発展により、社員が必要とするスキルは多様化しています。 そこで、企業側は社員を一律で育成するのではなく、個別に能力開発をする流れに変わってきています。そして、社員の希望も考慮に入れた研修や社内異動などにより、社員のキャリア支援に注力することが各企業の課題となっています。

 

02キャリア開発に取り組むことの効果やメリット

ここでは、企業としてキャリア開発に取り組み、社員一人ひとりを支援することの効果やメリットを大きく3つに分けて解説します。

自律した人材の育成による組織の活性化

キャリア開発への取り組みは、自律した人材の育成による組織の活性化に繋がると考えられます。自律した人材とは、指示を待つのではなく、自ら考えて能動的に行動できる人材を指します。 特に意識をせずに自動的に昇進していくシステムはすでに崩壊しており、社員一人ひとりが自身のキャリアについて考える必要があります。そこで、企業としてもキャリア開発で社員の能力を開花させ、自ら気づいて行動できるメンバーで成る活気のあるチーム作りに繋げることができるでしょう。

生産性や業績向上による企業の成長

キャリア開発に注力して社員を支援すると、社員は企業に大切にされていると感じることでしょう。そして、自律した人材が高いモチベーションで業務に取り組むと、生産性が向上することが期待できます。 また、キャリア開発のプロセスで社員の強みを引き出し、適材適所の人材配置が可能になるでしょう。社員が積極的にさまざまな工夫やアイディアを出し合うことで、業務効率化や新事業の開発にも繋がり、業績向上による企業の成長に発展することも考えられます。

優秀な人材の獲得と定着率の向上

キャリア開発への取り組みは、社内外へのアピールにも繋がり、採用活動を有利に進めることにも繋がるでしょう。その結果、優秀な人材の獲得と定着率の向上が期待できます。就職活動で企業選びをする際に、キャリア支援への取り組みがポイントとなり、応募をする人材も少なくありません。また、既存社員のエンゲージメントも向上し、早期離職の防止に繋がると考えられます。

 

03キャリア開発のデメリット

キャリア開発にデメリットがないかというと、そうではありません。社員のモチベーション低下や離職に繋がる可能性もあります。

社員のモチベーション低下

企業が率先して社員のキャリア開発に取り組むことは賞賛されるべきです。しかし、企業視点でのキャリア開発は社員のモチベーション低下にも繋がる危険性があります。企業として求めている人材像を押し付ける形では、終身雇用を前提とした人材育成と大差がなくなり、社員の熱量は上がりません。企業目線のキャリア開発は、「会社がまた何か言っている」・「忙しいのに研修を受けさせられている」といった負の感情を先行させ、社員のモチベーションを下げてしまうのです。

離職率の向上

優秀な社員ほど自身のキャリアプランを明確にしているものです。そのため、企業からキャリア・価値観を押し付けられると、自分はこの会社の方針に沿っていないと感じ、別の企業への転職を検討する結果にも繋ってしまいます。若手の早期離職に困っているという声は、社員それぞれが目指しているキャリアプランと、企業が求めているキャリアプランの相違によるものが多いのです。

 

04キャリア開発に取り組む際のポイント

キャリア開発への間違った取り組み方は、社員のモチベーションを低下させ、離職の原因となるリスクもあるため、注意が必要です。ここでは、キャリア開発に取り組む際の3つのポイントを解説します。

社員主体であることを認識する

キャリア開発に取り組む際に、研修制度の導入は能力開発の仕組みを整備するのは企業側ですが、あくまでも社員主体であることを認識する必要があります。企業が社員に望むスキルのみに焦点を合わせて研修制度を導入しても、社員は受け身の姿勢で参加することになると考えられます。そこで、社員が能動的に取り組むことのできる体制を整える必要があるでしょう。

社員の志向に応じたサポートをする

社員の属性や志向に応じたサポートをすることも重要なポイントです。例えば、新入社員とベテラン社員では、必要とするスキルや経験が異なり、企業が考えた一方的で一律の育成計画では、無駄な時間と労力がつぎ込まれることになるでしょう。そこで、社員一人ひとりの属性や役職、志向に合わせてキャリア開発を進めていく必要があります。

社員がキャリア相談をしやすい場を設ける

明確なキャリアを思い描いている社員だけでなく、キャリアに関する悩みを抱えている社員もいることを考慮に入れて、相談しやすい場を設けるようにしましょう。具体的には、キャリア相談ができる窓口を設置して、社員が利用しやすい環境を用意します。専門のキャリアコンサルタントを配置すれば、キャリアに不安を抱く社員も相談しやすくなると考えられます。

 

05キャリア開発の具体的な方法

ここでは、キャリア開発の具体的な方法を5つ紹介します。

キャリア研修の実施

社員が自身のキャリアと向き合うきっかけ作りとして、キャリア研修を実施することができるでしょう。自身の強みや課題に気づくなら、数年後の理想とする自分をイメージする際に役立ち、目標設定を行う助けになることでしょう。キャリアに関する研修と併せて、さまざまな知識やスキルを学べるテーマ別の研修を実施することもできます。

キャリア面談の実施

キャリアについて話し合いができるキャリア面談を実施することも大切です。社員の悩みや不安を解決して、前向きにキャリアについて考える機会を与えることになります。上司やキャリアコンサルタントを通して実施されるキャリア面談により、企業側はキャリア開発への取り組み方やの直しや改善に繋げることもできるでしょう。

キャリアパスの提示

社員の望むキャリアについて確認したら、企業側はキャリアパスの提示をすることも大切です。社員は、所属する部署やその周辺のみの狭い範囲で自分の可能性を見ている場合があります。そこで、企業側がさまざまなキャリアプランを用意していることを伝えるなら、自身の可能性に気づき、必要とされるスキルや知識を取り入れることに積極的になると期待できます。

異動や配置に関する柔軟な制度の導入

人事異動や配置換えも、キャリア開発の方法と考えることができます。社員が自ら希望を申告する「自己申告制」、増員が必要とされる部署を公開して応募を促進する「社内公募制」、社員が自身の経験やスキルをアピールする「社内FA制」など、柔軟な制度の導入を検討できるかもしれません。

副業や兼業の推進

副業や兼業を推進して、本業以外の仕事にチャレンジするための支援を行う企業も増加傾向にあります。キャリアの多様性が本業に役立つケースもあり、キャリア開発のひとつの方法として効果を上げています。また、テレワークの導入により、子育てや介護と両立してキャリアを築けるよう支援することもできるでしょう。

 

06キャリア開発に取り組む企業事例

Schoo for Businessを導入いただいている企業の中から、キャリア開発に取り組んでいる企業の事例を紹介いたします。

サントリーホールディングス

日本を代表する飲料メーカーのサントリーは、2010年から「キャリアサポート室」を設立してキャリアを考える機会づくりをするなど、様々な育成の仕組みづくりを行なっています。例えば、選抜層の社員に対して外部の優秀層との交流の場を設けており、とても刺激になったという声や今後のキャリア観が変わったり、自己啓発になったという声が参加者から上がっています。また、それ以外の人たちにも学びの選択肢を広げるための機会提供をしていくために、自社内の学びのプラットフォーム活用や、Schooの導入で学びのきっかけを提供する取り組みを実施しています。

▼サントリーの取り組みに関して詳しく知りたい方はこちら▼
【関連記事】サントリーホールディングスのSchoo活用事例

KDDI

KDDIは昨年7月に、新型コロナウイルス感染症の拡大をきっかけとしたニューノーマル (新常態) 時代において、社員一人ひとりが時間や場所にとらわれず成果を出す働き方を実現することを軸とする「KDDI新働き方宣言」を策定しました。そのため、社員がこれまで以上に「自律的に学んでいく」習慣を付けていかなければいけないという課題意識があり、オンラインで好きな時間に好きな内容を学ぶことのできるSchooを導入して、社員のキャリア開発をサポートしています。

▼KDDIの取り組みに関して詳しく知りたい方はこちら▼
【関連記事】KDDIのSchoo活用事例

 

研修をしてもその場限り」「社員が受け身で学ばない」を解決!
研修と自己啓発で学び続ける組織を作るスクーの資料をダウンロードする


■資料内容抜粋
・大人たちが学び続ける「Schoo for Business」とは?
・研修への活用方法
・自己啓発への活用方法 など


Schoo_banner
 

07個々の社員に最適なキャリア開発を支援するSchoo for Business

Schoo for Businessでは、6,500本を超える数の幅広いジャンルの授業をご用意しております。様々なスキルやノウハウを、オンラインで学ぶことができ、各業界で働くトップランナーの方々が講師として登壇し、専門的かつ実践的なスキルを学ぶことができます。また、マインドセットや学び方といったキャリア開発の根幹を担う授業も豊富に揃っているため、まだ自分で自分のキャリアを切り開くという意識のない方に対して、きっかけを与えることができるのも特徴です。

キャリア開発に関するSchooの授業を紹介

データで考えるキャリアデザイン

「キャリアの選択肢を広げたい、もしくは維持し続けたい」「キャリアについて考えたいが何から手をつければいいのかわからない」と考えている方に向け、オープンになっている様々なデータを活用しながらキャリアをデザインする方法や考え方を学ぶコースです。全5回にわたって、自主的にキャリアデザインを描いていく上で必要な「①自分を知る」「②市場を知る」「③プロセスを知る」という視点で、キャリアデザインに関する知識を学ぶことができます。

データで考えるキャリアデザイン

  • ワンキャリア 経営企画部 Evangelist

    1988年兵庫県生まれ。京都大学工学部卒業。就職活動中にリーマンショックを経験。メガバンクで企業再生やM&A関連の業務に従事したあと、IT広告、組織人事のコンサルティングなどの経験を経てワンキャリアに入社。現在は仕事選びの透明化と採用のDXを推進。「ONE CAREER PLUS」リリース後、キャリアの地図をつくるプロジェクトを推進。専門はパブリック・リレーションズ。

幸せに生きるための最新キャリア術

「目まぐるしく変化する現代に不安を抱えている、終身雇用崩壊と言われるがどのようにアクションを起こせばよいかわからない…など、キャリアに不安を抱えている方は多いのではないでしょうか。この授業では、プロティアンキャリアの第一人者である法政大学教授のタナケン先生こと、田中研之輔さんをお迎えし、受講生のみなさんひとりひとりが幸せにキャリアを切り開いていくためのヒントを学ぶことができます。

幸せに生きるための最新キャリア術

  • 博士(社会学) 法政大学キャリアデザイン学部 准教授

    一橋大学大学院(社会学)を経て、メルボルン大学・カリフォルニア大学バークレー校で、4年間客員研究員をつとめ、2008年3月末に帰国。2008年4月より現職。教育・研究活動の傍ら、グローバル人材育成・グローバルインターンシップの開発等の事業も手がける。ソフトバンクアカデミアにも外部一期生として在籍。一般社団法人 日本国際人材育成協会 特任理事。Global Career人材育成組織TTC代表アカデミックトレーナー兼ソーシャルメディアディレクター。 著書―『先生は教えてくれない大学のトリセツ』(筑摩書房)『走らないトヨタ―ネッツ南国の組織エスノグラフィー』(法律文化社)『都市に刻む軌跡―スケートボーダーのエスノグラフィー』(新曜社)『丼家の経営―24時間営業の組織エスノグラフィー』(法律文化社) 訳書—『ボディ&ソウル―ある社会学者のボクシング・エスノグラフィー』(新曜社)『ストリートのコード―インナーシティの作法/暴力/まっとうな生き方』(ハーベスト社) 近刊—『覚醒せよ、わが身体—トライアスリートのエスノグラフィー』(ハーベスト社)『ルポ 不法移民—アメリカ国境を越えた男たち』(岩波新書)他多数

「組織のネコ」という働き方

組織に属していますがしっかり自分の意思を思っているので、上司の言われたことを言われたとおりそのまま引き受けるかは気分次第。自分の信念を持って会社に貢献できるように動ける「ネコ」という働き方はこれからの時代の新しい働き方の選択肢になるのではないでしょうか。この授業では、今の自分の働き方にモヤモヤしていたり違和感を感じている方に向けて、もしかしたら組織の「ネコ」という働き方が自分に忠実に自由に働ける仕事の進め方のヒントになるのでは...というポイントを凝縮してお伝えします。

「組織のネコ」という働き方

  • 楽天グループ株式会社 楽天大学学長

    慶應義塾大学法学部法律学科卒業。シャープ株式会社を経て、創業期(社員約20 名)の楽天株式会社に入社。2000年に楽天市場出店者の学び合いの場「楽天大学」を設立、人にフォーカスした本質的・普遍的な商売のフレームワークを伝えつつ、出店者コミュニティの醸成を手がける。2004 年には「ヴィッセル神戸」公式ネットショップを立ち上げ、ファンとの交流を促進するスタイルでグッズ売上げを倍増。2007年に楽天で唯一のフェロー風正社員(兼業自由・勤怠自由の正社員)となり、2008年には自らの会社である仲山考材株式会社を設立、オンラインコミュニティ型の学習プログラムを提供する。2016〜2017年にかけて「横浜F・マリノス」とプロ契約、コーチ向け・ジュニアユース向けの育成プログラムを実施。20年にわたって数万社の中小・ベンチャー企業を見続け支援しながら、消耗戦に陥らない経営、共創マーケティング、指示命令のない自律自走型の組織文化・チームづくり、長続きするコミュニティづくり、人が育ちやすい環境のつくり方、夢中で仕事を遊ぶような働き方を探求している。「子どもが憧れる、夢中で仕事する大人」を増やすことがミッション。「仕事を遊ぼう」がモットー。 著書に、『今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則「ジャイアントキリング」の流儀』(講談社)、『サッカーとビジネスのプロが明かす育成の本質』(徳間書店)、『組織にいながら、自由に働く。』(日本能率協会マネジメントセンター)、『まんがでわかるECビジネス』(小学館)、『あの会社はなぜ「違い」を生み出し続けられるのか』(宣伝会議)、『あのお店はなぜ消耗戦を抜け出せたのか ネット時代の老舗に学ぶ「戦わないマーケティング」』(宣伝会議)、『「ビジネス頭」の磨き方』(サンマーク出版) 編著 『楽天市場公式 ネットショップの教科書』(インプレスR&D)

Schooビジネスプランの資料を請求する

 

08まとめ

企業としてキャリア開発に取り組むメリットや具体的な方法について、企業事例とともにまとめました。自律した人材の育成は、変化の激しい現代社会にあって、企業が成長するために重要な課題となっています。今一度、自社のキャリア開発プランを見直して、継続的な取り組みを行っていくことが大切だと言えるでしょう。

【無料】人的資本を最大化するキャリアオーナーシップ型組織のつくり方|ウェビナー見逃し配信中

人的資本を最大化するキャリアオーナーシップ型組織のつくり方
 

自律的な組織を作るうえで重要なキャリアオーナーシップについてのウェビナーアーカイブです。社員のキャリア形成について悩んでいる方、社員の自律性の低さに課題を感じる方、人的資本を最大化するためのキャリアオーナーシップ型組織の作り方をお話します。

  • 登壇者:田中 研之輔 様
    法政大学キャリアデザイン学部 教授

    一橋大学大学院(社会学)を経て、メルボルン大学・カリフォルニア大学バークレー校で、4年間客員研究員をつとめ、2008年3月末に帰国。2008年4月より現職。教育・研究活動の傍ら、グローバル人材育成・グローバルインターンシップの開発等の事業も手がける。一般社団法人 日本国際人材育成協会 特任理事。Global Career人材育成組織TTC代表アカデミックトレーナー兼ソーシャルメディアディレクター。 著書―『先生は教えてくれない大学のトリセツ』(筑摩書房)『走らないトヨタ―ネッツ南国の組織エスノグラフィー』(法律文化社)『都市に刻む軌跡―スケートボーダーのエスノグラフィー』(新曜社)他多数

アーカイブを無料視聴する

  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ