eラーニングとは?そのメリットや研修における活用ポイントを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
eラーニングとは?そのメリットや研修における活用ポイントを解説 | オンライン社員研修・eラーニング研修 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

 eラーニングを用いた動画学習サービスは、社員研修の一環として多くの企業で取り入れられています。この記事ではeラーニングの基礎知識のほか、メリット・デメリットや活用のポイントなどをご紹介していきます。eラーニングの基礎的な情報を知りたい方や、企業研修に動画学習サービスの導入を検討している方はぜひお役立てください。

<目次>
1.eラーニングとは?
eラーニングの仕組み
eラーニングの種類
eラーニングが普及した背景
2.eラーニングのメリットとデメリット
eラーニングのメリット
eラーニングのデメリット
3.eラーニングの導入・活用のポイント
eラーニング導入のポイント
eラーニングの効果的な活用方法
4.Schooの活用事例
Schooが提供するサービスの特徴・強み
活用事例
まとめ
 

1. eラーニングとは?

eラーニングの仕組み

 eラーニングとはelectronic learningの略称で、インターネットを通じて行う学習方法のことを指します。
 eラーニングは「教材」と「学習管理システム」によって構成されています。

 教材にはテキストや画像、動画などいくつかの種類があります。一般的な企業向けeラーニングサービスはいくつかの教材を組み合わせてより効果的な学習教材を作成しています。
 また学習管理システムとは、通称LMS(Learning Management System)と呼ばれる、教材の配信や学習カリキュラム設定などの管理をするシステムです。

eラーニングの種類

 一口にeラーニングサービスと言っても、教材や学習管理システムの違いによっていくつものサービスが存在します。
 その中で自社の目的に合ったeラーニングサービスを選ぶ必要があります。この記事では企業向けeラーニングサービスの中でも代表的な、動画学習サービスの種類を2つご紹介します。

 1つ目が教材買い切り型のサービスです。「ビジネスマナー」や「Excel基礎」など特定のスキルについての動画教材を購入し、受講します。
 社員に身につけて欲しいスキルが明確かつ限定的な場合はこちらをおすすめします。

 2つ目が月額制で受講し放題のサービスです。
 特定のスキルに限るのではなく、各人の業種や階層に応じてその時々で身につけるべきスキルを幅広く学んでほしいという場合はこちらをおすすめします。
 また研修としてだけではなく、社員がビジネススキルや興味を持ったことを自発的に学ぶ環境を作りたいという場合にも、おすすめです。

eラーニングが普及した背景

 従来から用いられてきた社員研修の方法として、指定した会場・時刻に社員を集めて行う「集合型研修」があります。
しかし集合型研修には研修受講者と研修担当者、双方にとっていくつかのデメリットがありました。

受講者のデメリット

・移動にかかる時間や手間が負担となる
・通常業務の調整が必要

研修担当者のデメリット

・会場、講師、教材の手配など準備に時間がかかる
・会場費や社員の移動費、講師への依頼料、教材費などにコストがかかる
・研修後の社員への課題設定や提出のリマインドメールなどの手間がかかる

 受講者は指定された会場に出向く手間や時間の拘束を受けることとなり、通常業務との調整も必要です。
 また、研修担当者は講師や会場の手配、各方面のスケジュール調整などの手間をかける必要があります。

 eラーニング研修はそれらの手間をかけずにまたコストも抑えられるという点で、多くの企業に取り入れられることとなりました。

 

2.eラーニングのメリット・デメリット

eラーニングのメリット

受講者のメリット

・研修を受けるための移動が不要
・通常業務の空き時間や隙間時間に学習ができる

研修担当者のメリット

・会場、講師、教材などの準備が不要
・会場費や社員の移動費、講師への依頼料、教材費などのコストを削減できる
・学習管理システムから課題設定や受講状況の確認ができるので負担軽減に

 オンライン学習サービスを用いたeラーニング研修は、いつでもどこでも受講者が自分のタイミングで研修を受けることができるため、集合研修に比べて手間もコストも削減できるというメリットがあります。
 また近年は働き方やライフスタイルも多様化し、企業も社員のダイバーシティを尊重した経営を行うことが求められています。それに伴い社員研修も画一的なものではなく個々の力を伸ばしていくことのできる、社員一人ひとりにあった教育体制整備の必要性に迫られています。
 eラーニングは変化の早い現代において効率的に教材を配信できること、また各人に合わせて研修設定をすることができることなどから、これからの時代に合った社員教育の手段としても期待されています。

eラーニングのデメリット

 メリットばかりに思えるeラーニングですが、もちろんデメリットもあります。

 それが研修受講への社員のモチベーション維持が難しいという点です。一人で受講することがほとんどであるため、動画をひたすら聞き流すような受動的な学習となってしまいがちです。
 そうなると受講者の学習モチベーションも下がってしまいます。

 eラーニングサービスを企業研修に導入した担当者が最も多く抱える悩みが、「利用率が上がらない」「学習を継続してもらうのが難しい」ということではないでしょうか。
 しかしこれらのデメリットは学習を継続できる仕組み・コンテンツを備えた学習サービスを選択することで解決できる場合があります。

 

3. eラーニングの導入・活用方法

eラーニング導入のポイント

 前章で学習の継続が難しいというeラーニング学習の課題を解決するには、学習を継続できる仕組みやコンテンツを備えた学習サービスを選ぶのがおすすめだということを述べました。
 では学習を継続できる仕組みにはどのようなものがあるのでしょうか。

 例えばSchooでは、みんなで学ぶオンラインサービスとして毎日生放送授業を開講しています。
 学生時代、一人で学ぼうとしてもなかなか続けられなかったけれど、塾などみんなと学べる環境下では続けられたという人は多いのではないでしょうか。
 生放送時にはコメント欄で一緒に学んでいる受講者の意見や疑問を見ることができ、多様な視点で学ぶとともに理解を深めることができます。また講師に質問をしたり自分でも学んだことをコメントしたりと、能動的な学びが可能です。

 またコンテンツが多種多様であることも受講者のモチベーションの維持、継続につながります。
 社員が学びたいと思った時に学びたいものが無ければ、学習意欲が下がってしまうのも当然だと言えます。

eラーニングの効果的な活用方法

 動画学習サービスの導入後、より効果を出すための活用方法にはどのようなものがあるでしょうか。

 1つ目に、 動画学習後の課題設定をするということが挙げられます。
 学習後にレポート作成など、受講者がアウトプットできる機会を作ることで、より学習の効果を高めることができます。

 2つ目に、MBOなどの面談時に動画視聴の目標設定をするということが挙げられます。
 「目指すべき業務目標」と「目標達成のために必要とされるスキル」、「スキルを身につけるために受講すべき授業」を設定します。それにより社員は自分の業務目標にたどり着くために今受講すべき授業がわかるため、モチベーションのアップにもつながります。

 このように活用方法によって、eラーニングを用いて効果的な学習につなげることができます。

 

4. Schooの活用事例

Schooが提供するサービスの特徴・強み

 Schooでは「大人たちが学び続けることのできる生放送コミュニティ」をご提供しています。
 1年365日、毎日生放送授業を開講しています。コメント欄から授業中に先生から質問したり受講生同士で意見交換をしたりと、リアルタイムなコミュニケーションを取ることでより多様な視点で効果的に学習することができます。

 また録画授業は4500本以上あり、他受講者のコメントを参考にしながら学習することができます。

 さまざまな職種や職位の方にマッチするコンテンツをそろえているという点も他には無い特徴です。
 また一般的なビジネススキル研修に限らず、ビジネストレンドのキャッチアップや新領域のスキルや知識を自発的に学びたくなるようなコンテンツも多数ご用意しています。

活用事例

 一例として、株式会社博報堂アイ・スタジオ様でのSchooの活用事例をご紹介します。

 導入の目的は、社員の自発的な学びのバックアップをすることです。Schooを実際に利用した社員のみなさまからは、
 「以前に勤めていた会社に研修制度が無く、実はパワーポイントやエクセルなどの使い方を体系的に教わったことが無かったので役立った」
 「仕事の中での課題が明確なので、それを解決するための授業をピンポイントで受講していきたい」
 「こういった取り組みがあれば社員満足度も上がると思います!」
 という声を頂いています。

 

まとめ

  • eラーニングとは教材とLMS(学習管理システム)によって構成されているものを指す
  • eラーニングは多様化し変化の激しい現代に合った社員研修方法として期待されている
  • オンライン動画学習のメリットは、いつでもどこでも学習できることと、集合研修に比べてコストカットが見込めること
  • 企業向けのeラーニング動画学習サービスには主に「教材買い切り型」のものと「月額受け放題」のものがあり、社員の職種・職位にあった研修または社員の自発的な学習推進を目的とするなら月額受け放題のものがおすすめ
  • オンライン動画学習のデメリットは社員のモチベーション維持が難しいということだが、学習を継続できる仕組み・コンテンツを備えた学習サービスを選択することで解決できる場合がある
  • Schooには毎日の生放送やレポート機能によって学習継続をサポートする仕組みがあり、また4500以上の専門性のある授業やバラエティ豊富な授業を受講し放題

人気のコラム記事
いま見られている学習動画
  • 1分でも早く帰りたい人のための時短仕事術
    1分でも早く帰りたい人のための時短仕事術
  • 話し下手ほどうまくいく、聞く技術「アクティブリスニング」
    話し下手ほどうまくいく、聞く技術「アクティブリスニング」
  • Excel入門・正しい使い方と考え方
    Excel入門・正しい使い方と考え方
  • デキる若手の報連相
    デキる若手の報連相
  • ロジカルシンキング入門
    ロジカルシンキング入門
  • Python超入門
    Python超入門
  • イノベーションを生み出す「デザイン思考」の教科書
    イノベーションを生み出す「デザイン思考」の教科書
  • 先延ばしは1冊のノートでなくなる
    先延ばしは1冊のノートでなくなる
  • 1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
    1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
  • ネットワーク入門 Cisco Networking Academy -CCNA ITN-
    ネットワーク入門 Cisco Networking Academy -CCNA ITN-
  • もっと伝わるコミュニケーション術
    もっと伝わるコミュニケーション術
  • 提案成功率を上げるデータ分析と活用
    提案成功率を上げるデータ分析と活用
  • ビジネスで使える賢い心理学
    ビジネスで使える賢い心理学
  • ビジネスパーソンに必要な「即断力」の鍛え方
    ビジネスパーソンに必要な「即断力」の鍛え方
  • 仕事のミスを減らす頭の使い方
    仕事のミスを減らす頭の使い方
  • HTML入門
    HTML入門
  • 今さら聞けないコミュニケーションの基本
    今さら聞けないコミュニケーションの基本
  • 米・中・欧州の政治経済の読み解き方
    米・中・欧州の政治経済の読み解き方
  • Googleスプレッドシート -Google Apps Scriptでの自動化TIPS-
    Googleスプレッドシート -Google Apps Scriptでの自動化TIPS-
  • ソフトウェアテスト入門
    ソフトウェアテスト入門
ビジネスプラン導入事例

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ