10/1(Thu)

今日の生放送

グローバル人材の育成に必要なこととは?定義や育成方法についても解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グローバル人材の育成に必要なこととは?定義や育成方法についても解説 | オンライン社員研修・eラーニング研修 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

企業の海外進出が大手を初めとして、中小企業にも広がりを見せています。その中で、海外でも活躍できるグローバル人材の需要が高まり、採用が困難になってきています。そのため、社内でグローバル人材の育成ができないかと検討している企業も少なくないと思われます。 そこでこの記事では、グローバル人材の育成に必要なことについて、そもそもの定義や求められる能力を踏まえたうえで育成方法についても解説します。

<目次>
グローバル人材の定義
グローバル人材育成推進会議による定義
グローバル人材に求められる能力
語学力
コミュニケーション能力
異文化理解
日本人としての個性の発揮
グローバル人材の育成方法
海外に拠点がある場合は現地に派遣してみる
MBA留学をさせる
研修で育成するという方法もある
まとめ
 

グローバル人材の定義

グローバル人材と言うと、英語などの語学力を持っている人のことをイメージされる方が多いかもしれませんが、実はそうではありません。 グローバル人材と呼ばれる人は、語学力に加えて、多様な文化や価値観を持つ人々と円滑にコミュニケーションを図り、国際ビジネスにおいて成果を出せる人材と言えます。 日本では経済のグローバル化に伴い、国としてもいくつかの公的機関を通じてグローバル人材の育成に取り組んでおり、グローバル人材の定義についても言及していますので、ご紹介します。

グローバル人材育成推進会議による定義

グローバル人材育成推進会議は、グローバル人材の育成と人材の活用の仕組みを構築することを目的として、内閣官房長官を議長として設置されました。 このグローバル人材育成推進会議によるグローバル人材の定義は以下の通りです。 ○ 我が国がこれからのグローバル化した世界の経済・社会の中にあって育 成・活用していくべき「グローバル人材」の概念を整理すると、概ね、以下のような要素が含まれるものと考えられる。 要素Ⅰ:語学力・コミュニケーション能力 要素Ⅱ:主体性・積極性、チャレンジ精神、協調性・柔軟性、責任 感・使命感 要素Ⅲ:異文化に対する理解と日本人としてのアイデンティティー ○ このほか、「グローバル人材」に限らずこれからの社会の中核を支える人 材に共通して求められる資質としては、幅広い教養と深い専門性、課題発 見・解決能力、チームワークと(異質な者の集団をまとめる)リーダーシップ、 公共性・倫理観、メディア・リテラシー等を挙げることができる。 このように、グローバル人材は語学力だけでなく、国内のビジネスにおいても必要な主体性や柔軟性に加え、異文化理解や日本人としてのアイデンティティーが求められているのです。

 

グローバル人材に求められる能力

グローバル人材の定義をご紹介しましたが、具体的にどのような能力とそのレベルが求められるのでしょうか。 ここでは、求められる能力について、グローバル人材だからこそ求められる内容について解説します。

語学力

グローバル人材育成推進会議が示した定義にあったように、グローバル人材として国際ビジネスで活躍するために、まず語学力とが必要となります。 語学力は世界共通言語である、英語が使えることが望ましいです。また、語学レベルも読み書きや日常会話ができるようなものはなく、ビジネスレベルの高い語学力が求められます。 場合によっては、英語が流暢に扱えなくてもグローバル人材として活躍できるケースもあります。しかし、円滑にビジネスを進めていくためには、やはりビジネスレベルの語学力は備えておきたいものです。

コミュニケーション能力

国をまたいでビジネスを行う場合、多種多様な文化や価値観を持った相手と接することになります。そのため、日本では一般的であったコミュニケーションの取り方が海外では通用しないというケースも少なくありません。 日本では間接的な言い回しが多くなりますが、海外ではストレートな表現が好まれることもあります。 そのため、グローバル人材として活躍するためには、相手に合わせたコミュニケーションの取り方や表現の仕方を身に着けておく必要があるのです。

異文化理解

多様性を受け入れられる柔軟性もグローバル人材に求められる要素です。 海外には様々な文化、歴史、価値観、商習慣などが存在しています。そして、多様な文化を学んで理解するだけでは不十分です。 日本でのビジネスとは異なり、文化や価値観の違いから衝突が起こってしまい、ビジネスが円滑に進まないというケースもあるためです。 そのため、異文化の習得だけではなく、起こりうる衝突をうまく調整できる調整力なども必要となってきます。

日本人としての個性の発揮

複数の国の人々と関わることになるグローバル人材ですが、自身が日本人であることの意識を持っておく必要があります。 その中で、相手の文化を尊重するとともに、日本の文化や歴史を十分に理解し、相手に理解してもらうことも大切になります。 相手に自分の国のことを聞かれて答えられなければ、恥をかいてしまうことも考えられます。そのため、日本であることの意識と知識を持つことが重要です。

 

グローバル人材の育成方法

昨今ではグローバル人材の需要は高く、採用の難易度は益々高まっています。 そんな中で社内でのグローバル人材の育成を検討している方も少なくないのではないでしょうか。グローバル人材を育成するために取り入れられている方法について解説します。

海外に拠点がある場合は現地に派遣してみる

そもそもすでにビジネスを海外に展開しており、その上でグローバル人材を増やしたいと考えている方も少なくないかもしれません。その場合は、グローバル人材としてのポテンシャルのある若手社員を現地に派遣してしまうことも一つの方法です。 国内で学ぶのと、実際に現地に行って学ぶのとでは育成スピードが断然後者のほうが早いです。 初めは海外で働くことに意欲的でなくても、短期間でも派遣されたことが動機となり、今後グローバル人材として成長することに対してモチベーション向上にもなることもあります。

MBA留学をさせる

MBA留学とは、海外の大学院で経営に関する修士号を取得することです。学ぶ内容は経営だけでなく、金融や会計、統計など、多岐に渡ります。 MBA自体を取得することは国内の経営大学院でも可能ではありますが、グローバル人材を育成するという目的から考えると、海外の大学院に留学することが理想的です。 留学先はアメリカやイギリス、オーストラリア、シンガポール、中国などが多いです。 ただし、希望すれば誰でも入学できるわけではなく、条件があります。 国によって条件は様々ですが、IELTSやTOEFLなどの語学試験で基準点を満たしていること、3年以上の職務経歴や中には推薦状が必要なところもあります。 また、費用の相場として1年間の授業料で100万円~400万円と幅があります。また、これに加えて航空券や現地での生活費などもかかってきますので、選ぶ国や大学院によっては1,000万円近くかかる可能性もあります。 MBA留学によって学ぶ内容はその後にグローバル人材として活躍するために必要なものとなるため、メリットは十分あると考えられますが、留学費用が高額であるという点には注意が必要です。

研修で育成するという方法もある

ここまで、海外に向かわせて育成するという方法をご紹介しましたが、国内では育成できないのかというとそうではありません。公的機関が開催している海外ビジネス研修やセミナーに参加するという方法もあります。 中には一定の期間の集中講義を提供しているところもあります。費用はMBA留学に比べると安く利用することができます。 また、Schooビジネスプランでもオンライン研修で海外ビジネスに関する講義を提供しています。グローバル人材として活躍するための基礎を学ぶという点では、役立つ内容となっています。 ここでは、Schooで提供しているおすすめの講義を一部ご紹介します。

多国籍チームでのプロジェクトを成功させるグローバルコミュニケーション術【海外で働く日本人の視点】

多国籍チームでのプロジェクトを成功させるグローバルコミュニケーション術【海外で働く日本人の視点】
 

グローバル化が進む中で、国内外を問わず様々な国籍のビジネスパートナーと仕事をする機会は、今後ますます増えていきます。 国が違えば、価値観の違いから仕事の進め方やコミュニケーションの取り方などにも違いが出てくるため、トラブルになってしまうこともしばしばあります。 そこでこの授業では、仕事で多国籍チームに配属、所属した際の、プロジェクトを成功させるためのコミュニケーションのコツについてを、【日本人の視点】と【外国人の視点】の2つの視点からお話しします。 第1回目の今回は、IT企業の海外事業部で多国籍なメンバーが集まるプロジェクトのリーダー経験がある福田愛子さんをゲストにお呼びし、ダンサーやモデルでもあり、ビジネス英語講師も務める知夏先生と英語翻訳者として活躍する彩世さんの3人で、【外国人の視点】からプロジェクト成功のためのコミュニケーションのコツについてひも解きます。

担当講師:知夏 七未先生
proud story代表 英語講師 ダンスエクササイズ講師

幼少期よりショービジネスと国際政治経済の2つの分野に興味を持ち、小学生のころの夢は”歌って踊る人”か”マザーテレサ”。上智大学英語学科卒業後、ミスコン世界大会や外務省文化事業等への出演、海外NGOとタイアップした子供の舞台オーガナイズなどを行いつつ、国内では主にビジネス英語講師やダンス講師をつとめる。英語講師としては“純ジャパ(非帰国子女)”として英語に苦労した自身の経験に基づき主に企業向けに“日本人のおとなが学びやすい英語”を伝える一方、パフォーマンス講師としては児童英語ミュージカルスクールの代表講師からリタイア世代へのエクササイズ講師まで幅広い年代への指導を行う。2017年proud storyプロジェクトを開始。【HP】http://proud-story.com/

多国籍チームでのプロジェクトを成功させるグローバルコミュニケーション術【海外で働く日本人の視点】を無料視聴する

グローバルマインドセット育成研修 ー世界のどこでも活躍できる人材になるためにー

グローバルマインドセット育成研修 ー世界のどこでも活躍できる人材になるためにー
 

世界を舞台に活躍するためには、語学力だけでなく、日本とは異なる他の多様な文化を受容し、広い視野で考え、動くことが必要です。 「グローバルマインドセット育成研修 ー世界のどこでも活躍できる人材になるためにー」と題したこの授業では、以下を目的とした授業を行います。

担当講師:三城 雄児先生
BBT大学経営学部准教授/株式会社JIN-G代表取締役社長

Enjoy Your World!を理念に国境・国籍・業界の垣根を超えて活躍するビジネスパーソンを増やすために、大学教授や企業経営をしている。世界人材マネジメント協会の東アジア地区の代表を務めるなど日本の人材マネジメントを世界に広めつつ高めていく活動にも従事。主な著書に「リーダーに強さはいらないフォロワーを育て最高のチームをつくる」(あさ出版)がある。

グローバルマインドセット育成研修 ー世界のどこでも活躍できる人材になるためにーを無料視聴する

国際社会のなかの芸術的日本を知ろう

国際社会のなかの芸術的日本を知ろう
 

19世紀末に「Le Japon Artistique (芸術的日本)」という雑誌が英仏独の三カ国語で出され、日本の芸術と産業の精華をヨーロッパに広く知らしめました。もちろんこれは西洋から見た日本でしかありませんが、しかし文化的なアイデンティティが外国との接点において強く意識されるということも事実です。この授業では国際的な視点から日本の文化や芸術を見つめ直すことが目標です。クリエイターを目指すかたにも、芸術的な日本の特色を知ることは大いに役立つことでしょう。

担当講師:中村 亮二先生
京都造形芸術大学 文芸表現学科 准教授

専門分野/日本文学のフランス語訳 78年よりフランスに住む。80年代初頭から、日本文学のフランス語への翻訳を始める。また、ガリマール社、「フィガロ」などで編集にも携わる。2007年に帰国。東京日仏学院、関西日仏学館講師を経て、2008年より本学教員。主な翻訳作品として、『土佐日記』、『和泉式部日記』、夏目漱石『草枕』、『行人』、『明暗』、森鷗外『妄想』、谷崎潤一郎『卍』、三島由紀夫『岬にての物語』、大江健三郎『芽むしり仔撃ち』、『万延元年のフットボール』、『M/Tと森のフシギの物語』、安部公房『密会』、津島佑子『風よ、空駆ける風よ』、小川国夫『試みの岸』、桐野夏生『OUT』などがある。

国際社会のなかの芸術的日本を知ろうを無料視聴する

 

 

まとめ

昨今のビジネスは国内で完結するものは少なく、海外との関りは多くなってきています。英語を普段から使用することがない日本では、グローバル人材が圧倒的に不足してしまっており、需要の高さから採用も困難になっています。 グローバル人材に必要な要素を踏まえた上で、適切な育成方法を活用することで、グローバル人材は育成することは可能です。 グローバル人材として活躍するためには、当然ながら社員本人の努力が必要となりますが、海外でのビジネスを加速させるためにも、会社として成長をバックアップしていきましょう。

人気のコラム記事
いま見られている学習動画
  • 行動力の教科書 -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方-
    行動力の教科書 -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方-
  • 組織に変革をもたらすマネジメント入門
    組織に変革をもたらすマネジメント入門
  • イノベーションを生み出す「デザイン思考」の教科書
    イノベーションを生み出す「デザイン思考」の教科書
  • ハイパフォーマンスを出し続ける社会人のための時間マネジメント
    ハイパフォーマンスを出し続ける社会人のための時間マネジメント
  • 相手を課題解決へと導く「質問力」の鍛え方
    相手を課題解決へと導く「質問力」の鍛え方
  • 要点がつかめる人の「脳内整理」
    要点がつかめる人の「脳内整理」
  • 1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
    1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
  • 不安とストレスに悩まない7つの習慣
    不安とストレスに悩まない7つの習慣
  • メンタルが強い人になる -ストレスに負けない心の作り方-
    メンタルが強い人になる -ストレスに負けない心の作り方-
  • 課題解決するファシリテーション
    課題解決するファシリテーション
  • ビジネスチャンスを生む「聞く技術」
    ビジネスチャンスを生む「聞く技術」
  • 企画提案を通すための合意形成技術
    企画提案を通すための合意形成技術
  • ファクトを読み解くためのデータリテラシー
    ファクトを読み解くためのデータリテラシー
  • アンガーマネジメントを活用したコミュニケーション術
    アンガーマネジメントを活用したコミュニケーション術
  • 「言葉」を味方につけて聞き手を虜にするコミュニケーション術
    「言葉」を味方につけて聞き手を虜にするコミュニケーション術
  • ビジネスパーソンに必要な「即断力」の鍛え方
    ビジネスパーソンに必要な「即断力」の鍛え方
  • 「笑い」の仕組みに学ぶコミュ力UP術
    「笑い」の仕組みに学ぶコミュ力UP術
  • 管理職のための組織運営力
    管理職のための組織運営力
  • 課長の役割と業務
    課長の役割と業務
  • 仕事が速くミスが少ない人のスゴイ集中力
    仕事が速くミスが少ない人のスゴイ集中力
ビジネスプラン導入事例

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ