10/1(Thu)

今日の生放送

新人研修に盛り込む内容と適切な方法|研修を最大限活かしてもらうコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新人研修に盛り込む内容と適切な方法|研修を最大限活かしてもらうコツ | オンライン社員研修・eラーニング研修 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

新人には教えることが多くありますが、新人研修を効果的に行えれば、限られた予算や時間内であらゆることを学んでもらえます。新人研修の内容や方法、研修を活かしてもらうコツを確認しましょう。

<目次>
新人研修に盛り込むべき内容
基本のビジネスマナー
会社やプロダクトの情報
チームワーク・人間関係を深める研修
様々な新人研修の方法
知識や学びを得るOff-JTの種類
実務と経験を積むOJT
新人研修のコツ
事前に研修の目的と目標を共有しておく
座学以外の研修も取り入れる
研修終了後に研修報告書を提出してもらう
まとめ
 

新人研修に盛り込むべき内容

新人研修を行う場合、さまざまな内容を盛り込む必要があります。新社会人であれば基本的なビジネスマナーはもちろんですが、何よりも会社やプロダクトについて学んでもらう必要があるでしょう。また円滑に実務へ進むため、チームワークや人間関係を研修中に築くことも大切です。もちろん研修の段階で実務を勧め、業務体験と実践を積むことで早期に戦力になるようにすることも有効かもしれません。

基本のビジネスマナー

新人に覚えてもらうことで最初に大切なことは、ビジネスマナーといえるでしょう。既に社会人経験を積んでいる人にとって、新人のころのマナー感覚は、思っている以上にギャップがあります。ビジネスマナーは座学だけではなく、事例の紹介や、実際に身だしなみを整えたり、挨拶・名刺交換の練習など実践的な研修も可能です。単にビジネスマナーといわれているものを教えるだけではなく、それがマナーだとされている理由や本質を理解してもらうことで、社会人としての基本を見に付けてもらいましょう。

会社やプロダクトの情報

ビジネスマナーと同じくらいに大切な新人研修の内容は、会社やプロダクトについて理解を深めることでしょう。実際の製品について知っていても、開発の経緯や会社の理念などを共有することは、今後の実務において重要な骨子になり得ます。営業職といった社外の人との関わりがある新人であれば、会社やプロダクトの知識は確実に必要とされるでしょう。新人であろうとベテランであろうと、会社の顔として、その会社について知らないことがあってはいけません。

チームワーク・人間関係を深める研修

チームワーク・人間関係を深める研修を行うことは、新人がこれから実務を進めるにあたって、非常に重要なことといえます。実際、退職・転職した人のうち、35%が人間関係が悪いことを悩んでいたという調査があり、人間関係は人事部のみならず会社全体の重要な課題といえるでしょう。研修段階で同期との人間関係を深めたり、良いチームワークで業務を進められるようになれれば、人材の流出は最低限に留められるかもしれません。

 

様々な新人研修の方法

一口に新人研修を行うといっても、その手法は多岐にわたり、目的によって行うべき研修が異なります。たとえば近年よく聞くOJTは、実務経験を積みながら研修を行いますが、知識として基礎を学べないというデメリットを無視できません。また単純に知識を得るためのOff-JTも詳細にはより多くの研修方法があるので、適切な研修を行えなければ時間や予算が無駄になってしまいます。それぞれの方法について、詳細を確認しておきましょう。

知識や学びを得るOff-JTの種類

Off-JT(Off Job Training)は、実務から離れて知識や学びを得てもらうための研修方法です。Off-JTには研修を企画進行する人事部の時間や、実際に研修をする講師の時間、外部から講師を呼ぶ場合は予算を使わなければなりません。そのため、効果的に新人研修を行えなければ、時間も予算も無駄になってしまうリスクがあるのです。知識を身につけるだけの座学やケーススタディだけではなく、実践的なグループワークやディスカッション、ロールプレイなども取り入れて、効果的に新人研修を行いましょう。

体系的に知識を身につける座学

どのようなことを教える場合でも、必ず座学は必要といっても過言ではないでしょう。いきなり実践をする前に仕組みや例を教えれば、実践のための不安やハードルの解消にもつながります。特に会社やプロダクトについて理解を深めるべき新人においては、座学で身につけた知識が今後の実務において重要な役割を果たすでしょう。

チームワークや協調性を身につけるグループワーク

グループワークでは共通の課題に対して、チームで取り組むことによって、チームワークや協調性を身につけることができます。実務でプロジェクトを進める場合、マネージャーやファシリテーター、制作者やディレクターなど多くの役割が必要です。研修の時点で自分の適性や、仕事を進めるにあたって必要な役割を経験できることで、実務でも即戦力になることが期待できます。

論理的思考で結論を導き出すディスカッション

新人研修においてディスカッションを行うことは、倫理的思考とともに意見が食い違う場合の折り合いの付け方を学べるでしょう。新人研修の段階では、食い違う意見との折り合いの付け方や、論理的に成果の出る結論の出し方を学ぶ必要があります。研修のディスカッションにおいて、それらの経験をしておくことで、今後の実務に活かせる可能性があるでしょう。また意見交換をすることで、人間関係を深める基礎になることも期待できます。

実体験をすることによって体で覚えるロールプレイ

ビジネスマナーといった新人向けの研修では、挨拶や名刺交換、電話対応など基礎的なことから教える必要があります。まずは座学によって教える必要がありますが、その後にはロールプレイで実際に名刺交換や電話対応の練習をしてみると良いでしょう。実際なにをすべきかを理解していても、いくつかの行動を同時にとってしまっていたり、電話に精一杯で取次のメモをとれなかったりする新人も少なくありません。実務の環境で失敗しないように、何度かロールプレイを重ねておくと良いでしょう。

実務と経験を積むOJT

OJT(On Job Training)は、実際の業務にあたりながら知識や経験を積み重ねる研修方法です。実際に業務を行うため、研修を進めるほどにある程度の成果が出ることで、研修内容を体で覚えられるうえ、成功体験の期待もできます。ただしOJTでは、実務の場ではあまり活かされることがない基礎が疎かになる可能性があるため、長期的な能力の土台が不安定になるというリスクもあるでしょう。中途採用の場合には効果的ですが、新人研修の場合にはある程度のOff-JTを実施する必要があります。

【関連記事】成功するOJT研修とは?
 

新人研修のコツ

新人研修を行う場合、どのような形であったとしても予算や時間をかける必要があります。たとえOJT方式であったとしても、本来は実務にあたれた時間が研修・指導のために必要になるため、タダで行える研修というわけではありません。そのため新人研修にかけた費用や時間を無駄にしないためにも、新人研修の効果が最大限発揮されるように、いくつかのコツを抑えておきましょう。

事前に研修の目的と目標を共有しておく

事前に行われる研修の目的と目標を共有しておくことで、研修内容の要点をつかみやすくなるでしょう。研修の目的はその名の通りで、例えばマナー研修の場合は「ビジネスマナーを身につける」ことにあります。そして目標とは、目的達成のために通過すべき指標と考えてください。たとえばマナー講習の場合には、「研修後の電話対応テストに合格する」といったものです。目的と目標がハッキリと共有されていることで、研修の中で着目すべきポイントを受講者自身が意識できるようになるのです。

座学以外の研修も取り入れる

一般的にOff-JTの研修といえば座学ですが、実践的に体や脳を動かすことで、失敗しても問題ない環境で経験を積むことが可能です。名刺交換や電話対応について学ぶ研修であった場合、それらをロールプレイして練習すると良いでしょう。もう少し実践的な研修として、プロジェクトの進め方などの研修であれば、グループワークで同じ課題をプロジェクトとして説いていくことも有効です。

研修終了後に研修報告書を提出してもらう

新人研修に限らず、研修後に研修報告書を書くことは、研修内容の整理につながるため非常に有効といえます。「目的・目標」、「要点」、「理解度・達成度」、「実践計画」が盛り込まれていると、理想的な研修受講報告書といるでしょう。目的・目標は理解度・達成度の指標となり、要点は実践計画につながります。理解度・達成度を充実させるには目的・目標を理解する必要があり、目的・目標の理解は課題の発見につながります。そして課題をつかんだ状態で要点をまとめられれば、学んだことの実践が計画可能になるのです。

 

まとめ

新人研修は、ビジネスの基本となるマナーはもちろん、会社・プロダクトの知識など、盛り込むべき内容が多岐にわたります。また研修を行うための手法も多く、研修内容によって座学やグループワークでなど、使い分けが必要となるでしょう。予算や時間を割いて新人研修を行う以上、なるべく研修を最大限に活かしてほしいものです。事前に目的・目標を共有しておいたり、座学以外の研修方法を取り入れたりすることで、研修の効果最大化が期待できます。上記のコツを抑えつつ、効果的に新人研修をおこないましょう。

人気のコラム記事
いま見られている学習動画
  • 行動力の教科書 -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方-
    行動力の教科書 -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方-
  • 組織に変革をもたらすマネジメント入門
    組織に変革をもたらすマネジメント入門
  • イノベーションを生み出す「デザイン思考」の教科書
    イノベーションを生み出す「デザイン思考」の教科書
  • ハイパフォーマンスを出し続ける社会人のための時間マネジメント
    ハイパフォーマンスを出し続ける社会人のための時間マネジメント
  • 相手を課題解決へと導く「質問力」の鍛え方
    相手を課題解決へと導く「質問力」の鍛え方
  • 要点がつかめる人の「脳内整理」
    要点がつかめる人の「脳内整理」
  • 1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
    1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
  • 不安とストレスに悩まない7つの習慣
    不安とストレスに悩まない7つの習慣
  • メンタルが強い人になる -ストレスに負けない心の作り方-
    メンタルが強い人になる -ストレスに負けない心の作り方-
  • 課題解決するファシリテーション
    課題解決するファシリテーション
  • ビジネスチャンスを生む「聞く技術」
    ビジネスチャンスを生む「聞く技術」
  • 企画提案を通すための合意形成技術
    企画提案を通すための合意形成技術
  • ファクトを読み解くためのデータリテラシー
    ファクトを読み解くためのデータリテラシー
  • アンガーマネジメントを活用したコミュニケーション術
    アンガーマネジメントを活用したコミュニケーション術
  • 「言葉」を味方につけて聞き手を虜にするコミュニケーション術
    「言葉」を味方につけて聞き手を虜にするコミュニケーション術
  • ビジネスパーソンに必要な「即断力」の鍛え方
    ビジネスパーソンに必要な「即断力」の鍛え方
  • 「笑い」の仕組みに学ぶコミュ力UP術
    「笑い」の仕組みに学ぶコミュ力UP術
  • 管理職のための組織運営力
    管理職のための組織運営力
  • 課長の役割と業務
    課長の役割と業務
  • 仕事が速くミスが少ない人のスゴイ集中力
    仕事が速くミスが少ない人のスゴイ集中力
ビジネスプラン導入事例

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ