9/23(Thu)

今日の生放送

いま話題のタッチオンタイムをご紹介!効率的な勤怠管理の使い方や評判をご紹介

公開日:2021/05/27
更新日:2021/08/13
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
いま話題のタッチオンタイムをご紹介!効率的な勤怠管理の使い方や評判をご紹介 | オンライン研修・人材育成 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

近年では、勤怠管理システムを導入している企業が増えています。勤怠管理システムを利用することで煩雑な管理業務の手間を省けることが、普及してきた理由の一つです。この記事では、さまざまなシステムが登場しているなかでも24,500社以上の導入と190万人以上が利用している「タッチオンタイム」というサービスについて解説します。

 

24,500社に選ばれた勤怠管理システム「タッチオンタイム」とは?

タッチオンタイムは、勤怠管理システムの一種。クラウド勤怠管理システム市場でシェア1位を獲得しており、勤怠管理システムのなかでももっともユーザー数が多いシステムです。サービス継続率も99.7%と非常に高く、ユーザーからの信頼が厚いことも特徴的です。タッチオンタイムで利用可能なツールは多岐に渡ります。

  • ・タイムカードの打刻
  • ・勤怠、残業集計
  • ・勤務状況の確認
  • ・スケジュール、シフト管理
  • ・有給休暇、休暇管理機能
  • ・通知、アラート機能
  • ・ワークフローの申請、承認

上記すべてをタッチオンタイム導入によって、クラウド上で管理可能となります。働き方改革関連法にも即座に対応し、多くの外部サービスとの連携がされているため、業界・業種問わずあらゆる企業で利用されています。

 

タッチオンタイム導入のメリット

独自開発された専用のタイムレコーダーを使える

タッチオンタイム独自の強みは、自社開発した打刻専用タイムレコーダーの「タッチオンタイムレコーダー」にあります。このタイムレコーダーはPCと接続する必要はありません。1台で指紋認証、ICカード、IC+パスワードでの打刻方法に対応しており、このタイムレコーダーからの情報をクラウド上で集めて管理が可能です。

有給休暇・残業時間の管理ができる

休暇の取得や保有状況の確認、有休の管理もシステム上で一括管理が可能です。他社の勤怠管理システムでも有給休暇の申請や付与の機能が付随しているシステムはあります。しかしタッチオンタイムでは有給休暇の申請・付与だけでなく代休や振替休日、独自の制度による休暇作成など、柔軟に自社の環境にあった設定ができます。タイムカードの打刻情報はすべてクラウド上で管理され、勤怠や残業時間の管理も容易に行えるようになります。管理だけではなく残業の申請や承認も行えるため、システム導入によって日々の社内手続きの省略を図ることもできるのです。

初期費用0円で低コスト

初期設定費用は0円、月額費用は利用者1人につき300円です。利用料金はその月にシステムを利用した人数分のみ支払えばいいため、社員全員分の金額が発生するわけではありません。月額プランは月300円のコースのみで、同プランですべてのサービスが利用可能となります。 例えば、他社サービスの「ジョブカン」ではすべてのサービスを利用すると月額500円、出勤管理など一つのサービスだけの利用であれば月額200円です。 サービスを絞って利用するなら他社サービスでも問題ないかもしれませんが、すべてのサービスを利用したい場合、タッチオンタイムは非常にコストパフォーマンスが良いのです。

勤怠の見える化と不正防止

勤怠状況はリアルタイムで確認が可能です。自拠点だけでなくすべての拠点の勤怠状況を把握できるため、ほかの従業員との比較もしやすく、適正な評価にもつながります。生体認証式のタイムレコーダーを使用すれば不正打刻の防止の対策ができます。さらにフレックス制度や裁量労働、みなし残業など多様化した働き方にも対応しています。あらかじめ労働時間に関する項目を登録することで自動的に個別に分類され、集計を手間なく行うことも可能です。 集計した勤怠状況は給与管理システムとの連携もできます。多くの外部システムと連携が可能である点も、タッチオンタイムの特徴です。そのため、現在自社で使っている給料管理システムから移行しなくてもいい、という場合も多く、移行コストを抑えることもできるかもしれません。

スマートフォンを活用したGPS打刻

携帯電話からの打刻にも対応しています。GPSを使った位置情報取得もできるため、どこから打刻しているのかも把握可能です。打刻場所の確認は、外出の多い営業職やテレワークで働く従業員の管理には欠かせない機能です。

柔軟性が高く応用可能なツール

上記以上にタッチオンタイムには、多くのシステムが搭載されており、非常に利便性の高いシステムです。独自の強みは、自社の現在の状況に合わせて多様なセッティングが可能な点です。現在利用しているサービスはそのままで、新しく勤怠管理システムを導入する際には柔軟性が高く適応力も高いタッチオンタイムは有効です。

 

タッチオンタイムの機能を解説

タッチオンタイムでは通常サービスのなかにオンラインヘルプやサポートセンターでのサポートも含まれています。そのほか、多様な機能を備えている同サービスですが、この項ではいくつかの代表的な機能について見ていきましょう。

打刻・データ収集

年齢、性別、国籍を問わず、だれでも利用可能な豊富な打刻方法があります。対応可能な打刻方法には指紋打刻、静脈打刻、静脈+指紋打刻、ICカード打刻、ID+パスワード打刻などが挙げられます。それぞれの打刻方法に対応したタイムレコーダーがあり、使用用途によって8種類から選べます。一番人気の「タッチオンタイムレコーダー」では、打刻時にパソコンの入力もスマートフォンの操作も必要ありません。指かICカードをかざすだけで打刻が完了するため、直感的に使うことができます。パソコンの操作に不慣れな方、日本語が読めない方にとっても使いやすいタイムレコーダーです。打刻漏れや間違えて打刻をしてしまった場合には、承認者に申請することで訂正ができます。申請によって編集された打刻情報は申請した履歴も残るため、一目で訂正が完了しているか確認可能です。エラーの際にも管理者画面にてエラー情報一覧が表示されるため、エラー対応が放置されることもありません。

タイムカード画面では従業員が自分の勤怠状況を確認することができます。日々の出退勤時間や月の残業時間の合計、出勤日数、有給日数などの項目を確認できます。集計したデータはPDF・Excel形式での出力が可能です。

勤怠集計と管理

打刻情報、ワークフローの申請・承認、勤務時間、残業時間、出勤日数などすべての項目がリアルタイムで集計されます。集計・出力に関してもデータの利用目的に合わせて加工することができます。残業時間のみ集計したい、出勤日数のみ出力したい、など目的に応じたデータ出力も可能です。そのほか勤怠に関する通知・アラート機能もついています。残業時間や遅刻回数などが規定値を超えた場合には、検知され通知を行う設定にも対応しています。

多彩な就業形態にも対応しており、フレックス勤務(コアタイムの設定も可能)、変形労働勤務などの設定を行うことができます。人件費の概算の集計や従業員の予定勤怠と実態勤怠の比較などさまざまなデータが集計可能となっています。

各種申請・承認

打刻漏れ、誤打刻、深夜残業、休日出勤、有休申請などの各種申請と承認がタッチオンタイム上で完結できます。承認者は複数部署・複数人数の設定が可能です。便利な一方で、簡単に残業の申請ができるようになると、本来は不要な残業を行う可能性も生じてしまいます。無駄な残業を防止するために、承認が処理されない限り残業時間として計上されない仕様に変更することもできます。

スケジュール管理

スケジュールパターンは自分で設定が可能です。出退勤時間、休憩時間やみなし勤務、フレックス勤務など働き方に合わせた設定が可能です。またスケジュール上で休暇取得申請や時給単価の登録も可能なため、スケジュールを確認するだけでなく管理・応用ツールとしても活用できます。 加えて休暇の設定も自由に行えます。会社全体の休暇の設定や個人の有休、代休等のスケジュール管理も可能です。ただし勤怠管理を目的としたツールのため、Googleカレンダーなどのカレンダーツールのような、スケジュール機能の多様さはありません。日々の時間帯のスケジュール確認には少々使いにくいかもしれません。

働き方改革関連法対応

リアルタイムで従業員の就業状況を把握し的確に指導することで、有給休暇の取得や労働時間の制限に効果を発揮します。時間外労働の上限規制にも対応しています。 そのほか月60時間超割増賃金引上げや勤務間インターバル制度、高度プロフェッショナル制度にも対応しているため、コンプライアンスを保つために非常に有効なツールとなっています。

 

利用者の評判や他社サービスとの比較検討

利用者の評判

前述の通り、タッチオンタイムのサービス継続率は99.7%と非常に高く、利用者からの満足度が高いことがうかがえます。寄せられた利用者の声は、以下の通りです。

好評なポイント

  • ・給与システムに取り組むためのデータ作成などに時間がかかっていたが、連携しやすいため時間が短縮できた。
  • ・見た目や操作機能が比較的シンプルであるため、システム初心者でも使いやすかった。
  • ・一括で管理できるため便利。

気になるポイント

  • ・顧客側で設定できないオプションが少々あり、コールセンターに確認するのが手間になる。
  • ・指紋認証による打刻の認識エラーが多い。

解決できた課題

  • ・紙のタイムカードがなくなり、読み取り不要になったことで手間が減った
  • ・従業員が自分の勤務状況を確認できるので、管理者に問い合わせが来ることが大幅に減った。
  • ・勤怠、給与業務にかかわるコストの大幅削減ができた。
参考:ITreview
参考:ITトレンド

他社サービスとの比較

では他社の勤怠管理システムはどのようなものがあるのでしょうか。ジョブカン、マネーフォワードクラウド勤怠、キングオブタイムをご紹介します。

ジョブカン

利用実績は50,000社以上のクラウド型勤怠管理システム大手です。ICカード打刻、指静脈打刻、モバイル打刻など多彩な打刻方法があり、シフト管理や出勤管理、データ集計などの一通りのツールはそろっています。タッチオンタイムと異なる点は医療現場の勤怠管理に特化したサポートがある点、外部サービスとの連携が弱い点です。ジョブカンでは医療機関に特化して日勤・夜勤・複数回の休憩など医療現場の勤務形態に合わせた運用が可能となっています。特に医療現場で使われる「様式9」と呼ばれる患者数や看護職員の勤務状況等の情報を示す書類に対応している点が強みです。また、ジョブカンでは勤怠管理以外にもワークフロー・経費精算・採用管理・労務HR・給与管理・Apps・BPOのサービスを展開しています。外部サービスとの連携ではなく、ジョブカン内の別サービスと連携させて利用すること前提で設計されているのです。

マネーフォワード勤怠

主に中小企業を中心に利用されているサービスです。有給休暇の管理、シフトの管理、タイムカード集計をすべてクラウドで自動化でき、勤怠管理に必要な重要サポートは一通り取りそろえています。中小企業向けには、勤怠のほかに経費・給与・社会保険・マイナンバーのサービスを展開しており、マネーフォワード内で連携が可能です。タッチオンタイムとの主な違いは打刻方法と料金体系です。マネーフォワードでは「タッチオンタイムレコーダー」のような打刻レコーダーはなく、PCもしくは携帯電話でログインしての打刻がメインになります。そのため初期費用として打刻レコーダー分の金額はかかりません。ただし、月額プラン2,980円からで、さらに勤怠サービスを利用するアカウント数×300円の金額がかかります。打刻レコーダーの料金分がない代わりに月額費用が多めに必要となる料金体系です。

キングオブタイム

最後はキングオブタイムです。ジョブカンやマネーフォワードと異なり、自社で提供しているのはクラウド勤怠管理のみです。クラウド勤怠管理に特化してサービスを提供しているため、外部サポートとの連携を充実させています。その点は、タッチオンタイムと似ているといえるでしょう。導入企業数は26,000社です。シンガポールにも拠点を構えており、海外での利用も可能となっています。タッチオンタイムとの主な違いは、サポート体制と打刻方法の種類です。タッチオンタイムは電話での問い合わせが可能ですが、キングオブタイムではチャットでのサポートがメインとなっています。豊富なシステムを抱えている場合は、サポート体制の充実は運用に欠かせません。文字で伝えづらい情報もあるため、タッチオンタイム側が備えている電話でのサポート体制の存在は大きいでしょう。 一方で、打刻方法はキングオブタイムのほうが豊富です。「鍵付きの入退室管理システム(ICカード)」、「Windowsログオン・ログオフ」、「顔認証」などの打刻はジョブカン、マネーフォワード勤怠、タッチオンタイムどれにもない機能となっています。

 

人材育成の手法としてのSchooビジネスプラン

▼Schooビジネスプランの紹介動画▼

Schooビジネスプランでは約6000本の授業をご用意しており、様々な種類の研修に対応しています。その上、自己啓発にも効果的な内容の講座を毎日配信しているため、研修と自己啓発の両方に対応することができるシステムになっています。研修と自己啓発を掛け合わせることにより、誰かに要求されて学ぶのではなく、自発的に学び、成長していく人材を育成することが可能になります。ここでは、Schooビジネスプランの具体的な活用方法と、特徴、さらにはどのようなメリットがあるのかを解説します。

Schooビジネスプランの資料を請求する

1.研修と自己啓発を両方行うことができる

schooビジネスプランは社員研修にも自己啓発にも利用できるオンライン学習サービスです。通常の研修動画は、研修に特化したものが多く、社員の自己啓発には向かないものも少なくありません。しかし、Schooの約6000本にも上る授業では、研修系の内容から自己啓発に役立つ内容まで幅広く網羅しているため、研修と自己啓発の双方の効果を得ることができるのです。

2.自発的に学ぶ人材を育成できるSchooの講座

上記でも説明したように、Schooでは約6000本もの動画を用意している上に、毎日新しいトピックに関する動画が配信されるため、研修に加えて自ら学び、成長する人材の育成が可能です。近年の社会のグローバル化やテクノロジーの進化などにより、企業を取り巻く環境が刻々と変化しています。それに伴い、社員の業務内容や求められるスキルも早いスパンで変化しています。このような予測のつかない時代の中で会社の競争力を維持するためには、社員一人一人が自発的に学び、成長させ続けることができる環境、いわば「学び続ける組織」になることが必要です。

Schooビジネスプランの講座では、体系的な社員研修だけでなく、自己啓発を通じて自発的に学び、成長できる人材を育成することが可能です。

ここでは、人材育成に活用できるSchooの講座をご紹介します。

指示待ち部下が自ら考え動き出す!

指示待ち部下が自ら考え動き出す!

「最近の若いものは……」というのは、人類永遠のテーマ。 上司と部下との間で起こるミスマッチ。 そこからくる人間関係のストレス。 この悪循環を断ち切る方法をお伝えします

 
担当講師:大平 信孝先生
目標実現の専門家 メンタルコーチ

株式会社アンカリング・イノベーション代表取締役。 第一線で活躍するリーダーのためのメンタルコーチ。 目標実現の専門家。中央大学卒業。長野県出身。 脳科学とアドラー心理学を組み合わせた、独自の目標実現法「行動イノベーション」を開発。 その卓越したアプローチによって、これまで1万人以上のリーダーの人材育成に関する悩みを解決してきたほか、経営者、オリンピック出場選手、トップモデル、ベストセラー作家、ビジネスリーダーなど各界で活躍する人々の目標実現・行動革新サポートを実施。 その功績が話題となり、各種メディアからの依頼が続出している。 リーダー向けの企業研修やパーソナルコーチングは、現在3カ月待ちとなっている。 さらに2018年からは年間セミナーである「行動イノベーションアカデミー」を運営。 「行動イノベーション・メソッド」により業績を上げる人に留まらず、人間関係や心身の健康にも効果を実感する人が続出。 数多くのリーダーに、研修、講演、個人サポートを提供している。 これまでサポートしてきた企業は、IT、通信教育、商社、医療、美容、小売りなど40以上の業種にわたる。 8冊の著作の累計発行部数は18万部を超え、中国、台湾、韓国など海外でも広く翻訳されている。 おもな著書に、『本気で変わりたい人の行動イノベーション』( だいわ文庫)、『先延ばしは1冊のノートでなくなる』(大和書房)「指示待ち部下が自ら考え動き出す!」(かんき出版)などがある。 日刊メルマガ「行動イノベーション365・ネクストステージを目指す! 行動のヒント」を毎日配信中!

指示待ち部下が自ら考え動き出す!を無料視聴する

決算情報を読み解きながら学ぶ財務スキル

決算情報を読み解きながら学ぶ財務スキル
 

この授業では「決算情報から、企業を研究する方法を学び、事業・戦略・財務などを読み解く力」を解説します。

 
担当講師:野添 雄介先生
株式会社ストレイナー 代表取締役CEO

2014年にDeNA入社。フィンテックベンチャーを経てStockclip株式会社(現・株式会社ストレイナー)を創業。「経済情報をもっとシンプルに」をミッションに掲げ、決算資料を中心とした"ファクト情報"を中心に社会のトレンドを考える経済メディア『Strainer』を運営。

決算情報を読み解きながら学ぶ財務スキルを無料視聴する

アイデア量産の思考法

アイデア量産の思考法

本授業は、努力しているのにアイデアが浮かばない人のために新しいマーケティング手法の1つである「新奇事象」を通じて「アイデアの種」をゲットしてもらう授業です。

 
担当講師:松本 健太郎先生
株式会社JX通信社

1984年生まれ。龍谷大学法学部卒業後、データサイエンスの重要性を痛感し、多摩大学大学院で"学び直し"。 その後、株式会社デコムなどでデジタルマーケティング、消費者インサイト等の業務に携わり、現在は「テクノロジーで『今起きていること』を明らかにする報道機関」を目指す報道ベンチャーJX通信社にてマーケティング全般を担当している。 政治、経済、文化など、さまざまなデータをデジタル化し、分析・予測することを得意とし、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌にも登場している。 ◇主な著書 「なぜ「つい買ってしまう」のか?~「人を動かす隠れた心理」の見つけ方~」(光文社)2019 「誤解だらけの人工知能」(光文社)2018 「データサイエンス「超」入門 嘘をウソと見抜けなければ、データを扱うのは難しい」(毎日新聞出版)2018

アイデア量産の思考法を無料視聴する

3.受講者の学習状況を把握し、人材育成に役立てることができる

Schooビジネスプランには学習管理機能が備わっているため、社員の学習進捗度を常に可視化することができる上に、受講者がどんな内容の講座をどれくらいの長さ見ていたのかも把握することができるため、社員のキャリアプランの傾向を掴むことも可能です。ここでは学習管理機能の使い方を簡単に解説します。

管理画面の使い方2

管理画面では受講者それぞれの総受講時間を管理者が確認できるようになっており、いつ見たのか、いくつの講座を見たのか、どのくらいの時間見たのか、ということが一目でわかるようになっています。

管理画面の使い方1

さらに、受講履歴からは受講者がどのような分野の動画を頻繁に見ているかが簡単にわかるようになっており、受講者の興味のある分野を可視化することが可能です。これにより、社員がどのようなキャリアプランを持っているのかを把握できるだけでなく、社員のモチベーションを高めながら人材育成するためのヒントを得ることができます。

さらに、社員に自己啓発を目的として受講してもらっている場合、社員がどのような内容の授業を受講する傾向があるのかを把握できるため、社員のキャリアプランを把握することができます。

Schooビジネスプランの資料を請求する

 

まとめ

ここまでは、タッチオンタイムについて解説してきました。同サービスは、初期コストもランニングコストも抑えられる、優れたクラウド勤怠管理システムである、という印象です。もし、自社でジョブカンやマネーフォワード以外の給与システムを活用しているなら、勤怠管理のタッチオンタイムへの移行はスムーズに行えるのではないでしょうか。。 今後も働き方が多様化していくなかで人事部や管理職の仕事はますます複雑になっていきます。これを機にクラウド勤怠管理システムを導入して、作業コストの削減を図ってみてはいかがでしょうか。

人気のコラム記事

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ