9/18(Sat)

今日の生放送

新人研修の内容や手法について解説|研修レポートの例文もご紹介

公開日:2020/10/30
更新日:2021/08/30
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
新人研修の内容や手法について解説|研修レポートの例文もご紹介 | オンライン社員研修・eラーニング研修 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

学生から社会人になった新入社員にビジネスマナーや業務知識などの基礎的なビジネススキルをみにつけてもらうために実施する新人研修。 長期にわたってじっくり育成する方針から、即戦力として貢献してもらうことを期待して育成プランを設計する企業が増えてきています。 その中で、新人に対してどのように接し、どのように新人研修を進めていくべきなのか定まらないという方も少なくないと思われます。 そこでこの記事では昨今の新入社員の傾向と、研修全体の進め方についても解説します。

<目次>
昨今の新入社員の傾向
素直で真面目
指導に納得性がないと動けない
調査能力には長けているものの思考の深度が浅い
新人研修の内容
企業の理念やビジョン
ビジネスマナー
ロジカルシンキング
OAスキル
コミュニケーションスキル
新人研修の手法
OFF-JT
OJT
メンター制度
ロールプレイ
ケーススタディ
レクリエーション
グループワーク
新人研修のカリキュラムの作り方
1.新人のレベルを確認する
2.研修の目的とゴールを設定する
3.研修期間を決める
4.手法を設定する
5.具体的なカリキュラムを設計する
新人研修の進め方
1:社会人としての意識を醸成
2:自社の事業理解
3:実務で必要なスキルを身に着ける研修
4:現場配属でのOJT
5:フォローアップ研修
新人研修を進める上での注意点
一方的な座学はできるだけ削減する
OJTの教育担当は新入社員と年齢が近い社員を選定する
新人研修レポートの例文
研修実施報告レポートの例文
研修受講報告レポートの例文
Schooのオンライン新人研修
1.研修と自己啓発を両方行うことができる
2.新入社員研修におすすめのSchooの研修パッケージ
3.管理画面で受講者の学習状況を可視化できる
Schooの新入研修向けの授業を一部無料公開
まとめ
 

昨今の新入社員の傾向

スムーズかつ効果的な新人研修を進めていくためには、新入社員に対する理解が必要不可欠です。すべての人が当てはまるというわけではありませんが、最近の新入社員にはいくつか傾向があることが調査でわかっています。そして、一見短所と思えるような傾向であっても、捉え方によって長所として活かすことができるため、柔軟な視点を研修担当者も持ち合わせておくことが重要です。 ここでは、新入社員に見られる傾向について解説していきます。

素直で真面目

昨今の新入社員は素直で真面目という見方をされることが多いようです。 指示されたことはそつなくこなす従順さを持ち合わせており、講師の指導やアドバイスをすぐに行動に移すことができます。 ただし、裏を返すと指示されたこと以外はやらないという受け身の姿勢が目立つことも事実です。これは学校教育などで協調性を重んじる指導方針の影響もあってか、出る杭は打たれるという意識により、安全と判断される範囲内でしか行動しないという考えから生じる傾向と言えそうです。 今後社会で活躍していくためには未知のものにも飛び込んでいくことも求められるため、真面目な部分は評価しつつ意識の変化を促す動きが必要となりそうです。

指導に納得性がないと動けない

新入社員は真面目で従順ということを前述しましたが、一方で指示されたことに対して納得感がないと行動に移せない、またはモチベーションが低下することも傾向として挙げられます。ワークライフバランスなどの働き方に対する意識の変化によって、必要最低限のことはやらないという考え方が生まれ、理由なく押し付けられることに抵抗を持つようになったと考えられます。 そのため、新人研修にも工夫が必要です。各研修プログラムを実施する理由や指導についても根拠をはっきりと伝えることが大切です。

調査能力には長けているものの思考の深度が浅い

どんなこともスマートフォン一台で調べられる時代の中で育ってきたため、わからないことはすぐに検索して情報を集める能力が高いことも傾向の一つです。また、一つの物事に関する情報だけでなく、それに関連した情報まで見つけることができます。 その一方で、自分で考える力が鍛えられていないということも言えます。検索によって収集できる情報はあくまで他の人の考えのため、自分で考えて意見を出すという経験が少ないことが要因でしょう。 そのため、新人研修では自分で考える力を鍛えるために、一方的な指導だけを行うのではなく、グループディスカッションなどのプログラムを積極的に取り入れることが重要です。

 

新人研修の内容

企業の理念やビジョン

新人にとってまず初めに知っておく必要があるのが、企業の理念やビジョンです。社員によって会社に入ってきた理由や目的が違います。当たり前のことですが、入ってきた時はそれぞれの社員の方向性は完全には一致していません。そのため、新人には研修を通して会社の理念やビジョンをしっかりと教え込む必要があります。研修で理念・ビジョンを理解することで、自分がどのような分野で会社に貢献できるのか、また、会社からどのようなことを期待されているのかを把握することができ、それぞれの社員のモチベーションアップに繋がります。

ビジネスマナー

ビジネスマナーは社会人であれば必ず身につけておくべきマナーです。中途採用者などは基本的にビジネスマナーが身についていると考えられますが、新卒の新入社員はまだまだ大学生気分から抜け出せず、マナーが身についていない社員が多くいます。そのため、ロールプレイなどの研修方法を通して、新人の早い段階でビジネスマナーを徹底的に教えこみ、ビジネスマナーを身につけてもらうことが重要です。

ビジネスマナー研修の内容例

Schooビジネスプランのビジネス基礎研修パッケージ(ビジネスマナー編)では、電話対応や報連相、名刺交換の仕方といった基本的なマナーから、コミュニケーションをとる際に必要なスキルや、周りに対する気配りの仕方までを学びます。学習時間の目安は11時間ほどで、社会人として最低限身につけておくべきビジネスマナーは網羅することができます。

授業名 授業の内容 所要時間
仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
  • ・報連相
  • ・来客応対・会議の仕方
  • ・名刺交換の仕方
  • ・プレゼンテーション時のマナー
5時間
今さら聞けないコミュニケーションの基本
  • ・敬語のマナー
  • ・接客のマナー
  • ・営業のマナー
  • ・クレーム対応・接待のマナー
6時間
現代ビジネスパーソンの必須スキル、「気くばり力」診断テスト
  • ・気配り力の鍛え方
  • ・良好な関係の築き方
1時間
 

ロジカルシンキング

ロジカルシンキングも、社会人にとって必須となるスキルと言えるでしょう。社会人になると、上司への「報告・連絡・相談」の「報連相」を行う機会や、取引先との商談など、論理的に、端的にわかりやすく情報を伝える力が求められます。端的にわかりやすく情報を伝えるためには、頭の中で論理的に物事を考える力が必要になるのです。ペアワークやグループワークを通して、ロジカルシンキングの力を身につけてもらうようにしましょう。

ロジカルシンキング研修の内容例

Schooビジネスプランのロジカルシンキング初級研修パッケージでは、ロジカルシンキングとは何に役立ち、なぜ必要なのかということから、MECEやピラミッドストラクチャーといった考え方のフレームワークまでを学びます。学習時間の目安は3時間ほどで、ロジカルシンキングの基礎的な考え方、フレームワークを網羅することができます。さらに、ロジカルシンキング中級研修パッケージではマインドマップなど、少し発展的なスキルを10時間ほどで学ぶことができます。

授業名 授業の内容 所要時間
ロジカルシンキング入門
  • ・ロジカルシンキングとは
  • ・MECEの考え方
  • ・ピラミッドストラクチャーの考え方
3時間
 

OAスキル

実務的なスキルで非常に重要なのが、OAスキルです。OAスキルとは基本的にWordやExcelなど、Microsoft officeの機能を使いこなすスキルのことを指します。もちろん他のPCスキルも重要ではあるのですが、実務の場で最も使う機会が多いのはOAスキルでしょう。OAスキルが有るのと無いのでは業務効率に大きな差が出てしまいます。そのため、オンライン学習サービスなどを活用して早めに身につけてもらうようにしましょう。

OAスキル研修の内容例

Schooビジネスプランの社会人基礎スキル向上研修パッケージ(OAスキル編)では、社会人として最低限は身につけておきたい基礎的なOAスキル(Word,Excel,Powerpoint)を学ぶことができます。学習時間の目安は7時間ほどで、Wordで効率的にドキュメントを作成する方法や、Excelの関数、Powerpointのスライド作成方法などについてを学ぶことができます。最低限のスキルを学ぶパッケージではありますが、基礎的なスキルでも知っておけば仕事効率は各段に上昇します。

授業名 授業の内容 所要時間
最速のExcel術
  • ・Excelの関数
  • ・効率の良い使い方
1時間
Word入門 仕事上のドキュメント作成効率化
  • ・文字を扱う基本
  • ・見た目を整えるための基本
  • ・図形や表を扱う基本
  •    
3時間
PowerPoint入門 仕事上のスライド作成効率化
  • ・スライドの効率的な作り方
  • ・視認性の良いスライドの作り方
3時間
 

コミュニケーションスキル

最後に、忘れてはいけないのがコミュニケーションスキルです。コミュニケーションスキルも社会人として必ず身につけておきたいスキルで、ほとんどの職種で必要になります。新人研修で教えるコミュニケーションスキルは、ただ単に他者と円滑にコミュニケーションを取るスキルだけでなく、報告・連絡・相談をする際のコミュニケーションの取り方や、上司や取引先とコミュニケーションを取る際に必要な、相手の立場を踏まえたコミュニケーションの取り方を教えるようにしましょう。

コミュニケーションスキル研修の内容例

Schooビジネスプランの社会人基礎スキル向上研修パッケージ(コミュニケーション編)では、メール、会話、プレゼンなど、様々な場面において必要になるコミュニケーションスキルを、状況別にケーススタディで学びます。学習時間の目安は4時間ほどで、最低限必要なコミュニケーションスキルを学ぶことができます。そして、発展版のコミュニケーションスキル強化研修パッケージでは何気ない雑談力や、部下のやる気を引き出すためのコミュニケーションスキルなどを学ぶことができます。

授業名 授業の内容 所要時間
今さら聞けないビジネスメールの書き方
  • ・正しいビジネスメールの書き方
  • ・間違ったビジネスメールの例
  • ・読みやすいメールの書き方
1時間
もっと伝わるコミュニケーション術
  • ・プレゼンテーションにおけるコミュニケーション術
  • ・メールにおけるコミュニケーション術
  • ・会話におけるコミュニケーション術
  •    
3時間
 

新人研修の手法

OFF-JT

OFF-JTとは「Off-The-Job-Training」の略称で、通常の業務を離れて行う研修方法です。大学を卒業してすぐの新人は、ビジネスパーソンとして必須であるビジネスマナーやOAスキルが身に付いていない場合が多くあります。そのため、新人向けのOFF-JTでは基礎的な知識を身につけてもらうことが主な目的となります。本格的に仕事を始める前に、基礎的なスキルから身につけてもらうことが大切なのです。

OJT

OJTとは、「On-The-Job-Training」の略称で、実際の現場で実務を通じて行う研修のことです。OJTの中でも様々な種類がありますが、新人研修においては全体でのOFF-JTが終わった後に実施するのが効果的であると言われています。上記したように、OFF-JTは一般的に座学で行われ、基礎的な知識の獲得が主たる目的となります。そのため、全体での研修でインプットした知識を、OJTを通して実践でアウトプットすることでスキルを定着させることができるのです。

メンター制度

メンター制度とは、新入社員が所属する部署とは他部署の年上の社員がメンターとなり、新入社員を様々な面からサポートすることです。メンター制度を新人研修に活用する大きなメリットとして、メンターには新入社員と年齢の近い社員が選ばれるため、新入社員は業務上の悩みや人間関係の悩みをメンターにすぐ相談できるというメリットがあります。新入社員は悩みを抱えていても人に言い出せないという新入社員にとってメンター制度は非常に効果的です。

ロールプレイ

お客様役と営業役などに分けてそれぞれの役割に応じた演技をすることを「ロールプレイ」と言い、新人研修の手法として効果的な方法であると言われています。OFF-JTなどで学んだ知識を活用し、それらの知識を実際の仕事現場でどのように活かすことができるのかを実践的に学ぶことができます。新人社員が所属する部署や従事する職にもよりますが、電話対応や名刺交換など、繰り返し行う必要があるスキルを教えるのに適しています。

ケーススタディ

ロールプレイと良く似た研修方法に、ケーススタディがあります。ケーススタディとは、普段の業務でしばしば発生するトラブルなど、特定の事例をもとにそのときに必要な対応や解決法を考えることを言います。基本的にはロールプレイとほぼ同じであるため、ロールプレイとケーススタディは同時並行で行われることもよくあります。ケーススタディとして特定のトラブルを設定し、その際に必要な対応を実践的に学ぶという方法が効果的です。

レクリエーション

新入社員研修の際に、誰でもできる簡単なゲームなどを用いて「レクリエーション」を行う企業もあります。ゲームと言うと遊びのようなイメージを持たれるかもしれませんが、チームビルディングや新人社員同士の関係構築に非常に効果的です。具体的には、ジェスチャーのみを使ってコミュニケーションをとる「ジェスチャーゲーム」や、お互いに質問し あい、相手のことを一つでも多く知ることができた方が勝ち、と言う「質問ゲーム」などといった、非常に単純で簡単なゲームが使われます。新人同士の繋がりを作るきっかけになるため、新人研修を始める前や研修の合間に実施するのが効果的です。

グループワーク

グループワークも新人研修ではよく用いられる手法です。新人社員を数人単位のいくつかのグループに分け、共同で課題に取り組んでもらいます。その過程で課題を理解したり、問題の構造を解明するためにディスカッションが行われるため、チームワークを育むことができます。さらに、課題を解明まで持っていく必要があるため、課題解決能力やロジカルシンキングなどを実践的に身につけられる手法だと言えるでしょう。

 

新人研修のカリキュラムの作り方

1.新人のレベルを確認する

新人研修カリキュラムの作り方1

新人研修のカリキュラム作りに取り掛かる際に、最初に行わなければならないことが、受講者である新人のレベルの把握です。例えば新卒の新入社員であれば、大学生のうちにOAスキルなどの基礎スキルを身につけている社員が多い可能性が有るため、どのような研修内容にするのかは新人のレベルによって変える必要が有るでしょう。同じことが中途採用の新人にも言えます。前に務めていた会社でしっかりと研修を受けてきた社員と、そうでは無い社員がいることも考えられるため、できるだけ多くの受講者のレベルに合った内容の研修を作る必要が有るのです。

2.研修の目的とゴールを設定する

新人研修カリキュラムの作り方2

それぞれの会社によって人材育成方針や、社員にどのようなスキルを求めるのかは違ってくると思いますが、どのような人材育成方針であれ、研修の目的とゴールを早めに決めておくことが大切です。なぜなら、研修を設計する際に何をゴールとするかで内容がかなり変わってくるからです。できれば現場の社員や経営陣へのヒアリングを通して、社員に何を求めるかを洗い出した上で目的とゴールを設定するようにしましょう。

3.研修期間を決める

新人研修カリキュラムの作り方3

研修をどのくらいの時間を使って行うのかを決めることも大切です。繁忙期があったり、社内行事があったりと、研修を行いたい長さだけ自由に行えるという条件の会社はそう多くは無いでしょう。そのため、年間スケジュールなどを元に予め研修期間を設定するようにしましょう。研修期間を決める際、長すぎると受講者の集中が持たず、短すぎると内容が薄くなってしまうということも有るため、どのくらいの期間が最適なのかをしっかりと検討する必要があります。

4.手法を設定する

新人研修カリキュラムの作り方4

新入社員研修の目的は会社によって様々ですが、新入社員にどのようなスキルを身につけてもらいたいか、によって教える内容は変わってきます。研修の方法には非常に多くの種類がありますが、必ず教える内容に適した手法を選びましょう。例えば、ビジネスマナーを教えるとするならば、ロールプレイが効果的です。実際に上司などを相手にしてロールプレイングを行い、体でビジネスマナーを覚えてもらうことができます。このように、教える内容から研修手法を選ぶことが大切です。

5.具体的なカリキュラムを設計する

新人研修カリキュラムの作り方5

1〜4のことができたら、最後に具体的なカリキュラムを設計します。会社の人材育成方針と新人のレベルを照らし合わせて教える内容・研修期間を決め、どのような手法で行うのか、と言った具体的なカリキュラムを決めます。この際に大切なのが、受講生を研修に集中させる工夫です。座学とワークを混ぜる、場所を変える、カリキュラムを詰め込みすぎない、など、受講生が飽きずに最後まで集中力を保てるようなカリキュラムを作りましょう。

 

新人研修の進め方

新入社員の傾向を解説しましたが、次は実際に新人研修を進める上でどのような内容をどのタイミングで実施すればいいのかについて詳しく解説します。 入社前から研修を実施しているところもあるかもしれませんが、ここでは入社後に実施する新人研修を想定します。

1:社会人としての意識を醸成

まずは新入社員を学生気分から脱却させ、社会人としての自覚を持たせることから始まります。 社会人としての意識を醸成させるための研修として、ビジネスマナーやコミュニケーション力、ビジネス文書などの研修が挙げられます。 その外にも、コンプライアンスなど会社に所属している意識を醸成する研修を実施するのよもよいでしょう。 どの研修もビジネスをするうえで最も重要と言っても過言ではない内容となっています。 研修形式としては主に集合研修での講義にロールプレイングを合わせて実施していくことになるでしょう。

2:自社の事業理解

就職活動時に調査しており、ある程度知識がある新入社員が多くいるとは思われますが、入社後に改めて自社の事業に対する理解を深めてもらう研修を組むと良いでしょう。 顧客にどのようなサービス、価値を提供し、どのように売上が発生しているのかを理解することで、新入社員も自分がこれから携わる業務に納得感を持って取り組むことができます。 また、自社の事業だけでなく、業界全体も詳しく解説することで全体像や競合と比較したときの自社の強みを知ることができます。 こちらも基本的には集合研修での座学になりますが、企業によっては研修期間中に数日間だけ現場で勤務してもらうなどのプログラムを組んでいるところもあります。座学で聞いただけではイメージできない部分を実際に見てもらうことは理解を深めるのに最適とも言えます。

3:実務で必要なスキルを身に着ける研修

自社の事業について理解した後は、実際の業務をする上で必要なスキルを身に着けるための研修を行います。 ExcelやPowerPointなどのPCスキル、事務処理、電話応対などや、職種別の研修などを実施がメインとなるでしょう。 あくまで新入社員として任せられる業務を一通りこなせるようになっていることを目的とするほうがベターです。なぜなら、短期間に多くのことを詰め込もうとすると各スキルの習熟度が低下してしまう可能性があるためです。

4:現場配属でのOJT

新入社員として必要な知識、スキルを身に着けたらいよいよ現場に配属となりますが、ここでも新入社員への指導は続きます。 先輩社員を各新入社員に一人づつ、教育担当して着けOJTを実施していきます。 OJTの特徴は実際業務を経験しながらも直接かつすぐに先輩からフィードバックをもらえる点です。マンツーマンで着くことによって新入社員の業務を見ることができるため、きめ細かい指導が可能になります。 ただし、一方で教育担当によって指導方法にムラがあるため、教育担当を任せる社員には事前に指導方針を共有しておく必要があります。

▼OJTに関して詳しく知りたい方はこちら▼
【関連記事】成功するOJT研修とは?

5:フォローアップ研修

現場に配属されてから半年~1年を経過したところで、再度新入社員だけ集まってもらいフォローアップ研修を実施します。 入社してから現場配属までの研修では見えなかった自分の課題や、実務を経験したからこそ見えるようになった自分の将来像などをそれぞれ考えて発表してもらうことがメインになるでしょう。 また、新入社員同士の情報交換もできるため、同じ悩みを共有したり、課題に対する解決策を得ることもできるため、おすすめの研修となっています。

▼フォローアップ研修に関して詳しく知りたい方はこちら▼
【関連記事】フォローアップ研修の3つの内容と研修を効果的にするポイントを紹介

 

新人研修を進める上での注意点

新人研修の一連の進め方を解説しましたがいかがでしょうか。ここで、新人研修を実施するうえでの注意点を解説します。

一方的な座学はできるだけ削減する

新入社員はまだ実務に対する具体的なイメージが見えていない状態です。そのため、長時間の座学は新入社員にとって退屈なものになりがちで、集中力の低下に繋がります。 そのため、適度にグループディスカッションや手を動かすワークを取り入れて、飽きがないような工夫が必要です。また、前述しましたが、グループディスカッションなどは自分で考えて意見を出す機会としても有効なので、積極的に取り入れてみてください。

OJTの教育担当は新入社員と年齢が近い社員を選定する

新入社員にとってOJTの教育担当はその後1年程度マンツーマンで接していく相手です。あまりに年齢が離れていると新入社員は話しかけづらく、悩みを一人で抱えてしまうケースも考えられます。 そのため、できるだけ年齢が近い社員を選定し、新入社員が気軽に相談できるように調整することが必要です。

 

新人研修レポートの例文

研修実施報告レポートの例文

研修実施報告書の例として、「新入社員向け第一印象を左右する服装のマナー研修」という架空の研修を例とします。

20○○年○月○日

各位

研修実施報告書

20○○年○月○日、「新入社員向け服装による第一印象のマナー研修」を実施しましたため、下記の通り報告いたします。

研修名:新入社員向け第一印象を左右する服装のマナー研修

実施日程:20○○年○月○日

実施場所:本社4F 第2会議室

講師:株式会社マナー研修 田中 花子氏

参加者:20○○年4月1日入社 新卒社員、人事部主任 山田太郎

研修内容
・マナーが大事な理由
・第一印象の重要性
・服装が与える印象の違い
・清潔感がある服装とは
・服の値段よりもこまめな手入れが大切
・今すぐにできる身だしなみの整え方
・まとめ

研修の目的:新社会人として正しい身だしなみを身に着ける

研修の目標:研修中に身だしなみを整え、研修後、講師による合否判定を受け合格する

研修の結果と効果
研修中に身だしなみを整えた結果として、受講者20人中17人の新卒社員が、1度目で講師より合格。
残り3人のうち2人は、ネクタイの結び方について講師より指摘・再指導を受け、最終的に合格。
残り1人については、本日身につけている靴下の種類が不適切と指摘を受けるものの、帰社後に適切な靴下を購入する予定。翌○月○日、本人の靴下を確認したところ、適切なものになる。

研修の問題と改善点
研修事態には問題がなかったものの、入社時までに必要な服を揃えていない事例が判明。入社前の資料などに、適切な服装などについて、具体的に記載された参考写真などの挿入が必要。
 

以 上

上記、ご査収の程よろしくお願い申し上げます。

人事部主任 山田太郎

研修を行う側が作成する研修実施報告書では、研修の詳しい内容だけでなく、目的や目標、研修の結果と効果から浮き彫りになった問題と改善点までを記載するようにします。

研修受講報告レポートの例文

研修受講報告書でも、研修実施報告書と同じように「新入社員向け第一印象を左右する服装のマナー研修」という架空の研修を例とします。

20○○年○月○日

各位

研修受講報告書

20○○年○月○日、「新入社員向け服装による第一印象のマナー研修」を受講しましたため、下記の通り報告いたします。

研修名:新入社員向け第一印象を左右する服装のマナー研修

講師:株式会社マナー研修 田中 花子氏

研修内容
・マナーが大事な理由
・第一印象の重要性
・服装が与える印象の違い
・清潔感がある服装とは
・服の値段よりもこまめな手入れが大切
・今すぐにできる身だしなみの整え方

・まとめ

研修の目的:新社会人として正しい身だしなみを身に着ける

研修の目標:研修中に可能な限り身だしなみを整え、講師から合格をもらう

研修の要点
・第一印象は長い期間イメージとして残るため、悪いイメージを回復することは難しい
・身だしなみは生活態度などがイメージできてしまうため、印象に残りやすい
・髪・ヒゲ・爪は毎日確認しておくことを習慣づけるとリスクを減らせる
・スーツは何着かを着回しておけば、くたびれた印象にならない

研修の達成度
研修後のテストの結果、ネクタイの締め方について指摘をもらい、再指導を受ける。ネクタイの結び目が折り返っており、不合格となった。
再度締め直し、鏡でチェックすることにより合格

研修内容の実践計画
・自宅の姿見を玄関に設置して、出社前、自動的に身だしなみを確認できるようにする
・髪・ヒゲ・ネクタイ・爪の順に、毎日上からチェックをする

以 上

上記、ご査収の程よろしくお願い申し上げます。

佐藤 一郎

上記の報告書では、理解度の欄には「研修の要点」を書いており、達成度の指標としては講師による合否判断について書かれています。また「実践計画」として、テストで指摘された部分を確認できるように、身だしなみ確認の仕組みづくりをしました。

▼研修報告の例文に関して詳しく知りたい方はこちら▼
【関連記事】研修報告書の書き方とは|すぐに使えるテンプレートと例文も紹介

 

Schooのオンライン新人研修

▼Schooビジネスプランの紹介動画▼

Schooビジネスプランでは約6000本の授業をご用意しており、様々な種類の研修に対応しています。その上、自己啓発にも効果的な内容の講座を毎日配信しているため、研修と自己啓発の両方に対応することができるシステムになっています。研修と自己啓発を掛け合わせることにより、誰かに要求されて学ぶのではなく、自発的に学び、成長していく人材を育成することが可能になります。ここでは、Schooビジネスプランの具体的な活用方法と、特徴、さらにはどのようなメリットがあるのかを解説します。

Schooビジネスプランの資料を請求する

1.研修と自己啓発を両方行うことができる

schooビジネスプランは社員研修にも自己啓発にも利用できるオンライン学習サービスです。通常の研修動画は、研修に特化したものが多く、社員の自己啓発には向かないものも少なくありません。しかし、Schooの約6000本にも上る授業では、研修系の内容から自己啓発に役立つ内容まで幅広く網羅しているため、研修と自己啓発の双方の効果を得ることができるのです。

2.新入社員研修におすすめのSchooの研修パッケージ

様々な研修に対応できるSchooビジネスプランの研修パッケージですが、もちろん新入社員研修にも対応しています。Schooの新入社員研修パッケージには、新入社員がまず身につけなければならないビジネスマナーや報連相に関する知識から、ビジネスパーソンとして必要なOAスキルやコミュニケーションスキルまでがラインナップされており、新入社員に必要なスキルや知識をこの研修パッケージで網羅できます。

さらに、社員に研修動画を受講してもらった後に、意見の共有会やディスカッションを行うことで、学んだことをより効果的に定着させることができます。

新入社員向け研修パッケージを見る

3.管理画面で受講者の学習状況を可視化できる

Schooビジネスプランには学習管理機能が備わっているため、研修スケジュールの作成を容易に行うことができます。さらに、社員の学習進捗度を常に可視化することができる上に、レポート機能を使って学んだことを振り返る機会を作ることも可能です。ここでは学習管理機能の使い方を簡単に解説します。

管理画面の使い方1

まず、Schooビジネスプランの管理画面を開き、「研修を作成するという」ページで作成した研修の研修期間を設定します。ここで期間を設定するだけで自動的に受講者の研修アカウントにも研修期間が設定されるため、簡単にスケジュールを組むことができます。

管理画面の使い方2

この、管理者側の管理ツールでは受講者がスケジュール通りに研修を受けているかを確認することができます。もし決められた研修をスケジュール通りに行っていない受講者がいれば注意したり、話を聞くことができるなど、受講者がしっかりスケジュールを守っているかを確認することができます。

Schooビジネスプランの資料を請求する

Schooの新入研修向けの授業を一部無料公開

Schooでは、ビジネスマナーやOAスキルなど新人研修に必要不可欠な授業が揃っております。このコラムでは、5,800本以上あるSchooの授業の中から、新人研修によく利用されている授業3本をご紹介いたします。10日間無料でSchooの授業を全てみることのできるトライアルも行なっておりますので、ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

1:人見知りのための結果を出す伝え方

 
担当講師:春明 力先生
作家・講師・起業家

春明力 株式会社マインドプラス代表取締役。 長崎県西海市生まれ。26歳の時に、社会人経験1年で、人脈も実績もないまま貯金20万円で起業。 安さを売りにして、顧客の要望に何でも応えるやり方をし続けた結果、月5万円の収入の日々が続く。 その後、本当に自分がやりたいことを探し、みつけ、仕事のスタイルを180度変える。 その結果、大好きな顧客だけを集客し、信頼を集め、起業から2年で恵比寿に事務所を構える。 顧客からの要望により講師活動を始め、受講生は経営者を中心に4000人を超えている。 2016年からは作家業もスタート。

2:仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本-第一印象を磨く-

 
担当講師:北條 久美子先生
キャリアカウンセラー/BRILLIANCE+執行役員

東京外国語大学を卒業し、ウェディング司会・研修講師を経て、2007年 エイベックスグループホールディングス株式会社人事部にて教育担当に。2010年にキャリアカウンセラー・研修講師として独立。全国の企業や大学などで年間 約2,500人へビジネスマナーやコミュニケーション、キャリアの研修・セミナ―を行う。 現在はライフスタイリストとしてワーク(仕事)寄りだった人生を、生きること=ライフにシフト。自分らしく、かつ生き方を自分らしく美しくすることを自らも目指し、それを広める場作りに力を入れる。 2016年4月、著書「ビジネスマナーの解剖図鑑」(エクスナレッジ)発行。

3:新入社員のためのExcel術

 
担当講師:熊野 整先生
外資系投資銀行+ビジネスマネージャー=エクセルの鬼

新卒でモルガン・スタンレー投資銀行本部に入社、顧客企業のM&A、資金調達案件に携わる。現在は、インターネット企業の事業マネージャー。仕事のかたわら、主に週末に「投資銀行が教える!エクセルで学ぶビジネス・シミュレーション」セミナーを全国各地および海外で開催し、8ヶ月で2,000名以上が参加。企業研修も実施中。 2014年10月27日発売のPRESIDENTのエクセル特集も監修。 http://ow.ly/DmJwU facebookページはこちら https://www.facebook.com/simulation2013

デモアカウントを発行する(簡単10秒)

 

まとめ

新入社員の考え方は育ってきた時代によって大きく変化しています。そのため、できる限り新入社員の考え方を尊重した指導方法を取り入れる必要があります。 また、新人研修の進め方はまず社会人としての基礎スキルの定着を図り、次に事業の全体像を理解から実務に落とし込む方が新入社員も納得感を持って研修に取り組むことができるでしょう。ぜひこの記事を参考に、研修のスケジュールを組んでみてください。

人気のコラム記事

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ