1/21(Mon)

今日の生放送

新入社員にビジネスマナーを教えるときの3つのポイントと注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新入社員にビジネスマナーを教えるときの3つのポイントと注意点 | 社員研修・人材育成eラーニング - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

 新入社員にビジネスマナーを教えることに苦労されている方は多いのではないでしょうか。最近の若者たちの考え方や価値観が分からずに、色々とスムーズにいかない教育担当者も多いはずです。
 ただ、いくつかのポイントさえ押さえてしまえば、ビジネスマナーを新入社員に教えるのは難しくありません。
 この記事では、新入社員の教育担当者に向けて、ビジネスマナーを教えるときのポイントについて解説していきます。さらに、ビジネスマナーを教えるときの注意点についても説明していくので、ぜひ参考にしてみてください。

<目次>
1.ビジネスマナーが身につかない、最近の若者事情とは
2.ビジネスマナーを教えるときの3つのポイント
ポイント1:本質を理解させる
ポイント2:型を身につけさせる
ポイント3:実践を繰り返して体得させる
3.新入社員にビジネスマナーを教えるときの注意点
学生扱いしない
意見を押し付けない
指示だけで終わらない

1.ビジネスマナーが身につかない、最近の若者事情とは

 最近の新入社員を見ていると、丁寧語が上手に使えていなかったり言葉が乱れていたりする若者が非常に多いです。なぜ、最近の若者たちはビジネスマナーができていない人が多いのでしょうか。
 その原因のひとつに、コミュニケーション形式の変化が挙げられます。現代の若者たちは、スマートフォンのアプリやSNSを使って友人とコミュニケーションを取ることがほとんどです。そのため、直接の会話が極端に減っています。
 例えば、先輩に対する敬語の使い方などを学ぶ機会が少なくなり、目上の人に対する言葉遣いやマナーなどを学ぶことができないのです。また、SNSなどで使う独自の言葉や、いわゆる「若者言葉」に慣れてしまい、本来の正しい言葉遣いができないケースも多くなっています。

2.ビジネスマナーを教えるときの3つのポイント

 しかし、学生であれば許される言葉遣いやマナーでも、社会人になったのであれば正しいビジネスマナーを身につけなければいけません。
 そこで、ここからは新入社員にビジネスマナーを教えるときの具体的なポイントについて解説していきます。最近の若者たちと接することに苦手意識を持っている教育担当者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

ポイント1:本質を理解させる

 新入社員にビジネスマナーを教えるときに、最も大切なことはマナーの本質を理解させることです。「相手を思いやる気持ちを言動に表すこと」というマナーの本質を最初に教えましょう。
 なぜなら、社会に出たことがない若者たちは、マナーを単なるルールとしか捉えていないからです。マナーの本質が理解できていなければ、身につけることは難しいでしょう。

ポイント2:型を身につけさせる

 マナーの本質を新入社員に理解してもらったら、次に型を身につけさせます。型というのは、ビジネスマナーのさまざまな作法のルールです。例えば、名刺交換のやり方や目上の人に対する敬語の使い方というような作法です。
 ここで注意すべきは、マナーの本質を理解してもらってから、ビジネスマナーのさまざまな型を身につけさせることです。多くの教育担当者は、「型」だけを教えようとします。しかし、本質を理解させないと単なる型になってしまい、心がこもっていなかったり雑な作法になったりしてしまいます。
 まずは、ビジネスマナーの本質を理解させてから、次のステップとして型を身につけさせるという順番を強く意識しましょう。

ポイント3:実践を繰り返して体得させる

 新入社員にビジネスマナーを教えるときの3つ目のポイントが、実践を繰り返して体得させることです。いくら新入社員研修などでビジネスマナーの本質と型を頭の中に入れたとしても、時間が経てば忘れてしまいます。
 確実に新入社員にビジネスマナーを体得させるには、実際のビジネスの場で実践しながら習得していくのが一番です。なぜなら、頭で覚えるよりも、体験を通じて覚えていくことが最も早いからです。
 そのため、新入社員研修が終わった後は、新入社員を実践の場に出させるように配属先のマネージャーに指示を出すようにしましょう。

3.新入社員にビジネスマナーを教えるときの注意点

 さて、ここまで新入社員にビジネスマナーを教えるときの3つのポイントについて話をしてきました。ここからは新入社員にビジネスマナーを教えるときに注意しなければならない点について解説していきます。

学生扱いしない

 新入社員にビジネスマナーを教えるときは、決して学生扱いをしてはいけません。相手を見下すような気持ちで接していると、新入社員はそのような態度に敏感に反応するからです。いくら言葉や態度で取り繕っても、相手に伝わってしまいます。
 特に、40代後半~50代の年配の教育担当者にもなると、新入社員との年の差が大きいため上から目線で接してしまいがちです。
 いくらビジネスマナーが出来ていなかったとしても、新入社員をひとりの社会人として接しなければいけません。それこそ、教育担当者側のマナーと言えるでしょう。
 新入社員にビジネスマナーが身についていないのは、単に学ぶ機会がなかっただけです。このことを頭にいれながら、新入社員にビジネスマナーを教えるようにしてください。

意見を押し付けない

 また、ビジネスマナーを教えるときには、教育担当者は新入社員に意見を押し付けてはいけません。きちんと新入社員の意見や考え方、価値観を尊重するようにしましょう。
 これも、新入社員と年が離れている年配の教育担当者の方は、要注意です。最近の若者たちや新入社員とは、生まれ育った世代が違います。育ってきた世代が異なれば、考え方や価値観が違うのは当たり前のことです。
 新入社員の教育を担当する人事部や管理職の方は、このことをしっかりと覚えておきましょう。直属の上司だからといって、決して自分の意見を押し通すようなことはしてはいけません。

指示だけで終わらない

 そして、新入社員にビジネスマナーを教えるときの注意点として3つ目に挙げるのが、指示だけで終わらないことです。
 教育担当者は、新入社員に自分の頭で考えて行動させるようにしなければいけません。なぜなら、指示だけで新入社員に行動させていると、「自分で考えて行動できない」新入社員が育ってしまうからです。
 「自分で考えて行動できない」新入社員にならないためには、仕事のゴール(目標)だけを伝えて、そこにたどり着くまでの手段を新入社員自身に考えさせることです。そうすることで、自分で考えて行動できる社員が育っていきます。
 入社して数ヶ月経った新入社員に対して、「そろそろ自分で考えて行動して欲しいな」と思うときがあります。これは、指示を出す側にも大きな問題があることを理解しなければいけません。

まとめ

  • 新入社員にビジネスマナーを教えるときは、最初に本質を理解させる
  • 本質を理解させた後にビジネスマナーの型を身につけさせる
  • ビジネスマナーの実践を繰り返して体得させることが大切
  • 教えるときの注意点は、学生扱いしないこと
  • 新入社員に意見を押し付けないこと
  • 指示だけで終わらず本人に考えさせること

 スクーでは新入社員の育成に活かせる研修パッケージをご用意しております。
 10日間無料授業や資料が見放題のデモアカウントも発行しておりますので、ぜひこちらよりお気軽にご連絡ください。

新入社員の育成に役立つプロの授業【無料】を
10日間お試しいただけます

研修授業の一例

  • 仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
  • 今さら聞けないコミュニケーションの基本
  • 新入社員のためのExcel術

研修授業の講師一例

  • 株式会社サイバーエージェント 取締役人事統括 曽山 哲人さん
  • 株式会社カラーズ 代表取締役社長 経沢 香保子さん
  • パーソナルキャリア株式会社/DODA編集長 大浦 征也さん など
受講画面

新入社員の育成に役立つオンライン動画だけではなく、
無料で80ジャンル・4,500本以上、現場で成功しているプロの授業
お試しいただけます。
ぜひオンライン動画(無料)を今後の新入社員の育成にお役立てください。

新入社員育成に役立つプロの授業【無料】
を試してみる

人気のコラム記事
いま見られている学習動画
  • 図解の超プロが教える -仕事が驚くほど楽しくなる。図で考えるシンプル思考法-
    図解の超プロが教える -仕事が驚くほど楽しくなる。図で考えるシンプル思考法-
  • 1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
    1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
  • 先延ばしは1冊のノートでなくなる -「本当にやりたいこと」を達成する超簡単ノート術-
    先延ばしは1冊のノートでなくなる -「本当にやりたいこと」を達成する超簡単ノート術-
  • 60分で変わるダメ・コミュニケーション改善術
    60分で変わるダメ・コミュニケーション改善術
  • 話し下手ほどうまくいく、聞く技術「アクティブリスニング」
    話し下手ほどうまくいく、聞く技術「アクティブリスニング」
  • デキる若手の報連相
    デキる若手の報連相
  • Python超入門
    Python超入門
  • 教える力・教わる力 -コミュニケーション基礎-
    教える力・教わる力 -コミュニケーション基礎-
  • 仕事をしやすくする社内コミュニケーション
    仕事をしやすくする社内コミュニケーション
  • 15分で学ぶ『究極の問題解決力が身につく瞬発思考@Schoo』
    15分で学ぶ『究極の問題解決力が身につく瞬発思考@Schoo』
  • 15分で学ぶ「脱『初心者』!実務で使うExcel術」(全4回)
    15分で学ぶ「脱『初心者』!実務で使うExcel術」(全4回)
  • もっと伝わるコミュニケーション術
    もっと伝わるコミュニケーション術
  • Excel入門・正しい使い方と考え方
    Excel入門・正しい使い方と考え方
  • HTML入門
    HTML入門
  • ネットワーク入門 Cisco Networking Academy -CCNA ITN-
    ネットワーク入門 Cisco Networking Academy -CCNA ITN-
  • グロービスが教える!「どこにいっても通用する人」になる法則
    グロービスが教える!「どこにいっても通用する人」になる法則
  • 1分でも早く帰りたい人のための時短仕事術
    1分でも早く帰りたい人のための時短仕事術
  • 新入社員のためのExcel術
    新入社員のためのExcel術
  • 最速のExcel術
    最速のExcel術
  • ビジネスモデル図解教室
    ビジネスモデル図解教室
ビジネスプラン導入事例

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ