新入社員研修の内容は何がいい?実施しておきたい5つの研修を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新入社員研修の内容は何がいい?実施しておきたい5つの研修を解説 | オンライン社員研修・eラーニング研修 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

新入社員研修と一口に言っても、ビジネスマナー研修やコミュニケーション研修など、様々な種類があります。 中には、今後担当させる業務によっては社会人基礎力を養う研修以外にも、専門的な業務の研修が必要となる場合もあるでしょう。 そこで、この記事では新入社員研修の目的を解説した後、実施しておきたい研修内容と得られる効果、研修を実施する際のポイントを紹介します。

<目次>
新入社員研修の主な目的は社会人基礎力を身に着けること
実務に入る前の事前準備という目的もある
新入社員研修で実施しておきたい内容5選
企業理念の理解
ビジネスマナー・電話応対研修
ロジカルシンキング研修
ビジネス文書研修
コンプライアンス研修
新入社員研修の内容を企画する際のポイント
研修はインプットだけで完結させない
フォローアップ面談を実施する
外部研修を利用するのも方法の一つ
まとめ
 

新入社員研修の主な目的は社会人基礎力を身に着けること

ここでの社会人基礎力とは、社会人としての意識を持ってもらうことや、社内で業務を円滑に進めるためのマナーやコミュニケーション力などを指します。 社会人として常識的なことあっても、つい最近まで学生だった新入社員にはわからないことがたくさんあります。 社会人としてこれから組織で仕事をするにあたり、必要最低限のスキルを身に着けられるような研修内容を組むことが重要です。

実務に入る前の事前準備という目的もある

新入社員の業務関する知識が十分でない場合、OJTなどでいきなり業務を任せても自分の役割を理解しきれないことも少なくありません。 特に実務では行き当たりばったりの指導になってしまうこともあるので、業務知識の整理がままならないことがあります。 研修で体系的に学ぶことで業務のイメージを鮮明にし、実際に業務に取り組んでもらうことで、理解が深まりやすく、長期的に見て社員が成長しやすくなります。

 

新入社員研修で実施しておきたい内容5選

研修で身に着ける必要があるスキルは、一般的な基礎スキルと職種・業種別の専門的スキルの大きく2種類に分けることができます。 ここでは、一般的な基礎スキルにおいて最低限実施しておきたいおすすめの研修内容についてご紹介します。

企業理念の理解

企業理念と業務に関する理解については、最も実施しておきたい内容です。 企業理念というと、人によっては研修をするほどでもないかと思われるかもしれません。しかし、どの企業も経営において大きな決断をするときには企業理念に基づいて判断することもあれば、企業理念によって社風も大きく変わってきます。 企業理念が社員に浸透していない会社は経営方針に一貫性がなく、個々の社員の判断にもブレが生じてしまいかねません。 そして、企業理念は掲げていれば勝手に浸透するものではありません。そのため、研修として、経営者がどのような思いで企業理念を作ったのかなどを理解してもらえる機会を作ると良いでしょう。

ビジネスマナー・電話応対研修

ビジネスマナーは基礎的ではありますが、習得しておきたいスキルの一つです。 学生と社会人のマナーに対する意識には、大きなギャップを感じている方は少なくないと思われます。ビジネスマナー研修は、学生と社会人との意識を変える役割だけでなく、ビジネスマナーは相手に良い印象を与えることができるだけでなく、対外でのコミュニケーションも円滑に進めることができるようになります。 また、ビジネスマナーの一環として電話応対の研修も実施しておくと効果的です。 多くの企業では電話の取次が若手の仕事となっているかもしれませんが、スマートフォンが普及している現代では電話に苦手意識を持つ方も多いです。 電話応対においても丁寧な言葉遣いが求められるため、ビジネスマナー研修のロールプレイングという目的も兼ねて実施するのがおすすめです。

ロジカルシンキング研修

ロジカルシンキングは、日本語で論理的思考のことです。物事を漏れ・ダブりなく整理し、筋道の立った矛盾のない結論を導き出すための思考法です。ビジネスの場面では、担当者の熱意なども重要な要素ではありますが、建設的な話ができなければ相手も納得感を持つことができません。 特に昨今ではITツールの普及により、メールやチャットでのやり取りが増えています。対面でのやり取りであれば熱量を相手に伝えやすいですが、文面では同様のやり方が通用しづらくなっています。 そのため、いかに相手の立場に立った論理的な説明ができるかが非常に重要になってきています。 ロジカルシンキング研修では、相手が納得できるような論理の組み立て方を学ぶだけではありません。その論理を構築するために必要な情報を収集するための考え方も学ぶので、仕事の進め方を学ぶという意味でも役立つ研修となっています。

ビジネス文書研修

ビジネス文書の種類には、報告書・稟議書・議事録・申請書などがあります。特に議事録は若手であれば作成の機会が多くなると思われます。 ビジネス文書研修では、多種多様な文書のわかりやすい書き方・フォーマットの作成方法について学びます。 また、研修には社内文書だけでなく、社外文書も可能であれば取り入れたいものです。 Eメールの作成方法や送付状など、社外とのやり取りでは一つの書き方のミスが相手からの信頼を損ねる原因にもなります。 今後ビジネスにおける信頼を勝ち取ってもらうためにも、新入社員のうちに身につけさせておきたいスキルです。

コンプライアンス研修

コンプライアンスとは、一般的に法令順守のこと指して遣われている言葉です。コンプライアンスの中には企業活動を行っていく上で定められた法律などのルールに留まらず、ハラスメントなどの倫理的な意味も内包されています。 昨今では社内のコンプライアンス強化に力を入れている企業は増えてきています。その理由として、法令順守を無視した企業活動は取引先や消費者からの信頼を失ってしまうリスクがあるためです。実際のところ、コンプライアンス違反によって経営破綻に追い込まれた企業も少なくありません。 コンプライアンス違反をしてしまうリスクは、新入社員にも存在しています。例えば、SNSで知らず知らずのうちに機密情報や顧客情報を漏らしてしまったりしまう、などです。 社員一人ひとりの行動が企業活動をストップさせる事態に発展しかねないため、行動規範を定義する目的でコンプライアンス研修は実施しておきたいものです。

 

新入社員研修の内容を企画する際のポイント

具体的な新入社員研修の内容をご紹介しましたが、ただ研修を実施すれば良いというわけではありません。 新入社員研修をより有意義なものにするために、ここでは抑えておきたいポイントについて解説します。

研修はインプットだけで完結させない

ある程度業務経験を積んでいれば、インプットのみの研修でも業務にどのように繋がるかを考えることができるかもしれませんが、具体的な業務を知らない新入社員には難しいです。 そのため研修カリキュラムにはアウトプットも同時にできるように、ロールプレイングやグループディスカッションを取り入れるのがおすすめです。 学んだ内容を整理し、アウトプットする機会を創出することで理解度の向上に役立ちます。

フォローアップ面談を実施する

組織に入ったばかりの新入社員は、新しい環境に慣れておらず、ストレスを感じやすい状態にあります。中には入社前と入社後のイメージにギャップを感じている人もいるでしょう。ストレスや不安定な精神状態を放置したままでいると、仕事に対するモチベーションの低下や最悪の場合は早期退職に繋がることも考えられます。 そうしたリスクを解消するために、フォローアップ面談で新入社員一人ひとりの悩みや考えを確認するのです。 また、悩みを聞かれるだけ聞かれて、その後に何も改善施策がなされなければ、その新入社員は会社に対して信頼感がなくなってしまいます。 そのため、面談を実施する際には、解決策を一緒に考えてあげることも必要です。

外部研修を利用するのも方法の一つ

この記事では、一般的な社会人の基礎スキルに関する研修の一部をご紹介しましたが、他にもタイムマネジメントやチームビルディングであったり、職種別の研修も必要になってくるでしょう。 全ての研修を社内で企画、実施することが難しい場合には外部研修の利用を検討してみてください。 プロによるわかりやすく効果的な指導を行ってくれます。また、企業研修のサービスを提供している会社の中には、専門職種に関する研修も取り扱っているところもあるため、社内で研修にかかる負担を大きく軽減できると考えられます。

外部研修を使ってより負担を軽くしたいならオンライン研修がおすすめ

PCやスマートフォンを使った動画講義で学習する形態のオンライン研修は、費用面において大きく異なります。 集合研修型のサービスは参加者1人あたり2,3万円の費用が発生することが多い一方、オンライン研修は数千円で利用することができます。 また、動画講義なのでわからない点は何度でも復習することができ、知識の定着を図ることが可能です。 Schooビジネスプランでは企業研修向けの専門性の高い動画コンテンツをご用意しています。 ここでは、この記事でも出てきた新入社員研修の動画講義をご紹介します。

仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
 

社会人として、どんなスキルを覚えるよりもまず初めに覚えたいビジネスマナー。なぜなら、社会では10代から上は60代、70代と幅広い年齢層の方々が活躍しています。その中で円滑に仕事を進めるためにはマナーは必要不可欠。 すでに社会人の方もここで改めてマナーを復習しましょう。 好印象を与えるために、営業で新規獲得するために、選ばれるためにまず基本となるマナーを磨いてきましょう。 「ビジネスマナーの解剖図鑑」(エクスナレッジ社)の著書、北條久美子先生にわかりやすく解説していただきます。

担当講師:北條 久美子先生
キャリアカウンセラー/BRILLIANCE+執行役員

東京外国語大学を卒業し、ウェディング司会・研修講師を経て、2007年 エイベックスグループホールディングス株式会社人事部にて教育担当に。2010年にキャリアカウンセラー・研修講師として独立。全国の企業や大学などで年間 約2,500人へビジネスマナーやコミュニケーション、キャリアの研修・セミナ―を行う。 現在はライフスタイリストとしてワーク(仕事)寄りだった人生を、生きること=ライフにシフト。自分らしく、かつ生き方を自分らしく美しくすることを自らも目指し、それを広める場作りに力を入れる。 2016年4月、著書「ビジネスマナーの解剖図鑑」(エクスナレッジ)発行。

仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本を無料視聴する

ロジカルシンキング入門
ロジカルシンキング入門
 

「ロジカルシンキング」という言葉を初めて聞いた人、言葉は知っていても具体的にイメージできない人を対象とした入門編の授業です。 具体的には、「ロジカルシンキングとは何か」「ロジカルシンキングの基礎となる技術」などについて、3回の授業を通じて学びます。 この授業を通じて、ロジカルシンキングに興味を持っていただくことがゴールです。 そしてその延長で日々の仕事や、他者とのコミュニケーションの中で幅広く試してみたくなり、実際に活用し経験を通じて理解を深めていただくことを期待しています。

担当講師:中村 亮一先生
株式会社共生基盤 代表取締役

リース会社、投資銀行、M&Aコンサルティング会社等を経て、M&Aコンサルティング会社を設立。ストリートアカデミーでは500名以上が受講した経営分析と経営戦略の基本を学ぶセミナーを主宰。

ロジカルシンキング入門を無料視聴する

 

まとめ

新入社員研修は社会人としての基礎スキル養う重要な期間です。ある程度の社会人経験を積まれている方にとっては当たり前の内容だからこそ、新入社員の時にしっかりと身に着けておく必要があります。 効果的な研修を行うことはもちろんのこと、新しい環境に不慣れな新入社員が独り立ちできるよう、できる限りのサポートが必要になります。 また、新入社員が身に着けておくべき内容は多岐に渡りますので、社内のリソースだけでは実施が難しい場合は、社外研修の利用も検討してみてください。

人気のコラム記事
いま見られている学習動画
  • 行動力の教科書 -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方-
    行動力の教科書 -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方-
  • イノベーションを生み出す「デザイン思考」の教科書
    イノベーションを生み出す「デザイン思考」の教科書
  • Excel入門・正しい使い方と考え方
    Excel入門・正しい使い方と考え方
  • ロジカルシンキング入門
    ロジカルシンキング入門
  • 組織に変革をもたらすマネジメント入門
    組織に変革をもたらすマネジメント入門
  • 大人気漫画「キングダム」から学ぶ自立とリーダーシップ
    大人気漫画「キングダム」から学ぶ自立とリーダーシップ
  • ビジネスチャンスを生む「聞く技術」
    ビジネスチャンスを生む「聞く技術」
  • 1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
    1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
  • 仕事が速い人は「これ」しかやらない
    仕事が速い人は「これ」しかやらない
  • 要点がつかめる人の「脳内整理」
    要点がつかめる人の「脳内整理」
  • 相手を課題解決へと導く「質問力」の鍛え方
    相手を課題解決へと導く「質問力」の鍛え方
  • 「真・コミュニケーション能力」の教科書 -初対面で好かれる・信頼されるコミュ力編-
    「真・コミュニケーション能力」の教科書 -初対面で好かれる・信頼されるコミュ力編-
  • ビジネスパーソンのための情報セキュリティ【2020年版】
    ビジネスパーソンのための情報セキュリティ【2020年版】
  • 企画提案を通すための合意形成技術
    企画提案を通すための合意形成技術
  • 地頭力を鍛える「抽象化思考法」特訓
    地頭力を鍛える「抽象化思考法」特訓
  • 鋼の意思 作成ガイド -「やろう!」がなかなか行動に移せないあなたへ-
    鋼の意思 作成ガイド -「やろう!」がなかなか行動に移せないあなたへ-
  • 実演で学ぶリーダーのためのファシリテーションスキル
    実演で学ぶリーダーのためのファシリテーションスキル
  • デキる若手の報連相
    デキる若手の報連相
  • 管理職のための組織運営力
    管理職のための組織運営力
  • もっと伝わるコミュニケーション術
    もっと伝わるコミュニケーション術
ビジネスプラン導入事例

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ